〔マイコレクション45 「SL冬の湿原号2010」サボ〕

画像
画像
今回紹介するのは、冬期間釧路湿原を運行している「SL冬の湿原号」の「2010サボ」である。この列車は、JR北海道が釧網本線釧路駅―川湯温泉駅間にて平成12年1月8日から運行している蒸気機関車牽引による「臨時列車」である。これに使用されている蒸気機関車は、旭川運転所に所属する「C11171」または「C11207」のどちらかで、時に2両による「重連運転」がされることもある。列車編成は、C11171またはC11207+車掌車(ヨ4350・ヨ3500形)+1号車(スハフ14505・座席車)+2号車(スハシ441・カフェカー)+3号車(オハ14526・座席車)+4号車(オハ14519・座席車)+車掌車(ヨ4647・ヨ3500形)+補助ディーゼル機関車(DE15形)、運行コースは、上り・下りとも釧路駅―東釧路駅―釧路湿原駅―塘路駅―茅沼駅―標茶駅(折返し)―摩周駅―川湯温泉駅(一部列車)である。ちなみに、この「サボ」は平成22年運行時に実際に使用されたものである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック