「EH800形交流電気機関車」、京都鉄道博物館で展示。

今日は、「EH800形交流電気機関車、京都鉄道博物館で展示」の話題を一つ。京都鉄道博物館とJR貨物は、北海道の物流を担って活躍する新型電気機関車「EH800形交流電気機関車」および「コンテナ車」を、京都鉄道博物館で特別展示する。展示する電気機関車は、昨年3月に導入され、北海道新幹線との共用走行区間である〈青函トンネル〉とその前後の区間において走行する専用機関車である。普段は、“函館貨物駅―東青森駅間”で運行しているため、関西エリアへの入線ならびに展示することは初めてとなる。展示期間中は、通常は間近で見ることができないこの電気機関車をさまざまな角度から身近に見学することができるので、多くの鉄道ファンに見てほしいと思う。

○展示期間
平成30年1月20日(土)~28日(日)まで
○展示会場
京都鉄道博物館本館1階「車両のしくみ/車両工場」エリア
○展示車両
・EH800形交流電気機関車1両 ・コキ107形式コンテナ車2両および各種コンテナ

●展示される北海道で大活躍の新型電気機関車「EH800形交流電気機関車」
画像

●展示会場の「京都鉄道博物館」
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • EH800形電気機関車は複電圧仕様

    Excerpt: EH800形は、2016年3月の北海道新幹線開業にともない、青函トンネルを含む海峡線の架線電圧などが変更になることから開発された電気機関車である。2011年から東芝とJR貨物が共同開発し、2014年7.. Weblog: ぱふぅ家のホームページ racked: 2018-09-28 12:06