150 “青函トンネル”を走りぬける最強の電気機関車「EH800形電気機関車」。

この機関車は、JR貨物(㈱日本貨物鉄道)が平成24年から製造している“複電圧式交流用電気機関車”である。開発のいきさつは、JR北海道(㈱北海道旅客鉄道)の「津軽海峡線(新中小国信号場―青函トンネル―木古内駅間)」が、平成28年3月26日の北海道新幹線開業に伴い、“新幹線・在来線共用区間”となった。“共用区間”の架線電圧は交流20KVから同25KVに、保安装置はATC-LからDS-ATCと、新幹線と同様の設備への変更が必要になることから、従来使用されていた「EH500形電気機関車」および「ED79形電気機関車」は複電圧仕様(交流20KV-25KV双方)に改造しない限り、同区間を走行できなくなる。そのため、同区間を走行する機関車として新たに開発されたのが、この「EH800形電気機関車」である。この機関車は、「EH500形」をベースに開発されており、新幹線区間での走行に対応した走行機器を搭載した“2車体連結・主電動機軸8軸仕様”の“H級機”である。また、この機関車はJRグループが設計した初の“交流電気機関車”でもある。ちなみに“車体塗装”は、「EF510形0番台」と同じ赤色を基調としつつ、側面には新幹線を意識したスピード感を“シルバー”で、本州と北海道をを結ぶイメージを“白”で表し、ラインを配している。

●EH800形電気機関車(JR江差線「渡島当別駅」にて)
画像

●EH800形電気機関車(JR貨物「函館貨物駅」にて)
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • EH800形電気機関車は複電圧仕様

    Excerpt: EH800形は、2016年3月の北海道新幹線開業にともない、青函トンネルを含む海峡線の架線電圧などが変更になることから開発された電気機関車である。2011年から東芝とJR貨物が共同開発し、2014年7.. Weblog: ぱふぅ家のホームページ racked: 2018-09-28 12:06