JR北海道特急出火、「新品なぜ折れた」。

今日も、「JR北海道特急列車火災事故」について。一歩間違えば大惨事につながったJR函館本線の「特急北斗14号」の出火事故。7月9日の「国土交通省運輸安全委員会」の調査で、エンジンの燃料噴射ポンプ内の部品「スライジングブロック」が折れていたことが判明した。この部品の破損が関係する事故・トラブルは今回で3回目。しかも3カ月前に新品に交換されていたばかりだった。列車の心臓部分ともいえるエンジンで何が起きたのか。なぜ再発が防げなかったのか。「まさか3回目とは…。私たちは原因がしっかり究明できていなかったということだ。これでは人災と言われても仕方がない」―9日の調査結果を聞いたJR北海道幹部は肩を落とした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック