〈最近購入した鉄道関係本⑱〉写真集「国鉄蒸気機関車 最終章」。

今回紹介する本は、㈱洋泉社から発売された写真集「国鉄蒸気機関車 最終章」(定価3700円+税・P191)である。表紙の説明によると『秘蔵写真280点超でよみがえる昭和40年代の情景。流氷の網走から鹿児島機関区まで日本全国を駆け抜けた鉄路の記憶。客車の窓やデッキから入ってくる煙と煤。駅、機関区の独特の匂いと賑わい。トンネルに入れば客室内はざわめき、いっせいに窓を閉める。煩わしいことは多かったが、そのすべてが懐かしい。本書は、そんな昭和40年代の“国鉄蒸気機関車 最終章”の記録である』とあり、懐かしい情景が北海道から九州にかけて各線ごとに貴重な白黒写真で紹介されていて、非常に見ごたえのある写真集である。

●写真集「国鉄蒸気機関車 最終章」
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック