観光列車・SL冬の湿原号の乗客「前年比2.4%減」。

今日は、「観光列車・SL冬の湿原号の乗客“前年比2.4%減”」の話題を一つ。JR北海道釧路支社は3月6日、1・2月に釧網本線の“釧路―標茶間”で運行した観光列車・SL冬の湿原号の利用について、「前年比2.4%減」の9284人だったと発表した。今年は1月26日~2月24日の週末を中心に、昨年と同じ21日間運行した。同支社は2月上旬に暴風雪で石北本線の特急が相次ぎ運休したため、網走経由で釧路に向かいSL冬の湿原号に乗車する予定だった乗客のキャンセルが一定数あったとみている。

●乗客が「前年比2.4%減」だった観光列車・SL冬の湿原号
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック