北の鉄ちゃんの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 〔マイコレクション544 〈Nゲージ〉14系500番台改良品 急行「はまなす」(7両セット)〕

<<   作成日時 : 2018/05/31 17:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回紹介するのは、(株)マイクロエースから発売された〈Nゲージ〉の「14系500番台改良品 急行はまなす(7両セット)」である。この「14系500番台」は、北海道で運用されていた旧型客車を近代化するため、本州で使用されていた「14系客車」に改造を施したグループで、昭和57年から登場した。改造内容は、主に寒冷地対応工事であり、客用扉の引戸化、それに伴う窓配置変更、客室暖房機能の強化、蒸気暖房引き通し管の追設、床下機器の耐寒耐雪強化などが施工され、また、台車はブレーキシリンダを側張り外側に設置した機種に変更された。と同時に、冬期の異常発生時におけるサービス電源喪失を防止するために、通常6両まで給電可能なディーゼル電源装置を3両までの給電とした。このため、電源なしの座席緩急車にも電源の追設工事が行われ、「スハフ14‐550番台」として区分されている。国鉄分割民営化後は、座席をグリーン車と同様のリクライニングシートに交換した「ドリームカー」や、座席を撤去してカーペット敷きとした「のびのびカーペット」、気動車へ併結可能に改造されたグループも登場した。また、車両需給の関係から急行「はまなす」用に緩急車を新たに導入することとなり、平成3年に「24系25型寝台車」の「オハネフ25型200番台」を改造編入したのが「スハネフ14型550番台」である。これは、14系客車の500番台化と同様の内容で行われ、電源機関追設も施工されたが、切妻・引戸の寝台車として非常に目立つ存在となった。急行「はまなす」は、昭和63年3月13日の青函トンネル開業と同時に“青森―函館―札幌間”を結ぶ夜行急行として登場した。当初は、座席車のみの編成であったが、平成3年7月よりB寝台車が連結されるようになり、平成5年7月より急行「まりも」の廃止で捻出された「ドリームカー」を、平成9年3月より「カーペットカー」を連結し、バラエティーに富んだ編成で運転されたが、残念ながら、北海道新幹線開業に伴い、平成28年3月26日に名実ともに廃止された。

●〈Nゲージ〉14系500番台改良品 急行「はまなす」(7両セット)〈外箱〉
画像

●〈Nゲージ〉14系500番台改良品 急行「はまなす」(7両セット)〈中〉
画像

●青函トンネルを出る急行「はまなす」
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
〔マイコレクション544 〈Nゲージ〉14系500番台改良品 急行「はまなす」(7両セット)〕 北の鉄ちゃんの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる