JR北海道「副駅名称」導入。

今日は、「JR北海道“副駅名称”導入」の話題を一つ。JR北海道は、千歳線の恵庭駅と長都駅で、正式駅名に加え、周辺の工場や大学の名前を広告として駅名板に掲示する「副駅名称」を8月1日から採用する。これは、広告料収入に加え、利用者に駅周辺への親しみを持ってもらうのが狙いで、首都圏の私鉄などがすでに導入しているが、JR各社では初という。ちなみに広告料は1駅あたり年間約300万円を見込んでいて、「副駅名称」とする施設は最寄駅から1㌔程度を想定している。JR北海道では、今後他の駅に拡大する方針であるという。

●「副駅名称」のイメージP7122872.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント