JR石北本線の常紋トンネルに迷い込んだのは「エゾ鹿の親子」。

続いては、「JR石北本線の常紋トンネルに迷い込んだのは“エゾ鹿の親子”」の話題を一つ。7月15日朝、JR石北本線の常紋トンネルで「エゾ鹿の親子」が迷い込み、特急オホーツク2号の運転士が警笛を鳴らし続けてもエゾ鹿は動じる様子がなく、「エゾ鹿の親子」が線路の上を少しずつ歩くのに合わせて、列車は時速3㌔の超低速でようやくトンネルを抜け出した。ちなみにJR北海道によると、列車が鹿をひいた事故は平成29年度だけで1700件以上あり、運転士の苦労が続いているという。

●JR釧網本線の線路に出てきた「エゾ鹿」P7172889.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント