「青函トンネル内電車線メンテナンス」実施。

続いては、「“青函トンネル内電車線メンテナンス”実施」の話題を一つ。青函トンネル内の電車線は、建設時から新幹線規格で設備されており、昭和63年3月の青函トンネル開業から、平成28年3月の北海道新幹線開業を経て、これまで使用されてきた。新幹線開業後は高速走行を考慮した「電車線メンテナンス」を行う必要があり、平成29年度より初回となる取替工事を進めてきた。本年度からは、新幹線および貨物列車の運休による作業時間を拡大する日を設定し、更新時期に全ての電車線取替を完了するよう、取替工事を平準化し計画的に進めるという。

○青函トンネル内の電車線取替進捗状況(2019/8時点)
・全数量(本)252―取替済数量(本)19―進捗率7%
・年度別実績:取替数量(本) H29/ 2H30/ 5R元/12
・     :工事費(百万円)H29/27H30/90R元173
※電車線1本あたりの通常の長さは約1500㍍

●青函トンネル内の「電車線」P8233142.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント