「室蘭入江地区の鉄道&石炭時代の歴史遺産探検ウォーキング」開催。

続いては、「室蘭入江地区の鉄道&石炭時代の歴史遺産探検ウォーキング開催」の話題を一つ。むろらん100年建造物保存活用会は、「室蘭入江地区の鉄道&石炭時代の歴史遺産探検ウォーキング」を開催する。北海道では鉄の街として知られている室蘭市は、かつて、入江地区が北海道各地から産出される石炭の積み出し拠点として栄えていたが、今回のウォーキングイベントでは、現在も残る鉄道を含めた石炭時代の歴史遺産を訪ねる。ちなみに、むろらん100年建造物保存活用会は、旧室蘭駅周辺に残る石炭時代の歴史的建造物「旧三菱合資会社室蘭出張所」の保存活用を行うために設立された一般社団法人で、平成30年に迎える“明治維新北海道開基150年”に向けて、『歴史と文化の薫るまち・室蘭』を感じてもらうためのイベントやPR支援・記録発信といった活動を行っている。

○開催日時
11月23日(木・祝日) 13時~14時30分まで
○参加費用
100円
○コース
旧室蘭駅前を出発、入江臨海公園や入江運動公園、旧国鉄線跡、港文学館等を巡る。
○その他
15時から17時まで、室蘭の石炭積み出し時代を知る堀田元室蘭市議をゲストに迎え、室蘭市文化センターで石炭と当時の社会について学ぶ座談会も開催される。参加費用は300円。

●スタート地点の「旧室蘭駅」は、明治45年に建てられ、新駅舎が建つ平成9年まで現役だった。
画像




北海道貨物列車撮影地ガイドMINI (MG BOOKS)
エムジー・コーポレーション

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 北海道貨物列車撮影地ガイドMINI (MG BOOKS) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック