三笠鉄道村の「SL機関士体験クラブ」マニアに大人気。

続いては、「三笠鉄道村の“SL機関士体験クラブ”マニアに大人気」の話題を一つ。北海道三笠市にある三笠鉄道村の「SL機関士体験クラブ」が、全国のSLマニアに大人気である。北海道鉄道発祥の地といわれる三笠市にある三笠鉄道村では、本物のSL・S‐304号を運転体験する「SL機関士体験クラブ」を開設し、自分の手で汽笛を鳴らしSLを運転でき、全国のSLマニアに大人気となっている。全国のSLマニアの皆さん、101回以上挑戦して主任機関士の資格をとってみたら。

○運転体験できる方
18歳以上の方
○体験料金
・学科講習料:10000円
・運転体験料(1~30回目):各5000円
・        (31~50回目):各4000円
・        (51回目以上):各3000円
○SL体験の流れ
申込―学科講習(1時間30分)―証明書交付―運転体験
○運転体験実施日
・10月14日(月祝)までの土曜/日曜/祝祭日
・7月26日(金)~8月19日(月)までの夏休み期間は毎日実施(月曜日は休村日)
○腕章の交付
・ 11回以上:機関士見習い
・ 31回以上:補助機関士
・ 51回以上:機関士
・101回以上:主任機関士の査定試験資格を得る(合格すれば主任機関士にランクアップ)
・教導機関士:主任機関士の中で特に優秀と認められた場合、受験資格を得る
○その他
機関士制服(なっぱ服)や帽子は貸与する〈販売もしている〉
○問合せ先
三笠鉄道村(℡01267-3-1123)まで

※SL・S‐304号とは?
昭和14年に製造された工場専用の機関車で、富士鉄室蘭工場(現新日鉄室蘭工場)や(株)鐡原室蘭コークス工場で活躍した。〈型式:C形タンク機関車/重量:29.5㌧/全長:8.386㍍/最高速度:38㎞/h/製造所:日本車輌〉

●SL機関士体験クラブ要項(三笠鉄道村ホームページからダウンロード可)
画像

●運転体験の様子
画像

●使用機関車の「S‐304号」
画像















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック