「線路使用料」見直し着手~JR北海道の新財源に~。

今日は、「JR北海道線路使用料見直し着手」の話題を一つ。JR貨物から線路を保有しているJR旅客各社に支払われている「線路使用料」を巡り、JR貨物の経営支援を目的に低く抑えられている現行制度の改訂などによって、JR北海道の負担分を軽減するよう求める声が強まっている。『貨物列車の比率は北海道が全国で一番高い。JR北海道は重い負担を負っている』という声があり、JR北海道が鉄道事業の大幅な見直し方針を打ち出す中、新たな財源と見込まれるためだ。ただ、制度の抜本的な見直しが進めば、全国展開するJR貨物の事業に大きな影響が及ぶとみられ、慎重論も根強い。落としどころはまだ見えず、関係者間の協議は難航も予想される。

●JR北海道が期待する「線路使用料見直し」
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック