342 〔東京の公園で保存されている北海道ゆかりの「SL」③~C57形蒸気機関車57号機~〕

この機関車は、現在、世田谷区の大蔵運動公園で静態保存されている機関車である。昭和13年5月3日、川崎車輌兵庫工場で製造され、国鉄大阪局に配属され、梅小路機関区に配属された。その後、宮原機関区―梅小路機関区―尾久機関区―岡山機関区―仙台機関区と転属し、昭和24年7月5日、津軽海峡を渡り小樽築港機関区に配置された。また、昭和29年8月9日~…
コメント:0

続きを読むread more

341 〔東京の公園で保存されている北海道ゆかりの「SL」②~D51形蒸気機関車231号機~〕

この機関車は、現在、上野公園の国立科学博物館で静態保存されている機関車である。昭和14年3月31日、国鉄長野工場で製造され、新潟局に配属され長野機関区に配置れた。その後、吹田機関区―亀山機関区―鷹取機関区―吹田機関区―盛岡機関区と転属し、昭和43年8月11日、津軽海峡を渡り小樽築港機関区に配置された。昭和48年10月、追分機関区に配置さ…
コメント:0

続きを読むread more

340 〔東京の公園で保存されている北海道ゆかりの「SL」①~C58形蒸気機関車407号機~〕

この機関車は、現在、豊島区の大塚台公園で静態保存されている機関車である。昭和21年12月29日、汽車製造大阪工場で製造され、津軽海峡を渡り国鉄札幌局に配属され苗穂機関区に配置された。その後、函館機関区木古内支区―函館機関区―五稜郭機関区―苗穂機関区と一度も北海道から離れることがなく、昭和49年3月20日、苗穂機関区で廃車となった。そして…
コメント:0

続きを読むread more

道南いさりび鉄道のアテンダント「定期列車8月分乗車日程」決まる。

続いては、「道南いさりび鉄道のアテンダント“定期列車8月分乗車日程”決まる」の話題を一つ。観光客に大人気の道南いさりび鉄道のアテンダントの「定期列車8月分乗車日程」がこのたび決まった。全国の鉄道ファンの皆さん、笑顔が可愛いアテンダントの接待を受けに乗車しませんか。 〔アテンダントスタッフ8月分乗車日程〕 ○8月1日(木)・2…
コメント:0

続きを読むread more

小樽市総合博物館本館・企画展ギャラリートーク「昭和の写真でよみがえる北海道の鉄道」開催。

続いては、「小樽市総合博物館本館・企画展ギャラリートーク“昭和の写真でよみがえる北海道の鉄道”開催」の話題を一つ。小樽市総合博物館本館では、現在開催中の企画展『星コレクション~北鉄路の記憶・昭和編~』に合わせ、展示解説として企画展ギャラリートーク「昭和の写真でよみがえる北海道の鉄道」を開催する。 ○開催日時 8月12日(月・祝)…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「2019年度お盆期間の指定席予約状況(7月25日現在)」まとめる。

今日は、「JR北海道“2019年度お盆期間の指定席予約状況(7月25日現在)”まとめる」のニュースについて。JR北海道では、7月25日現在の「2019年度お盆期間の指定席予約状況(8月9日~18日までの10日間)」についてまとめた。これによると、新函館北斗着の新幹線のピークは8月10日、新函館北斗発の新幹線のピークは8月17日、在来線の…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道の観光列車「風っこそうや号」、1日遅れで出発進行。

今日は、「JR北海道の観光列車“風っこそうや号”、1日遅れで出発進行」の話題を一つ。JR北海道の観光列車「風っこそうや号」(4両編成)の運行が7月28日、宗谷本線“稚内―音威子府間”で始まった。前日は大雨の影響で中止となったが、この日は晴天に恵まれ、道内外からの乗客約130人は、窓ガラスを外した車両から道北の雄大な眺めを満喫し、各駅で住…
コメント:0

続きを読むread more

339 DF200形ディーゼル機関車901号機。

幹線における電化区間の割合が低い北海道においては、無煙化以降の貨物輸送は電化・非電化区間の区別なくDD51形ディーゼル機関車を主力としてきた。しかし、JR移行後の輸送量増大や貨物列車の高速化に対し、DD51形の出力不足で恒常的に重連での運用を要したことに加え、北海道の厳しい気候風土による車両の老朽化も顕在化してきた。これを受け、重連運転…
コメント:0

続きを読むread more

【「鉄道貨物フェスティバルIN函館2019」~JR貨物五稜郭機関区探検ツアー~〈3〉】

●五稜郭機関区(点検中の「DF200形ディーゼル機関車」⑫) ●五稜郭機関区(点検中の「DF200形ディーゼル機関車」⑬) ●五稜郭機関区(点検中の「DF200形ディーゼル機関車」⑭) ●五稜郭機関区(「DF200形ディーゼル機関車」の内部①) ●五稜郭機関区(「DF200形ディーゼル機関車」の内部②) ●五稜郭機関区(「DF…
コメント:0

続きを読むread more

【「鉄道貨物フェスティバルIN函館2019」~JR貨物五稜郭機関区探検ツアー~〈2〉】

●五稜郭機関区(点検中の「DF200形ディーゼル機関車」①) ●五稜郭機関区(点検中の「DF200形ディーゼル機関車」②) ●五稜郭機関区(点検中の「DF200形ディーゼル機関車」③) ●五稜郭機関区(点検中の「DF200形ディーゼル機関車」④) ●五稜郭機関区(点検中の「DF200形ディーゼル機関車」⑤) ●五稜郭機関区(点…
コメント:0

続きを読むread more

【「鉄道貨物フェスティバルIN函館2019」~JR貨物五稜郭機関区探検ツアー~〈1〉】

鉄道貨物フェスティバルの目玉として昨年から始まった「JR貨物五稜郭機関区探検ツアー」に、今年も行って来た。125名限定のツアーは人気が高く、今年も先着順に漏れた人がでたほどであった。 ●先着125名に配布された「機関区探検ツアー整理券」 ●「機関区探検ツアー」のシャトルバス ●五稜郭機関区 ●五稜郭機関区 ●五稜郭機関区(…
コメント:0

続きを読むread more

【「鉄道貨物フェスティバルIN函館2019」見学記〈2〉】

●会場内(JR北海道「道南海の恵み号」①) ●会場内(JR北海道「道南海の恵み号」②) ●会場内(JR北海道「道南海の恵み号」③) ●会場内(道南いさりび鉄道「ながまれ号」①) ●会場内(道南いさりび鉄道「ながまれ号」②) ●会場内(JR貨物「DF200形ディーゼル機関車」①) ●会場内(JR貨物「DF200形ディーゼル機関…
コメント:0

続きを読むread more

【「鉄道貨物フェスティバルIN函館2019」見学記〈1〉】

7月27日(土)、朝からあまり良い天気ではなかったが、毎回参加している2年ぶり開催の「函館路面電車感謝祭」と「鉄道貨物フェスティバルIN函館2019」の開催日が重なり、大いに迷い熟慮した結果、「鉄道貨物フェスティバルIN函館2019」に行って来た。雨が降ったりやんだり日が差したりのあいにくの天気であったが、鉄道ファンや家族連れなどかなり…
コメント:0

続きを読むread more

〔〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線に「オリエント急行登場」〕

北海道の山間のローカル線・国鉄山下線に、某テレビ局開局30周年記念として企画したイベントに、世界的に有名な「オリエント急行」が、津軽海峡を渡りやって来た。1泊2日という短い日程であったが、抽選で当たった人々を乗せて、DD51形ディーゼル機関車重連に牽引された6両編成の列車は、夏の北海道を駆け抜けたのである。 ●国鉄山下線に「オリエ…
コメント:0

続きを読むread more

観光列車「風っこそうや2号」の出発式実施。

続いては、「観光列車“”風っこそうや2号”の出発式実施」の話題を一つ。JR北海道旭川支社では、この夏、宗谷本線を運行する観光列車「風っこそうや2号」の出発式を実施する。 ○日時 7月27日(土) 7:20~7:55まで ○場所 JR稚内駅コンコース&ホーム ○概要 ・来賓&出席者の紹介 ・主催者&来賓代表挨拶 ・運行…
コメント:0

続きを読むread more

国土交通省の“地方鉄道の誘客促進事例集”で「道南いさりび鉄道」紹介される。

続いては、「国土交通省の地方鉄道の誘客促進事例集で“道南いさりび鉄道”紹介される」の話題を一つ。国土交通省は、「道南いさりび鉄道」など、全国の地方鉄道28事業者の利用増に向けた取り組みを紹介する“地方鉄道の誘客促進事例集”を作成し、同省ホームページで公開している。人口減に直面する地方鉄道は厳しい経営を迫られており、同省は『関係者に経営や…
コメント:0

続きを読むread more

函館市電の「花電車」、港まつりに向け運行開始。

続いては、「函館市電の“花電車”、港まつりに向け運行開始」の話題を一つ。8月1日に開幕する夏の一大イベント・開港160周年記念函館港まつりを前に、函館市電の「花電車」の運行が7月25日始まった。明るい電飾をまとった車両3両が街中を走り、お祭りムードを高めている。幕末に米国から函館に来航した〈黒船〉を模した車両や、函館の街並みを描いた車両…
コメント:0

続きを読むread more

函館国際ホテルで絵画個展「懐かしの連絡船」好評開催中。

続いては、「函館国際ホテルで絵画個展“懐かしの連絡船”好評開催中」の話題を一つ。函館市の会社員安濃さん(71歳)による初の絵画個展「懐かしの連絡船」が、函館国際ホテル内のギャラリーカリヨンで8月4日まで開かれている。亡き父が青函連絡船の乗組員だった安濃さんは、30代から趣味として本格的に絵画を始め、今回は、父が乗っていた大雪丸など油彩8…
コメント:0

続きを読むread more

沼田町商工会留萌本線活用ツアー「JR留萌本線応援イベント~ほたる鑑賞会~」参加者募集中。

今日は、「沼田町商工会留萌本線活用ツアー“JR留萌本線応援イベント~ほたる鑑賞会~”参加者募集中」の話題を一つ。JR留萌本線の利用を促進しようと、沼田町商工会では留萌本線活用ツアー「JR留萌本線応援イベント~ほたる鑑賞会~」の参加者を募集中である。 ○開催日 8月2日(金) ○日程 JR深川駅発16:08―(留萌本線)―恵比…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション661 〈Nゲージ〉改造オリエント急行風列車(6両セット)〕

今回紹介するのは、トミックスの車両を改造した「オリエント急行風列車」(6両セット)である。オリエント急行の起源は、国際寝台車会社により、明治6年に運行が始められた“パリ―イスタンブール間”の列車で、その後、西ヨーロッパとバルカン半島を結ぶ国際寝台会社の列車群が「オリエント急行」を名乗るようになった。その後、いろいろな世界的な事情により、…
コメント:0

続きを読むread more

「運行開始30周年~くしろ湿原ノロッコ号~」、地域の皆様とおもてなし第2弾!。

続いては、「“運行開始30周年~くしろ湿原ノロッコ号~”、地域の皆様とおもてなし第2弾!」の話題を一つ。JR北海道では、「くしろ湿原ノロッコ号」運行開始30周年の〈30〉にちなんで、6~8月の30日に地域の皆様と連携したおもてなしを実施しているので、全国の鉄道ファンの皆さん、雄大な釧路湿原を列車でのんびりとしませんか。 〈地域の皆…
コメント:0

続きを読むread more

ファイターズを応援して鉄道グッズをGETしよう!「鉄道で旅してご当地Go!Go!チャレンジスペシャルゲーム」開催。

続いては、「ファイターズを応援して鉄道グッズをGETしよう!“鉄道で旅してご当地Go!Go!チャレンジスペシャルゲーム”開催」の話題を一つ。JR北海道では、札幌ドームで開催される北海道日本ハムファイターズVS東北楽天ゴールデンイーグルスの試合において、「鉄道で旅してご当地Go!Go!チャレンジスペシャルゲーム」を開催する。全国の北海道日…
コメント:0

続きを読むread more

津別町・相生鉄道公園の「列車塗装費用」、クラウドファンディングで募る。

今日は、「津別町・相生鉄道公園の“列車塗装費用”、クラウドファンディングで募る」の話題を一つ。オホーツク管内津別町は7月22日から、インターネットを通じて資金を募るクラウドファンディングによるふるさと納税で、町内の相生鉄道公園に展示している鉄道車両5両の「塗装費用」を募っている。目標額は400万円で期間は8月31日までである。同公園は、…
コメント:0

続きを読むread more

夏恒例「函館市電カラオケビール電車」今夏の運行開始。

続いては、「夏恒例“函館市電カラオケビール電車”今夏の運行開始」の話題を一つ。函館市電は、夏恒例の「カラオケビール電車」の今夏の運行を始めた。この電車は、カラオケ装置などを備えた〈アミューズメントトラム501号車〉にビールサーバーや冷蔵庫を置く貸し切り車両で、平成6年から運行している。ちなみに、今夏は8月31日までで(1~5日を除く)、…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道の観光列車「風っこそうや号」試乗会開催。

今日は、「JR北海道の観光列車“風っこそうや号”試乗会開催」の話題を一つ。JR北海道は7月23日、JR東日本の車両を借りて宗谷本線(旭川―稚内間)で27日に運行を始める観光列車「風っこそうや号」の試乗会を、“稚内―音威子府間”で開催した。試乗会には、沿線の観光ボランティアや自治体職員など75人が参加、窓ガラスを外した車両で、さわやかな風…
コメント:0

続きを読むread more

「JR日高本線不通区間の在り方案」、沿線7町長9月一本化探る。

続いては、「“JR日高本線不通区間の在り方案”、沿線7町長9月一本化探る」の話題を一つ。不通が続くJR日高本線“鵡川―様似間”(116㌔)の「在り方」を協議している日高管内の沿線7町長らは7月22日、臨時町長会議を同管内日高町内で開き、次回9月24日の会議で現行の3案から1案に絞る意向を示した。これについて一部の町からは、時期尚早との意…
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線並行在来線(小樽―長万部間)の「存廃判断」前倒し目指す。

今日は、「北海道新幹線並行在来線(小樽―長万部間)の“存廃判断”前倒し目指す」の話題を一つ。北海道新幹線並行在来線対策協議会は7月22日、第6回後志ブロック会議を後志管内俱知安町で開き、2030年度予定の北海道新幹線札幌延伸時にJR北海道から経営分離される並行在来線の函館本線“小樽―長万部間”の鉄路の「存廃判断」を、従来の『延伸の5年前…
コメント:0

続きを読むread more

「オホーツク鉄道物語~スタンプラリー&鉄道まつり~」開催中。

今日は、「“オホーツク鉄道物語~スタンプラリー&鉄道まつり~”開催中」の話題を一つ。オホーツク管内には、SL保存車両が3市7町に14車両あるほか、DL車両・客車・除雪車・鉄道資料館など、70を超える貴重な鉄道遺産がある。オホーツク観光連盟では、これらを生かした各町の観光振興を目指し「オホーツク鉄道物語~スタンプラリー&鉄道まつり~」を開…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション660 〈道南トロッコ鉄道〉記念乗車券&キャラカ〕

今回紹介するのは、〈道南トロッコ鉄道〉から発売された、「記念乗車券&キャラカ」である。〈道南トロッコ鉄道〉は、平成27年、旧JR江差線の“渡島鶴岡―吉堀間”の線路を使ったトロッコ鉄道で、全国の鉄道ファンに大人気である。全国のトロッコ鉄道ファンの皆さん、隠れた名所に来てみては。 ●道南トロッコ鉄道の「記念乗車券&キャラカ」① ●道…
コメント:0

続きを読むread more

ふるさと銀河線りくべつ鉄道、令和元年度の「フォトコンテスト作品募集中」。

続いては、「ふるさと銀河線りくべつ鉄道、令和元年度の“フォトコンテスト作品募集中”」の話題を一つ。ふるさと銀河線りくべつ鉄道では、令和元年度の「フォトコンテスト作品募集中」である。全国の撮り鉄ファンの皆さん、あにたが撮影したふるさと銀河線沿線の風景を画像に収めた作品を応募してみませんか? ○応募期間 6月5日(水)~10月31日…
コメント:0

続きを読むread more

第11回ふるさと銀河線りくべつ鉄道まつりに、鉄旅タレント「木村裕子さん」が登場。

続いては、「第11回ふるさと銀河線りくべつ鉄道まつりに、鉄旅タレント“木村裕子さん”が登場」の話題を一つ。鉄道関連テレビ番組で活躍中の鉄旅タレント「木村裕子さん」が、第11回ふるさと銀河線りくべつ鉄道まつりに登場する。全国のファンの皆さん、りくべつ鉄道まつりに来ませんか。 ○木村裕子CR車両運転に初挑戦! 7月21日(日)/9時…
コメント:0

続きを読むread more

ふるさと銀河線りくべつ鉄道“陸別駅―百恋駅間”「乗車体験列車」運行。

続いては、「ふるさと銀河線りくべつ鉄道・陸別駅―百恋駅間“乗車体験列車”運行」の話題を一つ。ふるさと銀河線りくべつ鉄道では、“陸別駅―百恋駅間”(1.9㌔)を往復する「乗車体験列車~銀河号~」を運行する。 ○運行日 7月21日(日)のみ ○運行本数 5本 ○列車編成 CR75‐101+CR75‐3(白メーテル)に加え、な…
コメント:0

続きを読むread more

陸別町で「第11回ふるさと銀河線りくべつ鉄道まつり」開催。

今日は、「陸別町で“第11回ふるさと銀河線りくべつ鉄道まつり”開催」の話題を一つ。十勝管内陸別町では、「第11回ふるさと銀河線りくべつ鉄道まつり」が今年も開催される。 ○開催日時 7月20日(土)〈18:00~20:30〉~21日(日)〈10:00~16:00〉の2日間 ○開催会場 緑町サッカー場(7/20)&駅前(7/21…
コメント:0

続きを読むread more

函館市企業局交通部「路面電車感謝祭・主な廃部品販売品」発表。

続いては、「函館市企業局交通部“路面電車感謝祭・主な廃部品販売品”発表」の話題を一つ。函館市企業局交通部では、7月27日(土)に開催する〈路面電車感謝祭〉の目玉コーナーの一つ、「廃部品販売」の主な販売品が、このたび発表された。全国の路面電車ファンの皆さん、宝物を探しに来ませんか。 ○開催日時 7月27日(土) 午前9時~12時ま…
コメント:0

続きを読むread more

岩見沢市の小野さん「旧美唄鉄道・4122形蒸気機関車レプリカ関係資料」寄贈。

今日は、「岩見沢市の小野さん“旧美唄鉄道・4122形蒸気機関車レプリカ関係資料”寄贈」の話題を一つ。美唄市にある旧美唄鉄道(昭和47年廃止)の東明駅舎に、一般公開された6月上旬、高齢の男性が地元保存会のメンバーに歩み寄り、『よかったら飾ってくれませんかと』抱えていた風呂敷を差し出した。包みから出てきたのは、蒸気機関車の「ナンバプレート」…
コメント:0

続きを読むread more

函館市企業局交通部、リーフレット「目指そう 市電と車の共存できる社会」配布。

続いては、「函館市企業局交通部、リーフレット“目指そう 市電と車の共存できる社会”配布」の話題を一つ。函館市企業局交通部では、リーフレット「目指そう 市電と車の共存できる社会」を、市内の自動車学校や免許試験場で配布している。これは、市電の軌道内を走る自動車が意外と多く、市電との接触事故になりかねないので、ドライバーの皆さんに注意喚起をお…
コメント:0

続きを読むread more

「しりべしのおもてなし」今年も実施。

続いては、「“しりべしのおもてなし”今年も実施」の話題を一つ。JR北海道小樽地区駅(俱知安駅・小樽駅・南小樽駅・小樽築港駅・余市駅)では、函館本線(山線)沿線の後志エリアを盛り上げるべく、今年も「しりべしのおもてなし」を実施する。全国の鉄道ファンの皆さん、夏休みの思い出作りや旅の記念に、参加してみては。 〔山線!保線!運転士!クイ…
コメント:0

続きを読むread more

鉄道遺産のアーチ橋「旧国鉄士幌線・第六音更川橋梁崩落」。

続いては、「鉄道遺産のアーチ橋“旧国鉄士幌線・第六音更川橋梁崩落”」のニュースについて。7月16日、十勝の上士幌町の観光名所にもなっているアーチ形の橋が「崩落」しているのが確認された。この橋は、昭和初期に十勝内陸部の森林資源を運ぶために作られた「旧国鉄士幌線・第六音更川橋梁」(昭和13年完成)で、アーチ形の橋は、国の登録有形文化財にも指…
コメント:0

続きを読むread more

JR石北本線の常紋トンネルに迷い込んだのは「エゾ鹿の親子」。

続いては、「JR石北本線の常紋トンネルに迷い込んだのは“エゾ鹿の親子”」の話題を一つ。7月15日朝、JR石北本線の常紋トンネルで「エゾ鹿の親子」が迷い込み、特急オホーツク2号の運転士が警笛を鳴らし続けてもエゾ鹿は動じる様子がなく、「エゾ鹿の親子」が線路の上を少しずつ歩くのに合わせて、列車は時速3㌔の超低速でようやくトンネルを抜け出した。…
コメント:0

続きを読むread more

道南食品「JR北海道駅名標キャラメル」発売。

今日は、「道南食品“JR北海道駅名標キャラメル”発売」の話題を一つ。明治グループの道南食品(函館)は7月17日、JR北海道の在来線・新幹線の全410駅の駅名標を描いたサイコロキャラメル「JR北海道駅名標キャラメル」を道内各地の土産物店などで発売する。これまで札幌や函館の一部でJR北海道の許諾を受けて試験的に販売していたが、観光客や鉄道愛…
コメント:0

続きを読むread more

札幌市の小学生「鉄道旅初体験」のイベントに参加。

続いては、「札幌市の小学生“鉄道旅初体験”のイベントに参加」の話題を一つ。札幌市内の小学生を対象に「鉄道旅初体験」のイベントが7月15日(月・祝)開かれ、子どもたちは出発前、切符の買い方や列車の乗り方などのレクチャーを受け、元気にJR札幌駅を出発した。『ちびっ子はじめての鉄道旅体験』と銘打ったイベントには、札幌市内の小学校2年生から4年…
コメント:0

続きを読むread more

札幌市交通事業振興公社、出張展示イベント「交通資料館inチカホ」開催。

今日は、「札幌市交通事業振興公社、出張展示イベント“交通資料館inチカホ”開催」の話題を一つ。札幌市交通事業振興公社は、交通資料館の出張展示イベント「交通資料館inチカホ」を開催する。全国の路面電車ファンの皆さん、一日中楽しめるイベントに来てみては。 ○開催日時 7月20日(土)~21日(日) 各日10:00~17:00まで …
コメント:0

続きを読むread more

〈最近購入した鉄道関係本29〉鉄道旅おうえんブック2019夏/秋。

今回紹介する本は、令和元年7月15日に北海道新聞社出版センターから発売された「鉄道旅おうえんブック2019夏/秋」(定価税込500円・84ページ)である。この本は、北海道鉄道活性化協議会による鉄道利用促進キャンペーンの一つで、夏休みのお勧め旅行ルートのほか、子どもたちの自由研究に役立ててもらおうと、写真を多く用い、鉄道による夏の道内旅行…
コメント:0

続きを読むread more

道南いさりび鉄道の「七夕飾り・短冊」を木古内・佐女川神社に奉納。

続いては、「道南いさりび鉄道の“七夕飾り・短冊”を木古内・佐女川神社に奉納」の話題を一つ。道南いさりび鉄道では、6月25日~7月8日まで、地域応援隊主催で各駅に「七夕飾り」を実施したところ、たくさんの皆様に「短冊」を飾ってもらった。地域応援隊事務局では7月12日、皆様の願いが叶いますようにと、この「七夕飾り・短冊」を木古内町にある佐女川…
コメント:0

続きを読むread more

小樽市総合博物館「企画展~星コレクション・北鉄路の記憶 昭和編~」好評開催中。

今日は、「小樽市総合博物館“企画展~星コレクション・北鉄路の記憶 昭和編~”好評開催中」の話題を一つ。小樽市総合博物館では、市内在住の鉄道史研究家である星良助氏が撮影した昭和時代の北海道をテーマにした「企画展~星コレクション・北鉄路の記憶 昭和編~」を好評開催中である。 ○開催期間 7月6日(土)~9月23日(月・祝)まで(火曜…
コメント:0

続きを読むread more

JR函館本線・山線の風景を楽しもう「特急ニセコ号」今年も運行。

続いては、「JR函館本線・山線の風景を楽しもう“特急ニセコ号”今年も運行」の話題を一つ。JR北海道では、今年も「特急ニセコ号」を運行する。“俱知安―ニセコ間”では、地元の観光協会スタッフが乗車し、地元特産品の販売を行うほか、余市駅では、停車時間中にホームで買い物も楽しめる。また、北海道新幹線の新函館北斗駅からニセコエリアへのアクセス手段…
コメント:0

続きを読むread more

北海道日本ハムファイターズのマスコット「B☆B」が上川ウォークにやってくる!!

続いては、「北海道日本ハムファイターズのマスコット“B☆B”が上川ウォークにやってくる」の話題を一つ。JR北海道では、『JRに乗って、北海道の魅力を再発見!』をテーマに、JR駅をスタート&ゴールに設定した〈JRヘルシーウォーキング〉を毎年実施している。今年度は、北海道日本ハムファイターズとのコラボレーション企画第1弾として、ファイターズ…
コメント:0

続きを読むread more

JR宗谷本線一部有人駅における「自転車用工具等無料貸出サービス」実施。

今日は、「JR宗谷本線一部有人駅における“自転車用工具等無料貸出サービス”実施」の話題を一つ。これまでもJR宗谷本線では、〈青春18きっぷ〉の利用期間中を中心に、多くのサイクリストが沿線を訪れ、自転車を持込の上、一部区間を普通列車にて利用している。JR北海道では今年度も引き続き、“北海道サイクルツーリズム推進”に協力をしていくことから、…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道、岩見沢市で「太陽光発電事業」計画。

続いては、「JR北海道、岩見沢市で“太陽光発電事業”計画」の話題を一つ。JR北海道は7月11日、岩見沢市で計画している「太陽光発電事業」の概要を明らかにした。それによると、未利用地を活用して、出力1400kwの太陽光発電設備を来年春から稼働させ、年間3500万~4千万円の売電収入になる見通しで、経営環境が厳しさを増す中で貴重な収入源とし…
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線、9月から「青函トンネル内速度向上試験」実施。

続いては、「北海道新幹線、9月から“青函トンネル内速度向上試験”実施」の話題を一つ。鉄道建設・運輸施設整備支援機構は7月11日、青函トンネル(全長53.85㌔)内の北海道新幹線の最高速度を、時速210㌔へ引き上げることを目指し、9月4日から10月21日まて、「速度向上試験」を行うと発表した。ちなみにこの「速度向上試験」は、昨年9月にも2…
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線の客室で「荷物輸送試験」実施。

続いては、「北海道新幹線の客室で“荷物輸送試験”実施」の話題を一つ。JR北海道社長は7月11日の記者会見で、今年度中にも北海道新幹線の車両を使った「荷物の輸送を試験的に行う」意向を明らかにした。これは、北海道新幹線のさらなる高速化には、青函トンネルを含む貨物列車との共用走行区間問題が支障になっており、JR北海道は今回の取り組みを通じて新…
コメント:0

続きを読むread more

JR宗谷本線の観光列車「風っこ そうや号」都内でPR。

続いては、「JR宗谷本線の観光列車“風っこ そうや号”都内でPR」の話題を一つ。7月下旬から9月上旬にかけてJR宗谷本線(旭川―稚内間)で運行する観光列車「風っこ そうや号」をPRしようと、沿線自治体とJR北海道は7月11日、JR上野駅でパンフレットを配り、道北観光をアピールした。この日は、名寄・旭川両市やJR北海道の職員ら十数人が法被…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「副駅名称」導入。

今日は、「JR北海道“副駅名称”導入」の話題を一つ。JR北海道は、千歳線の恵庭駅と長都駅で、正式駅名に加え、周辺の工場や大学の名前を広告として駅名板に掲示する「副駅名称」を8月1日から採用する。これは、広告料収入に加え、利用者に駅周辺への親しみを持ってもらうのが狙いで、首都圏の私鉄などがすでに導入しているが、JR各社では初という。ちなみ…
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線・奥津軽いまべつ駅おもてなしイベント第1弾!「エルビス トキ ワンマンライブショー」実施。

続いては、「北海道新幹線・奥津軽いまべつ駅おもてなしイベント第1弾!“エルビス トキ ワンマンライブショー”実施」の話題を一つ。青森県今別町では、奥津軽いまべつ駅のさらなる利用促進を図るため、おもてなしイベントを実施している。2019年度第1弾となる今回は、日本のエルビスプレスリーとして有名な「エルビス トキ ワンマンライブショー」を実…
コメント:0

続きを読むread more

JR東日本の観光車両「びゅうコースター風っこ」北海道入り。

今日は、「JR東日本の観光車両“びゅうコースター風っこ”北海道入り」の話題を一つ。JR北海道がローカル路線活性化策として、7月27日から宗谷本線“稚内―音威子府間”で運転を始める観光列車「風っこ そうや号」に使うため、JR東日本から借り受けた2両編成の観光車両「びゅうコースター風っこ」が10日未明、青函トンネル経由で函館に到着、函館から…
コメント:0

続きを読むread more

JR花咲線「2両編成試験運行」を実施。

続いては、「JR花咲線“2両編成試験運行”を実施」の話題を一つ。JR北海道が“単独では維持困難”とする花咲線(釧路―根室間)の存続に向け、根室市はJR北海道の協力を得て「2両編成試験運行」を行う。これは、現行の1両編成では、観光客が多い夏場に乗客が座れない便もあるため、2両に増やして満足度を高め、さらなる乗客増を図るのが狙いである。全国…
コメント:0

続きを読むread more

国交省「貨物専用新幹線」の具体化を検討。

今日は、「国交省“貨物専用新幹線”の具体化を検討」の話題を一つ。青函トンネルを含む貨物列車との共用走行区間で北海道新幹線の高速化を図るため、国土交通省が最高時速320㌔で走行できる「貨物専用新幹線」の導入に向けて具体的な調査を進めていることが7月9日分かった。関係者によると、「貨物専用新幹線」は車内の座席を設けず新造し、宅配便や書籍など…
コメント:0

続きを読むread more

札幌市地下鉄「ポケモンスタンプラリー2019」開催。

続いては、「札幌市地下鉄“ポケモンスタンプラリー2019”開催」の話題を一つ。札幌市交通局では、ポケモン映画・ミュウツーの逆襲とのタイアップ企画として、「札幌市営地下鉄ポケモンスタンプラリー2019」を開催する。 ○開催期間 7月12日(金)~9月1日(日)まで ○開催内容 ・地下鉄各駅窓口などでスタンプ帳を入手しスタート …
コメント:0

続きを読むread more

「クリスタルエクスプレス貸切日帰りの旅」参加者募集中。

今日は、「“”クリスタルエクスプレス貸切日帰りの旅”参加者募集中」の話題を一つ。グランツーリズムの旅では、「クリスタルエクスプレス貸切日帰りの旅」の参加者を募集している。全国の鉄道ファンの皆さん、JR北海道のリゾート列車に乗って、“函館―札幌間”の旅を楽しみませんか。 ○実施日 8月30日(金)1日だけ〈片道乗車〉 ○出発地 …
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション659 〈北海道歴代急行ヘッドマークコースター〉臨時急行「えさし号」〕

今回紹介するのは、(株)サッポロビールのキャンペーンとして対象商品に付いていた〈北海道歴代急行ヘッドマークコースター(全8種)〉のうちの、〈レアヘッドマークコースター〉の「急行えさし号」である。平成26年5月12日をもってJR江差線の“木古内―江差間・42.1㌔”は廃止されたが、JR北海道函館支社では、前年より『ありがとう江差線企画』と…
コメント:0

続きを読むread more

安平町道の駅・あびらD51ステーション「来館者32万人」。

続いては、「安平町道の駅・あびらD51ステーション“来館者32万人”」の話題を一つ。胆振管内安平町で4月19日に開業した道の駅・あびらD51ステーションの累計来館者数が7月6日、「32万4021人」となり、町が予想していた年間来館者数の32万人を、開業からわずか2カ月半ほどで突破した。これは、鉄道の要衝として栄えた安平町追分地区(旧追分…
コメント:0

続きを読むread more

「車両連結日帰り観光ツアー」実施される。

今日は、「“車両連結日帰り観光ツアー”実施される」の話題を一つ。JR北海道のラッピング車両〈道南 海の恵み号〉と道南いさりび鉄道の観光列車〈ながまれ海峡号〉の車両を「連結」させ、道南いさりび鉄道線(函館―木古内間)を運行する函館駅発着の『日帰り観光ツアー』が7月6日、行われた。これは、北海道オプショナルツアーズと日本旅行が企画、道南いさ…
コメント:0

続きを読むread more

339 小樽市総合博物館の「転車台」。

小樽市総合博物館の手宮ホームにある「転車台」は、かつて国鉄小樽築港機関区で活躍していた「転車台」である。小樽築港機関区は、明治13年11月28日に幌内鉄道“手宮―札幌間”の開業に伴い設置された「手宮機関庫」がルーツである。その後、大正13年10月13日に「小樽築港機関庫」が起工され、昭和2年7月15日に小樽駅の小樽機関庫を廃止し、小樽築…
コメント:0

続きを読むread more

安平町道の駅・あびらD51ステーションの「特急車両キハ183系車両内部公開」開始。

今日は、「安平町道の駅・あびらD51ステーションの“特急車両キハ183系車両内部公開”開始」の話題を一つ。北海道鉄道観光資源研究会が、クラウドファンディングの活用により資金調達を行い、保存が決定した北海道仕様の「特急車両キハ183系車両」について、去る6月16日に無事に札幌市のJR苗穂工場から安平町道の駅・あびらD51ステーションへの移…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション657 〈木製ミニヘッドマークプレート〉さよなら幌内線〕

今回紹介するのは、国鉄札幌運転区がイベントで販売した「さよなら幌内線」の〈木製ミニヘッドマークプレート〉である。国鉄幌内線は、明治15年11月13日に開業した北海道最古の鉄道で、“”手宮―幌内間”を結んでいて、石炭の積み出しで賑わっていたが、戦後、炭鉱の閉山により昭和62年7月12日にさよなら運転として臨時列車“さよなら幌内線号”が運行…
コメント:0

続きを読むread more

「ながまれ海峡号+海の恵み車両連結運行」に伴うお見送り実施。

続いては、「“ながまれ海峡号+海の恵み車両連結運行”に伴うお見送り実施」の話題を一つ。7月より9月まで開催するJR北海道とJR東日本による『青森県・函館観光キャンペーン』のオープニングとして、道南いさりび鉄道の「ながまれ海峡号」とJR北海道の「海の恵み車両」を連結し、(株)日本旅行と北海道オプショナルツアーズ(株)の企画で団体列車を運行…
コメント:0

続きを読むread more

「特急フラノラベンダーエクスプレス列車の旅」で花畑気分を満喫しよう。

続いては、「“特急フラノラベンダーエクスプレス列車の旅”で花畑気分を満喫しよう」の話題を一つ。JR北海道では、ラベンダーをはじめとする美しい花々が咲き誇る〈富良野・美瑛エリア〉に、今年も“札幌―富良野間”を乗り換えなし、約2時間で結ぶ「特急フラノラベンダーエクスプレス」を運転中である。今年は、富良野・美瑛への鉄道の旅をさらに楽しんでもら…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道、新峠下トンネルで「脱線・火災想定訓練」実施。

今日は、「JR北海道、新峠下トンネルで“脱線・火災想定訓練”実施」の話題を一つ。JR北海道函館支社は7月4日、JR函館本線“七飯―大沼間”の新峠下トンネル(全長1250㍍)で、列車の脱線と火災を想定した乗客の避難誘導と救助「訓練」を行った。今回は初めて連絡にテレビ電話を使ったほか、避難後の乗客への対応についても「訓練」した。この日は、J…
コメント:0

続きを読むread more

十勝管内清水町の増田さん作「JR根室本線・旧羽帯駅ジオラマ」視聴回数1年間で1300万回突破。

続いては、「十勝管内清水町の増田さん作“JR根室本線・旧羽帯駅ジオラマ”視聴回数1年間で1300万回突破」の話題を一つ。十勝管内清水町の増田さん(54歳)が、自作した「JR根室本線・旧羽帯駅」のジオラマの動画をネットで公開したところ、1年間で視聴回数が1300万を回超えた。これについて本人は、『踏切が昇降するだけの動画で、何がウケたのだ…
コメント:0

続きを読むread more

東急電鉄、JR東日本から「電源車」購入。

今日は、「東急電鉄、JR東日本から“電源車”購入」の話題を一つ。東急電鉄の観光列車〈ザ・ロイヤルエクスプレス〉が来夏に“札幌―道東間”を走行するのを前に、運行に使う一部車両がJR東日本から東急電鉄側に譲渡され、7月3日、横浜市内の駅構内で搬入作業が行われた。車両は車内で大量の電力を使えるようにする「電源車」で、非電化区間で走行実績がなく…
コメント:0

続きを読むread more

国内唯一の石炭輸送専用鉄道の「線路撤去作業」始まる。

今日は、「国内唯一の石炭輸送専用鉄道の“線路撤去作業”始まる」の話題を一つ。国内唯一の石炭輸送専用鉄道の〈太平洋石炭販売輸送臨港線〉(春採―知人間)が6月末で廃止となり、運行主体の東京にある太平洋石炭販売輸送は7月1日、釧路市千代ノ浦の踏切で「線路撤去作業」を始めた。作業は同日早朝から始まり、千代ノ浦にある踏切と信号機、線路が撤去され、…
コメント:0

続きを読むread more

「JR北海道値上げ」批判続出。

今日は、「“JR北海道値上げ”批判続出」のニュースについて。JR北海道が国土交通省に認可申請した、10月から平均11.1%値上げする運賃改定を巡り、国交相の諮問機関・運輸審議会は7月1日、札幌で公聴会を開いた。公述人3人全員が『道民に負担が大きい・通学生に多大なる影響がある』等の、値上げに反対意見を述べた。これに対しJR北海道社長は『安…
コメント:0

続きを読むread more

令和元年度カラオケビール電車「サッポロ生ビール号」予約開始。

続いては、「令和元年度カラオケビール電車“サッポロ生ビール号”予約開始」の話題を一つ。函館市企業局交通部では、今年も令和元年度カラオケビール電車「サッポロ生ビール号」の予約を開始した。全国の路面電車ファンの皆さん、函館市電でビールを飲みながらカラオケ三昧の旅はどうですか。 ○運行期間&運行回数 〈期間〉7月12日(金)~8月31…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

338 リーフレット「本邦国策を現地に観よ!北の産業革命 炭鉄港」。

このリーフレットは、岩見沢市にある(特定非営利活動法人)炭鉱の記憶推進事業団から発行されたものである。その趣旨としは『北海道は、明治初期から昭和の高度成長期までの100年で、人口が100倍となる急成長を遂げました。薩摩藩の島津斉彬が構想した〈北門の鎖鑰〉、開拓使が主導した〈殖産興業〉、日露戦争による〈新たな領土〉、太平洋戦争の〈国家総動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安平町・道の駅「鉄道資料館・屋外展示」開始。

続いては、「安平町・道の駅“鉄道資料館・屋外展示”開始」の話題を一つ。安平町の道の駅・あびらD51ステーションでは、D51形蒸気機関車320号機およびキハ183系特急型車両の移設が無事完了し、6月16日(日)より展示が始まったが、このたび、今年度の「屋外展示」の日程が決まった。全国の鉄道ファンの皆さん、SLとキハ183系車両の貴重なツー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

函館市電「パーク&ライド」3箇所の電停付近に設置。

今日は、「函館市電“パーク&ライド”3箇所の電停付近に設置」の話題を一つ。函館市電では、函館市土木部の協力により3箇所の電停付近に駐輪場「パーク&ライド」を設置した。ちなみに設置個所は、〈駒場車庫前・谷地頭・函館どつく前〉の各電停付近にある。函館市企業局交通部では『電停まで歩くには少し距離があるという方は、ぜひ自転車を利用して市電を使っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more