北海道新幹線の「雪害対策」は?

今日は、「北海道新幹線の雪害対策は?」の話題を一つ。開業後初の冬を迎えた北海道新幹線。これまでに雪による運休や遅れはなく、順調な滑り出しだ。ただ、車輪の幅が異なる新幹線と在来線の貨物列車双方が走れるよう、3本のレールが並ぶ“三線軌条”の区間では雪詰まりのリスクが特に高いことなど、北海道新幹線は「雪害」への不安を多く抱える。JR北海道は開業前の冬季の試験走行を踏まえ、『対策の本番はこれから』と知恵を絞る。ちなみに、北海道新幹線の全区間をカバーする除雪車や排雪用車などの“専用車両”は計21台で、昨年12月15日の初出動以降、これまで除雪などのため計12回出動した。

●冬期間の雪害対策が最重要課題の「北海道新幹線」
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック