JR石北本線の白滝駅「開設90年を祝う式典」開催。

続いては、「JR石北本線の白滝駅“開設90年を祝う式典”開催」の話題を一つ。オホーツク海側の遠軽町の山あいにあるJR石北本線「白滝駅」で、駅が開設されてから90年を祝う「式典」が8月12日開催された。この「白滝駅」は、交通の便が悪いこの地方に昭和4年に開設され、道路の整備が進んだことなどから利用者が減る中でも、地域の玄関口として利用され…
コメント:0

続きを読むread more

青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸で「自動車航送写真展」開催中。

続いては、「青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸で“自動車航送写真展”開催中」の話題を一つ。青函連絡船の自動車航送の歴史を紹介する「写真展」が、青森市の青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸で開催されている。これは、青函連絡船の3等航海士として乗務していた川村さんが、趣味のカメラで撮影したもので、鉄道輸送という連絡船の主目的とは別の自動車航送…
コメント:0

続きを読むread more

函館市青函連絡船記念館摩周丸で「ちゃれんじ! 工作2019」開催中。

続いては、「函館市青函連絡船記念館摩周丸で“ちやれんじ! 工作2019”開催中」の話題を一つ。木製の連絡船などを作る子供向けの工作教室「ちゃれんじ! 工作2019」が、函館市青函連絡船記念館摩周丸で開催されている。これは、同館を運営するNPO法人語りつぐ青函連絡船の会が毎年実施している子供向けのイベントで、参加した子供たちは小さな部品の…
コメント:0

続きを読むread more

函館市青函連絡船記念館摩周丸、「来館者200万人達成」。

今日は、「函館市青函連絡船記念館摩周丸、“来館者200万人達成”」の話題を一つ。函館港に係留されている函館市青函連絡船記念館摩周丸は8月12日、平成3年の開館以来の来館者数が「200万人」を突破し、200万人目となった札幌市の会社員に摩周丸の写真パネルなど記念品が贈られた。同館によると、入館者数は平成13年度に100万人に達し、その後は…
コメント:0

続きを読むread more

JR札幌駅で「見る!遊ぶ!食べる!北海道・青森の観光・イベントパネル展」開催中。

今日は、「JR札幌駅で“見る!遊ぶ!食べる!北海道・青森の観光・イベントパネル展”開催中」の話題を一つ。JR北海道では、夏から冬にかけての北海道・青森のおすすめ観光・イベント情報を紹介する「見る!遊ぶ!食べる!北海道・青森の観光・イベントパネル展」を、JR札幌駅で開催中である。さまざまなスポットを写真や映像とともに紹介し、自治体発行のパ…
コメント:0

続きを読むread more

「令和元年度勝浦市平和展~戦時下の勝浦沖で沈んだまぼろしの青函連絡船・第九青函丸~」好評開催中。

続いては、「“令和元年度勝浦市平和展~戦時下の勝浦沖で沈んだまぼろしの青函連絡船・第九青函丸~”好評開催中」の話題を一つ。千葉県勝浦市では、今年も「勝浦市平和展」を開催、今年は近年その沈没の実態が明らかとなった「国鉄青函連絡船第九青函丸沈没事件」に関する資料展示と講演会を開催し、好評を博している。 〈資料展示〉 ○開催期間 7…
コメント:0

続きを読むread more

「北海道の数少ないジョイフルトレインに乗車!クリスタルエクスプレス貸切日帰りの旅」の参加者募集中。

続いては、「“北海道の数少ないジョイフルトレインに乗車!クリスタルエクスプレス貸切日帰りの旅”の参加者募集中」の話題を一つ。クラブツーリズムでは、9月28日・29日をもってラストランとなるクリスタルエクスプレスを使用した「北海道の数少ないジョイフルトレインに乗車!クリスタルエクスプレス貸切日帰りの旅」の参加者を募集している。 ○旅…
コメント:0

続きを読むread more

30年間ありがとう~クリスタルエクスプレス~ラストラン。

続いては、「30年間ありがとう~クリスタルエクスプレス~ラストラン」の話題を一つ。平成元年12月に営業運転を開始した「クリスタルエクスプレス」が、車両の老朽化等により令和元年9月に引退する。JR北海道では、これまでのご利用に感謝し、“札幌―富良野間”において2日間、ラストランを行う。全国の鉄道ファンの皆さん、ラストランに来ませんか。 …
コメント:0

続きを読むread more

JR宗谷本線・和寒駅で「開駅120周年記念企画展示」実施。

今日は、「JR宗谷本線・和寒駅で“開駅120周年記念企画展示”実施」の話題を一つ。JR宗谷本線の和寒駅は、本年で「開駅120周年」(明治32年11月15日開駅)を迎える。このためJR北海道旭川支社では、和寒町の協力を得て、和寒駅および和寒町交流施設・ひだまりにおいて「開駅120周年記念企画展示」を実施する。 ○実施期間 8月17…
コメント:0

続きを読むread more

釧路管内釧路町、ふるさと納税返礼品に「くしろ湿原ノロッコ号3点セット」追加。

続いては、「釧路管内釧路町、ふるさと納税返礼品に“くしろ湿原ノロッコ号3点セット”追加」の話題を一つ。JR釧網本線の臨時観光列車「くしろ湿原ノロッコ号」(釧路―塘路間)が今年で運行30周年を迎えたことを記念し、釧路管内釧路町は、ふるさと納税の返礼品にノロッコ号の乗車券などを盛り込んだ「3点セット」を加え、8月14日から寄付の受け付けを始…
コメント:0

続きを読むread more

タイの「北斗星牽引機関車・DD51形ディーゼル機関車支援」にクラウドファンディング開始。

続いては、「タイの“北斗星牽引機関車・DD51形ディーゼル機関車支援”にクラウドファンディング開始」の話題を一つ。寝台特急北斗星などを牽引し、引退後タイへ渡った2両の「DD51形ディーゼル機関車」に活躍してもらおうと、長崎県と北海道の鉄道愛好家が支援に乗り出す。これは、「DD51形ディーゼル機関車」の操作・維持管理方法が正しく現地に伝わ…
コメント:0

続きを読むread more

並行在来線“函館―長万部間”「今後20年間で修繕・更新に57億円必要」の試算出る。

続いては、「並行在来線・函館―長万部間“今後20年間で修繕・更新に57億円必要”の試算出る」の話題を一つ。JR北海道は、2030年度末の北海道新幹線札幌延伸時に同社から経営分離される並行在来線の函館本線“函館―長万部間”(総延長147.6㌔)について、2018年度~37年度の「20年間で橋や車両などの大規模修繕・更新に計57億円かかる」…
コメント:0

続きを読むread more

「函館水道130周年記念ラッピング電車」運行開始。

今日は、「“函館水道130周年記念ラッピング電車”運行開始」の話題を一つ。函館市電はこのたび、「函館水道130周年記念」をデザインした「ラッピング電車」の運行を始めた。超低床電車・らっくる号の車体に、デザインを担当した公立はこだて未来大学の学生が、函館市内の水道施設や観光名所のイラストなど描き、11月末まで運行するという。 ●この…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道釧路支社「第69回勝毎花火大会」に臨時・増結列車運転。

続いては、「JR北海道釧路支社“第69回勝毎花火大会”に臨時・増結列車運転」の話題を一つ。JR北海道釧路支社は、帯広市の十勝川河川敷特設会場で開催される「十勝毎日新聞創刊100年記念・第69回勝毎花火大会」に合わせ、8月13日(火)に臨時・増結列車を運転する。見学者は、利用してみては。 ●2019勝毎花火 臨時・増結列車運転時刻表
コメント:0

続きを読むread more

「全国高校生地方鉄道交流会 鉄輪ピック2019審査会」開催される。

今日は、「“全国高校生地方鉄道交流会 鉄輪ピック2019審査会”開催される」の話題を一つ。全国の高校生らが鉄道を通じた地域活性化のアイデアを競い合う「全国高校生地方鉄道交流会 鉄輪ピック2019」の審査会が8月3日、根室市内で開催され、4校がJR花咲線存続に向けた利用促進策を発表した。結果は、釧路高専鉄道同好会がJR北海道釧路支社長賞を…
コメント:0

続きを読むread more

【真夏のJR函館駅周辺&摩周丸記念館散策〈2〉】

●摩周丸記念館と可動橋① ●摩周丸記念館と可動橋② ●摩周丸記念館入口① ●摩周丸記念館入口② ●摩周丸記念館乗船口 ●摩周丸記念館横に昨年10月から暫定供用開始された「クルーズ船専用バース」① ●摩周丸記念館横に昨年10月から暫定供用開始された「クルーズ船専用バース」② ●摩周丸記念館の前部煙突① ●摩周丸記念館の前部…
コメント:0

続きを読むread more

【真夏のJR函館駅周辺&摩周丸記念館散策〈1〉】

8月1日(木)、函館港に係留されている函館市青函連絡船記念館摩周丸においてシンポジウムが開催され参加したのを機に、久しぶりに真夏のJR函館駅周辺や摩周丸記念館を散策してきた。この日は、函館開港160周年記念函館港まつりの初日ということもあり、かなりの観光客で賑わっていた。 ●JR函館駅① ●JR函館駅② ●JR函館駅③ ●J…
コメント:0

続きを読むread more

北斗市広報誌8月号で「北海道新幹線トンネル工事要対策土問題」を特集。

続いては、「北斗市広報誌8月号で“北海道新幹線トンネル工事要対策土問題”を特集」の話題を一つ。北斗市は8月2日に配布した市の広報誌8月号で、北海道新幹線のトンネル工事で発生する重金属などを含む「要対策土」について特集を組んだ。これは、八雲町で発生する「要対策土」受け入れの可否に関し『北海道の動向や市議会の意見を踏まえ、総合的に判断する』…
コメント:0

続きを読むread more

【シンポジウム「摩周丸とクルーズ船~保存船のある港―その価値と活用~」参加記〈2〉】

●シンポジウムの様子⑥(船の科学館の小堀学芸部調査役) ●シンポジウムの様子⑦ ●シンポジウムの様子⑧ ●シンポジウムの様子⑨(音楽評論家の湯川れい子さん) ●シンポジウムの様子⑩(世界的照明デザイナーの石井幹子さん) ●シンポジウムの様子⑪ ●懇親会の様子① ●懇親会の様子②
コメント:0

続きを読むread more

【シンポジウム「摩周丸とクルーズ船~保存船のある港―その価値と活用~」参加記〈1〉】

8月1日(木)、函館港に係留されている函館市青函連絡船記念館摩周丸で、シンポジウム「摩周丸とクルーズ船~保存船のある港―その価値と活用~」が開催され参加してきた。この日は、市民ら約30人が参加し、提言者として、音楽評論家の湯川れい子さん、JR東海の須田相談役、世界的照明デザイナーの石井幹子さん、船の科学館の小堀学芸部調査役等が出席し、基…
コメント:0

続きを読むread more