「旧函館シーポートプラザ」、解体へ。

画像
今日の話題は、「旧函館シーポートプラザ(旧国鉄青函連絡船待合所)」の解体について。JR北海道社長は4月20日、「函館市青函連絡船記念館摩周丸」に隣接する「旧函館シーポートプラザ」の建物について、来年度中に解体し当面は駐車場にすると表明した。この建物は3階建ての床面積約5300平方㍍で、「旧国鉄青函連絡船待合所」を改築し、平成2年に「商業施設ビアマーケット」として開業した。しかし経営不振で後継施設の「シーポートプラザ」も平成20年に閉鎖、その後の活用が期待されていたが、残念ながら解体されることになった。ちなみに、土地と建物はJR北海道が所有している。私も、東京に行っていた学生時代は1年に何回もこの「旧国鉄青函連絡船待合所」を使っていたので、出来ることなら残してほしいと思うが、現実は厳しいと言わざるをえない。これでまた一つ、函館市内の「国鉄青函連絡船時代」の建物がなくなり本当に残念である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック