JR北海道きょうから「追加監査」~ATS弁なぜ閉じた~。

今日は、JR北海道の「追加監査」についてのニュースを一つ。JR北海道の「特急オホーツク」(札幌―網走間で運行)で、「ATS(自動列車停止装置)」が作動しても「非常ブレーキ」が利かない状態のまま最長3カ月走行していた問題は、10月9日からの国土交通省の「特別保安監査」でも焦点となる。通常は開放されているはずの「空気圧コック(弁)」が閉まり、「ATS」と「非常ブレーキ」が連動しない状態になっていた。同省は整備担当者らへの聞き取りなどを進め、「コック」が閉じられた経緯を解明する方針だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック