東京で「釧路・根室の簡易軌道写真パネル展」開催。

今日は、「東京で釧路・根室の簡易軌道写真パネル展開催」の話題を一つ。北海道の開拓時代に物資を運んだ鉄路「簡易軌道」の歴史を振り返る“写真パネル展”が8月18日、東京ビッグサイトで始まった。国内最大級の鉄道模型展の会場内に“写真パネル”20枚などが展示され、鉄道ファンの注目を集めている。「簡易軌道」は旧国鉄よりレール幅が狭く、融雪期にぬかるむ道路に代わる交通手段として大正13年に最初の路線が開通した。道東や、稚内などの道北を中心に全道に広がり、人のほか、農作物や牛乳などの物資を運んだが、舗装道路の発達に伴い衰退し、昭和47年に姿を消した。今回は、釧路市立博物館が創立80周年記念企画展として昨年10月から今年6月まで行なった、「簡易軌道パネル展」が好評だったことを知り、鉄道模型展の関係者が同博物館に出展を提案して実現した。“写真パネル”は、釧路湿原を走る「簡易軌道」の姿などとともに、約50年間の歴史も紹介している。

●好評だった「釧路市立博物館創立80周年記念企画展」の様子
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック