〔マイブックコレクション⑭ 釧路市発行「釧路叢書第十四巻・釧路炭田~資源とヤマの盛衰~」〕

画像
画像
今回紹介する本は、昭和49年1月20日に釧路市から定価1200円で発売された、ページ数326ページの「釧路叢書第十四巻・釧路炭田~資源とヤマの盛衰~」である。内容は、「釧路炭田」の歴史や当時の状況が書かれているが、「第3章 釧路炭田の開発 4 輸送」の項には、今は廃坑になった「雄別炭鉱」の「雄別鉄道」や「尺別鉄道」について詳細に書かれており、当時を知る上で貴重な文献だといえる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック