JR北海道、新峠下トンネルで「脱線・火災想定訓練」実施。

今日は、「JR北海道、新峠下トンネルで“脱線・火災想定訓練”実施」の話題を一つ。JR北海道函館支社は7月4日、JR函館本線“七飯―大沼間”の新峠下トンネル(全長1250㍍)で、列車の脱線と火災を想定した乗客の避難誘導と救助「訓練」を行った。今回は初めて連絡にテレビ電話を使ったほか、避難後の乗客への対応についても「訓練」した。この日は、JR北海道や七飯町、北海道警察、消防など190人が参加、5両編成の特急列車がトンネル内を走行中に脱線し、先頭車両で火災が発生したとの想定で行われた。ちなみにこの「訓練」は、平成23年5月にJR石勝線のトンネルで発生した特急列車の脱線炎上事故を受けて始まった。

●JR函館本線・新峠下トンネルで行われた「脱線・火災想定訓練」

P7052818.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント