39 旧国鉄青函連絡船の「自動車航送」。

画像
昭和42年6月1日より、青函連絡船の遊歩甲板後部を整備して、「乗用車」の航送を開始した。当初は2往復のみの取り扱いで、搭載台数は6台、後に全便になり12台、末期には13台だった。ちなみに、車両寸法に規定があり全長5.3㍍、車幅2.1㍍、車高1.85㍍、、車両重量2.5㌧未満の車両しか搭載出来なかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック