私設鉄道博物館・十勝晴駅開業5周年記念貸し切り列車「十勝晴号」運行される。

続いては、「私設鉄道博物館・十勝晴駅開業5周年記念貸し切り列車“十勝晴号”運行される」の話題を一つ。音更町の私設鉄道博物館・十勝晴駅の開業5周年を記念した貸し切り列車「十勝晴号」の運行が8月25日(日)、JR根室本線の“帯広―厚内間”で行われた。この私設鉄道博物館・十勝晴駅は平成26年8月にオープン、貴重な鉄道部品やジオラマなどを展示し、全国から多くの鉄道ファンらが訪れている。今回のイベントは、十勝晴駅の穂積駅長と同駅常連客らが約1年前から準備を進め、この日は、JR社員が運転士を務め、朱色の国鉄色に塗装されて人気の高い〈キハ40形777〉1両が、午前9時39分に帯広駅を出発、道内外から57名が乗車した。途中の池田駅では、ホームでの弁当売りもあり、乗客は国鉄時代の演出を堪能、懐かしさあふれる列車の旅を楽しんだ。ちなみに、行きは普通列車で各駅停車し、帰りは急行列車で帯広駅に午後3時1分に到着した。

●札内駅に停車中の貸し切り列車「十勝晴号」P8263176.JPG
●私設鉄道博物館「十勝晴駅」の穂積駅長P8273177.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年10月24日 16:44
十勝