札幌市「サッポロLRTパネル展」開催。

続いては、「札幌市“サッポロLRTパネル展”開催」の話題を一つ。札幌市では、11月に開催する〈LRT都市サミット札幌2019〉の関連イベントとして、「サッポロLRTパネル展」を開催する。 ○開催期間 9月12日(木)~30日(月)まで(25日休館日) ○開催場所 札幌市中央図書館1階展示室 ○内容 LRTに関するパネル展…
コメント:0

続きを読むread more

「LRT都市サミット札幌2019」開催。

続いては、「“LRT都市サミット札幌2019”開催」の話題を一つ。札幌市では、「LRT都市サミット札幌2019」を開催する。ちなみに「LRT都市サミット」とは、人と環境にやさしいまちづくりの実現が求められる中、路面電車のLRT化に取り組む都市の代表が一堂に会して議論を深め、全国にその活動を発信するとともに、一層の都市間連携の推進とLRT…
コメント:0

続きを読むread more

札幌市資料館で「北への旅路、ここから始まる~北海道の鉄道のある風景写真展~」開催。

続いては、「札幌市資料館で“北への旅路、ここから始まる~北海道の鉄道のある風景写真展~”開催」の話題を一つ。札幌市資料館では、下記の日程で「鉄道風景写真展」を開催する。興味のある方は、いらしてみては。 ○開催期間 9月3日(火)~8日(日)まで/9時~19時(最終日は18時まで) ○開催場所 札幌市資料館2Fギャラリー1 …
コメント:0

続きを読むread more

青函トンネル内の「携帯電話圏外」来月解消。

今日は、「青函トンネル内の“携帯電話圏外”来月解消」の話題を一つ。総務省は8月29日、北海道新幹線が走る青函トンネル全区間(53.85㌔)で、9月5日から「携帯電話」が使用可能になると発表した。これまでは、海底部の約23㌔で4月中旬から電波が通じるようになったが、残る部分は圏外のままだった。これにより、青函トンネル内での走行時間約20分…
コメント:0

続きを読むread more

〔〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線の現況〕臨時団体専用電車特急「北の大地号」登場。

北海道の山間のローカル線・国鉄山下線に、今回初めて臨時の団体専用電車特急「北の大地号」が登場した。車種は、クハ181系で6両編成である。短い北海道の夏の山間を、団体客を乗せて走っている。 ●臨時団体専用電車特急「北の大地号」① ●臨時団体専用電車特急「北の大地号」② ●臨時団体専用電車特急「北の大地号」③
コメント:0

続きを読むread more

「北斗星」車で復活?

続いては、「“北斗星”車で復活?」の話題を一つ。先日の鉄道イベント会場に突然、北斗星仕様の車が現れ、参加者の関心を誘った。豪華寝台特急「北斗星」は平成27年に運行が終了したが、十勝管内池田町の坂田さん(51歳)は、『一度も乗ったことがなく、憧れだった』ことから、約2年前、白いワンボックスカーを北斗星仕様にした。ヘッドマークはデザインをコ…
コメント:0

続きを読むread more

函館市電の無料電車「北方領土返還号」で返還署名活動。

今日は、「函館市電の無料電車“北方領土返還号”で返還署名活動」の話題を一つ。8月の北方領土返還要求運動強調月間に合わせ、渡島総合振興局と函館市、北方領土復帰期成同盟渡島地方支部、千島歯舞諸島居住者連盟函館支部の4者は8月23日、函館市電の無料電車「北方領土返還号」を運行した。これは、今回で18回目で、超低床電車・らっくる号の9603号車…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「苗穂工場」一般公開。

今日は、「JR北海道“苗穂工場”一般公開」の話題を一つ。JR北海道では、今年も「苗穂工場」を一般公開する。全国の鉄道ファンの皆さん、歴史あるJR北海道最大の「苗穂工場」を見学に来ませんか。 ○開催日時 9月7日(土) 午前9時30分~午後3時まで ○開催場所 JR北海道苗穂工場 ○会場への交通 JR函館本線「苗穂駅」下車…
コメント:0

続きを読むread more

私設鉄道博物館・十勝晴駅開業5周年記念貸し切り列車「十勝晴号」運行される。

続いては、「私設鉄道博物館・十勝晴駅開業5周年記念貸し切り列車“十勝晴号”運行される」の話題を一つ。音更町の私設鉄道博物館・十勝晴駅の開業5周年を記念した貸し切り列車「十勝晴号」の運行が8月25日(日)、JR根室本線の“帯広―厚内間”で行われた。この私設鉄道博物館・十勝晴駅は平成26年8月にオープン、貴重な鉄道部品やジオラマなどを展示し…
コメント:1

続きを読むread more

JR函館駅で「宮城・仙台銘品フェア」開催。

今日は、「JR函館駅で“宮城・仙台銘品フェア”開催」の話題を一つ。北海道新幹線の開業でより繋がりが深まった宮城県仙台市の(株)仙台ターミナルビルと共催で、JR函館駅にて「宮城・仙台銘品フェア」を開催する。当日は、函館初出店となる宮城・仙台の選りすぐりのお土産店が出店、ご当地キャラとのふれあいやお楽しみ企画を実施するなど2日間宮城・仙台を…
コメント:0

続きを読むread more

JRグループ「秋の乗り放題パス&北海道新幹線オプション券」発売。

続いては、「JRグループ“秋の乗り放題パス&北海道新幹線オプション券”発売」の話題を一つ。JRグループでは、10月14日の〈鉄道の日〉に合わせて、普通列車の旅を満喫してもらうため、「秋の乗り放題パス&北海道新幹線オプション券」を発売する。 〈秋の乗り放題パス〉 日本全国のJR線の普通・快速列車の普通車自由席およびバス高速輸送シス…
コメント:0

続きを読むread more

好評につき「スーパーとかち&スーパーおおぞらお先にトクだ値」延長。

続いては、「好評につき“スーパーとかち&スーパーおおぞらお先にトクだ値”延長」の話題を一つ。JR北海道では、9月までの期間限定で“札幌―帯広間”の特急「スーパーとかち」に、えきねっと会員限定商品「お先にトクだ値」を設定しているが、好評につき10月からも設定する。また、特急「スーパーおおぞら」も好評につき10月からも設定する。全国の鉄道フ…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「秋の臨時列車」発表。

続いては、「JR北海道“秋の臨時列車”発表」のニュースについて。JR北海道ではこのたび、10月1日(火)~11月30日(土)の61日間に運転する「秋の臨時列車」を発表した。 ○期間中に運転する「臨時列車」の本数 ・新幹線48本 ・在来線82本 合計130本 ○「臨時列車」の内訳 〈北海道新幹線〉 三連休や週末を中心に、臨時…
コメント:0

続きを読むread more

冨田氏「青函貨物輸送、農作物輸送に必要」と訴える。

続いては、「冨田氏“青函貨物輸送、農作物輸送に必要”と訴える」の話題を一つ。元ホクレン職員で北海道地域農業研究所顧問の冨田義昭さん(84歳)が、道内農作物の物流手段の変遷や現状を「北海道産青果物の流通施設と物流に関する調査研究報告書」にまとめた。北海道新幹線の高速化に向け、青函トンネル区間では、道内農作物輸送の柱の一つである貨物列車の減…
コメント:0

続きを読むread more

北海道鉄道活性化協議会「鉄道わくわく体験フォトコンテスト」の作品募集中。

続いては、「北海道鉄道活性化協議会“鉄道わくわく体験フォトコンテスト”の作品募集中」の話題を一つ。北海道鉄道活性化協議会では、夏季および秋季において、鉄道を使ったレジャーの楽しさを提案する〈北海道レールエールキャンペーン〉を実施しているが、今回は「鉄道わくわく体験フォトコンテスト」を実施、作品を募集している。全国の鉄道ファンの皆さん、納…
コメント:0

続きを読むread more

道の駅あびらD51ステーションの「もくもくD51ソフト」大人気。

今日は、「道の駅あびらD51ステーションの“もくもくD51ソフト”大人気」の話題を一つ。今春開業した胆振管内安平町の道の駅あびらD51ステーションは、道内で活躍したSL・D51形蒸気機関車320号機を展示し、連日道内外の鉄道ファンらでにぎわっている。中でも、そのSLの煙をイメージし、クリームにパウダー状の竹炭を練り込んだ「もくもくD51…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション662〈Nゲージ〉旧製品KATO国鉄181系特急用電車(6両セット)〕

今回紹介するのは、KATOから発売された〈Nゲージ〉の「旧製品国鉄181系特急用電車」(6両セット)である。この製品は、ライトユニットが別売りとなっていて、ライトは点灯しない。また、ヘッドマークはシールで、〈はと・あさま・あずさ・しおかぜ・富士・しおじ・うずしお・くろいそ・とき・こだま・つばめ・おおとり〉が付いている。この国鉄181系特…
コメント:0

続きを読むread more

室蘭市青少年科学館の「SL白鳥号」、旧室蘭駅舎横に移設。

続いては、「室蘭市青少年科学館の“SL”、旧室蘭駅舎横に移設」の話題を一つ。室蘭市は8月23日、市青少年科学館の屋外に展示している、昭和15年に札幌の苗穂工場で製造された「SL白鳥号(D51形蒸気機関車560号機」を、約1.4㌔離れた旧室蘭駅舎横に移設した。この日、多くの鉄道ファンらが、長さ20㍍・高さ4㍍・重さ90㌧の巨大な車体が夜間…
コメント:1

続きを読むread more

JRグループの「青春18きっぷ」値上げ。

今日は、「JRグループの“青春18きっぷ”値上げ」の話題を一つ。JR北海道などJRグループ6社は8月23日、10月の消費税率8%から10%への増税に伴い、全国のJR普通列車に1日乗り放題となる「青春18きっぷ」を200円値上げ(値上げ率は約1.7%)し、1万2050円にすると発表した。ちなみに「青春18きっぷ」は、年齢に関係なく利用でき…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道の〈キハ40形山紫水明シリーズ車両〉の「山明号」登場。

続いては、「JR北海道の〈キハ40形山紫水明シリーズ車両〉の“山明号”登場」の話題を一つ。JR北海道では、地域の皆さんと連携して列車を活用した沿線活性化の取り組みを更に進めるため、エクステリアおよびインテリアを変更した〈キハ40形山紫水明シリーズ車両〉2両のうち「山明号」がこのたびデビューする。 〈山紫水明シリーズ車両概要〉 平…
コメント:0

続きを読むread more

「フラノラベンダーエクスプレス」の使用車両変更。

続いては、「“フラノラベンダーエクスプレス”の使用車両変更」の話題を一つ。現在、「フラノラベンダーエクスプレス」として運転している〈クリスタルエクスプレス〉の車両に不具合が発生したため、使用する車両を変更して運転する。 ○変更する期間 8月24日(土)~25日(日)の2日間 ○変更する列車および車両 ・フラノラベンダーエクス…
コメント:0

続きを読むread more

「青函トンネル内電車線メンテナンス」実施。

続いては、「“青函トンネル内電車線メンテナンス”実施」の話題を一つ。青函トンネル内の電車線は、建設時から新幹線規格で設備されており、昭和63年3月の青函トンネル開業から、平成28年3月の北海道新幹線開業を経て、これまで使用されてきた。新幹線開業後は高速走行を考慮した「電車線メンテナンス」を行う必要があり、平成29年度より初回となる取替工…
コメント:0

続きを読むread more

観光列車風っこそうや号運転日に比布駅で「比布エレキバン130」を配布。

続いては、「観光列車風っこそうや号運転日に比布駅で“比布エレキバン130”を配布」の話題を一つ。製薬会社のピップでは、JR北海道の宗谷本線を走る観光列車風っこそうや号の運転日に、比布駅でのおもてなしとして、限定パッケージのピップエレキバン「比布エレキバン130」を乗客全員に配布する。これは、ピップと比布町が共同で行う“PIP相互応援大使…
コメント:0

続きを読むread more

豪華観光列車「ザ・ロイヤルエクスプレス北海道クルーズ」の概要決定。

続いては、「豪華観光列車“ザ・ロイヤルエクスプレス北海道クルーズ”の概要決定」の話題を一つ。JR北海道は8月22日、東急電鉄と連携して来夏に運行する「豪華観光列車ザ・ロイヤルエクスプレス北海道クルーズ」の概要を発表した。 〔クルーズの概要〕 ○運行時期 2020年8月(予定) ○日程・回数 ・金曜~月曜の3泊4日の予定(約…
コメント:0

続きを読むread more

「2019ひまわり号in由仁」参加者&介護ボランティア募集中。

今日は、「“2019ひまわり号in由仁”参加者&介護ボランティア募集中」の話題を一つ。ひまわり号を走らせる札幌実行委員会では、「2019ひまわり号in由仁」の参加者&介護ボランティアを募集している。この「ひまわり号」は、車いす用のトイレがない、階段が多いなどの理由で列車の旅をあきらめていた、障害をもつ人たちの『せめて一度、列車に乗って旅…
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線札幌延伸工事の「札幌工区掘削21年着工」。

今日は、「北海道新幹線札幌延伸工事の“札幌工区掘削21年着工”」のニュースについて。2030年度末開業予定の北海道新幹線札幌延伸に伴う札樽トンネル(小樽―札幌間・全長26.2㌔)の工事で、JR札幌駅に直結する区間「札幌工区」の掘削が2021年夏に始まるという。工事で発生する重金属などを含む〈要対策土〉の受け入れ地が未定の中、建設主体の鉄…
コメント:0

続きを読むread more

豊浦町・ふるさと納税返礼品に日本一の秘境駅「小幌駅グッズ」を送付。

続いては、「豊浦町・ふるさと納税返礼品に日本一の秘境駅“小幌駅グッズ”を送付」の話題を一つ。豊浦町では、1万円以上のふるさと納税をした人に、日本一の秘境駅「小幌駅グッズ」を送付している。これは、小幌駅の風景画(春・夏・秋・冬)を用いた木製の写真立てで、これに〈日本一の秘境駅・小幌&製造ナンバー&寄付者の氏名〉を印字したものである。詳細に…
コメント:0

続きを読むread more

JR根室駅に「地球探索鉄道花咲線オリジナル駅看板」を設置。

続いては、「JR根室駅に“地球探索鉄道花咲線オリジナル駅看板”を設置」の話題を一つ。JR花咲線(釧路―根室間)沿線エリアの涼しさをアピールする温度計付きの「地球探索鉄道花咲線オリジナル駅看板」が根室駅ホームに設置された。看板には、温度計が付帯しており、JR北海道釧路支社では『花咲線に乗車し、根室駅に来られた観光客の皆さんに、花咲線沿線エ…
コメント:0

続きを読むread more

国交省「青函トンネル前後での貨物列車全面撤退案」断念。

今日は、「国交省“青函トンネル前後での貨物列車全面撤退案”断念」のニュースについて。国土交通省は、2030年度末の北海道新幹線札幌延伸時の高速化に向けて、有望視していた「青函トンネル前後での貨物列車全面撤退案」を断念し、貨物列車を一定程度残す方向で検討に入った。これについては、海上輸送など新たな輸送手段への切り替えを探ったが、農産品を本…
コメント:0

続きを読むread more

全国の鉄道ファンに隠れた人気の音威子府駅交通ターミナル「天北線資料室」。

今日は、「全国の鉄道ファンに隠れた人気の音威子府駅交通ターミナル“天北線資料室”」の話題を一つ。北海道で一番小さな村(人口743人)の音威子府村にあるJR宗谷本線の音威子府駅交通ターミナルの「天北線資料室」は、全国の鉄道ファンに隠れた人気の施設である。旭川から最北の稚内を結ぶJR宗谷本線には、かつて〈天北線・名寄本線・美幸線〉など、すで…
コメント:0

続きを読むread more

室蘭市青少年科学館の「SL移設日」決定。

続いては、「室蘭市青少年科学館の“SL移設日”決定」の話題を一つ。かねてから令和元年の夏に移設を実施するといわれていた室蘭市青少年科学館の「SL(D51形蒸気機関車560号機)」について、このたび「移設日」が決定した。全国の鉄道ファンの皆さん、中々見られない機会だと思うので、ぜひ、見に来ては。 ○移設日時 8月23日(金) 21…
コメント:0

続きを読むread more

JR宗谷本線・名寄駅で「名寄駅舎の歴史パネル展」好評開催中。

続いては、「JR宗谷本線・名寄駅で“名寄駅舎の歴史パネル展”好評開催中」の話題を一つ。JR宗谷本線の観光列車「風っこそうや号」の運行に合わせ、名寄駅多目的ルームで名寄駅舎の歴史に関する展示「名寄駅舎の歴史パネル展」が好評開催中である。これは、名寄市北国博物館が今年5月に開催した企画展・名寄駅舎と名寄本線の中から、名寄駅舎の歩みについての…
コメント:0

続きを読むread more

安平町・道の駅あびらD51ステーションで「鉄道資料館ミニSL運行」期間限定で実施。

今日は、「安平町・道の駅あびらD51ステーションで“鉄道資料館ミニSL運行”期間限定で実施」の話題を一つ。安平町・道の駅あびらD51ステーションでは、本物と同じ原理で走る小さなSL・ミニSLを走らせる「鉄道資料館ミニSL運行」を期間限定で実施するので、大人も子供もぜひ、この機会にSLの魅力に触れてみませんか。 ○運行日 8月18…
コメント:0

続きを読むread more

金森赤レンガ倉庫で「見て、遊んで、もっと鉄道が好きになる!~カネモリトレインフェスティバル2~」開催。

続いては、「金森赤レンガ倉庫で“見て、遊んで、もっと鉄道が好きになる!~カネモリトレインフェスティバル2~”開催」の話題を一つ。金森赤レンガ倉庫では、昨年に引き続き、「見て、遊んで、もっと鉄道が好きになる!~カネモリトレインフェスティバル2~」を開催する。主催者は、『鉄道にまつわる様々な催しや体験イベントが行われるので、鉄道ファンはもち…
コメント:0

続きを読むread more

道南いさりび鉄道「第8回はたらくのりもの大集合in函館」に出展。

今日は、「道南いさりび鉄道“第8回はたらくのりもの大集合in函館”に出展」の話題を一つ。道南いさりび鉄道では、働く乗り物と触れ合うことができるイベント「第8回はたらくのりもの大集合in函館」に今年も、出展する。これについて道南いさりび鉄道では、『今回も、車両の展示はないが、ブースを設けて顔出しパネルの記念撮影や、ペーパークラフト車両の配…
コメント:0

続きを読むread more

【懐かしの「鉄道跡地探訪記」〈3〉】

●道の駅しりうちと新幹線展望塔① ●道の駅しりうちと新幹線展望塔② ●新幹線展望塔 ●道の駅しりうちの駐車場からは北海道新幹線の架線しか見れない ●旧JR松前線の渡島知内駅跡(現函館バス知内営業所)前にある復元駅名標の「渡島知内駅」① ●旧JR松前線の渡島知内駅跡(現函館バス知内営業所)前にある復元駅名標の「渡島知内駅」② …
コメント:0

続きを読むread more

【懐かしの「鉄道跡地探訪記〈2〉】

●小公園にある「旧江差線レール」① ●小公園にある「旧江差線レール」② ●小公園にある「江差駅名標」① ●小公園にある「江差駅名標」② ●旧駅前にある「旧江差駅資料展示館・地域交流館」の外観 ●旧駅前にある「旧江差駅資料展示館・地域交流館」の内部① ●旧駅前にある「旧江差駅資料展示館・地域交流館」の内部② ●旧駅前にある「…
コメント:0

続きを読むread more

【懐かしの「鉄道跡地探訪記〈1〉】

旧盆の8月13日(火)、墓参りのため久しぶりに娘一家と函館から江差―松前―知内―木古内方面に行って来た。墓参りの帰り、最初に寄ったのが、旧JR江差線(平成26年5月12日廃止)の終着駅「旧江差駅跡」である。現在は、駅舎やホーム、線路はすべて撤去され、町営住宅が建っていた。駅舎跡の横は小公園になっていて、記念モニュメントとして駅名標・レー…
コメント:0

続きを読むread more

函館市企業局「平成30年度版 函館市電安全報告書」ホームページに掲載。

続いては、「函館市企業局“平成30年度版 函館市電安全報告書”ホームページに掲載」の話題を一つ。函館市企業局では、このたび「平成30年度版 函館市電安全報告書」をホームページに掲載した。函館市電の安全に対するハード面&ソフト面についてかなり詳細に述べられているので、興味のある方は、ぜひホームページを見てみては。 ●ホームページに掲…
コメント:0

続きを読むread more

木古内町で夏休み特別企画「クイズに答えて旧JR江差線鉄道レールをGET!」開催中。

続いては、「木古内町で夏休み特別企画“クイズに答えて旧JR江差線鉄道レールをGET!”開催中」の話題を一つ。新幹線の駅がある町木古内町では、夏休み特別企画として「クイズに答えて旧JR江差線鉄道レールをGET!」を開催している。全国の鉄道ファンの皆さん、貴重な実物レール2本がGETできるチャンスなので、ぜひ、参加してみては。 ○開催…
コメント:0

続きを読むread more

JR石北本線の白滝駅「開設90年を祝う式典」開催。

続いては、「JR石北本線の白滝駅“開設90年を祝う式典”開催」の話題を一つ。オホーツク海側の遠軽町の山あいにあるJR石北本線「白滝駅」で、駅が開設されてから90年を祝う「式典」が8月12日開催された。この「白滝駅」は、交通の便が悪いこの地方に昭和4年に開設され、道路の整備が進んだことなどから利用者が減る中でも、地域の玄関口として利用され…
コメント:0

続きを読むread more

青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸で「自動車航送写真展」開催中。

続いては、「青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸で“自動車航送写真展”開催中」の話題を一つ。青函連絡船の自動車航送の歴史を紹介する「写真展」が、青森市の青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸で開催されている。これは、青函連絡船の3等航海士として乗務していた川村さんが、趣味のカメラで撮影したもので、鉄道輸送という連絡船の主目的とは別の自動車航送…
コメント:0

続きを読むread more

函館市青函連絡船記念館摩周丸で「ちゃれんじ! 工作2019」開催中。

続いては、「函館市青函連絡船記念館摩周丸で“ちやれんじ! 工作2019”開催中」の話題を一つ。木製の連絡船などを作る子供向けの工作教室「ちゃれんじ! 工作2019」が、函館市青函連絡船記念館摩周丸で開催されている。これは、同館を運営するNPO法人語りつぐ青函連絡船の会が毎年実施している子供向けのイベントで、参加した子供たちは小さな部品の…
コメント:0

続きを読むread more

函館市青函連絡船記念館摩周丸、「来館者200万人達成」。

今日は、「函館市青函連絡船記念館摩周丸、“来館者200万人達成”」の話題を一つ。函館港に係留されている函館市青函連絡船記念館摩周丸は8月12日、平成3年の開館以来の来館者数が「200万人」を突破し、200万人目となった札幌市の会社員に摩周丸の写真パネルなど記念品が贈られた。同館によると、入館者数は平成13年度に100万人に達し、その後は…
コメント:0

続きを読むread more

JR札幌駅で「見る!遊ぶ!食べる!北海道・青森の観光・イベントパネル展」開催中。

今日は、「JR札幌駅で“見る!遊ぶ!食べる!北海道・青森の観光・イベントパネル展”開催中」の話題を一つ。JR北海道では、夏から冬にかけての北海道・青森のおすすめ観光・イベント情報を紹介する「見る!遊ぶ!食べる!北海道・青森の観光・イベントパネル展」を、JR札幌駅で開催中である。さまざまなスポットを写真や映像とともに紹介し、自治体発行のパ…
コメント:0

続きを読むread more

「令和元年度勝浦市平和展~戦時下の勝浦沖で沈んだまぼろしの青函連絡船・第九青函丸~」好評開催中。

続いては、「“令和元年度勝浦市平和展~戦時下の勝浦沖で沈んだまぼろしの青函連絡船・第九青函丸~”好評開催中」の話題を一つ。千葉県勝浦市では、今年も「勝浦市平和展」を開催、今年は近年その沈没の実態が明らかとなった「国鉄青函連絡船第九青函丸沈没事件」に関する資料展示と講演会を開催し、好評を博している。 〈資料展示〉 ○開催期間 7…
コメント:0

続きを読むread more

「北海道の数少ないジョイフルトレインに乗車!クリスタルエクスプレス貸切日帰りの旅」の参加者募集中。

続いては、「“北海道の数少ないジョイフルトレインに乗車!クリスタルエクスプレス貸切日帰りの旅”の参加者募集中」の話題を一つ。クラブツーリズムでは、9月28日・29日をもってラストランとなるクリスタルエクスプレスを使用した「北海道の数少ないジョイフルトレインに乗車!クリスタルエクスプレス貸切日帰りの旅」の参加者を募集している。 ○旅…
コメント:0

続きを読むread more

30年間ありがとう~クリスタルエクスプレス~ラストラン。

続いては、「30年間ありがとう~クリスタルエクスプレス~ラストラン」の話題を一つ。平成元年12月に営業運転を開始した「クリスタルエクスプレス」が、車両の老朽化等により令和元年9月に引退する。JR北海道では、これまでのご利用に感謝し、“札幌―富良野間”において2日間、ラストランを行う。全国の鉄道ファンの皆さん、ラストランに来ませんか。 …
コメント:0

続きを読むread more

JR宗谷本線・和寒駅で「開駅120周年記念企画展示」実施。

今日は、「JR宗谷本線・和寒駅で“開駅120周年記念企画展示”実施」の話題を一つ。JR宗谷本線の和寒駅は、本年で「開駅120周年」(明治32年11月15日開駅)を迎える。このためJR北海道旭川支社では、和寒町の協力を得て、和寒駅および和寒町交流施設・ひだまりにおいて「開駅120周年記念企画展示」を実施する。 ○実施期間 8月17…
コメント:0

続きを読むread more

釧路管内釧路町、ふるさと納税返礼品に「くしろ湿原ノロッコ号3点セット」追加。

続いては、「釧路管内釧路町、ふるさと納税返礼品に“くしろ湿原ノロッコ号3点セット”追加」の話題を一つ。JR釧網本線の臨時観光列車「くしろ湿原ノロッコ号」(釧路―塘路間)が今年で運行30周年を迎えたことを記念し、釧路管内釧路町は、ふるさと納税の返礼品にノロッコ号の乗車券などを盛り込んだ「3点セット」を加え、8月14日から寄付の受け付けを始…
コメント:0

続きを読むread more

タイの「北斗星牽引機関車・DD51形ディーゼル機関車支援」にクラウドファンディング開始。

続いては、「タイの“北斗星牽引機関車・DD51形ディーゼル機関車支援”にクラウドファンディング開始」の話題を一つ。寝台特急北斗星などを牽引し、引退後タイへ渡った2両の「DD51形ディーゼル機関車」に活躍してもらおうと、長崎県と北海道の鉄道愛好家が支援に乗り出す。これは、「DD51形ディーゼル機関車」の操作・維持管理方法が正しく現地に伝わ…
コメント:0

続きを読むread more

並行在来線“函館―長万部間”「今後20年間で修繕・更新に57億円必要」の試算出る。

続いては、「並行在来線・函館―長万部間“今後20年間で修繕・更新に57億円必要”の試算出る」の話題を一つ。JR北海道は、2030年度末の北海道新幹線札幌延伸時に同社から経営分離される並行在来線の函館本線“函館―長万部間”(総延長147.6㌔)について、2018年度~37年度の「20年間で橋や車両などの大規模修繕・更新に計57億円かかる」…
コメント:0

続きを読むread more

「函館水道130周年記念ラッピング電車」運行開始。

今日は、「“函館水道130周年記念ラッピング電車”運行開始」の話題を一つ。函館市電はこのたび、「函館水道130周年記念」をデザインした「ラッピング電車」の運行を始めた。超低床電車・らっくる号の車体に、デザインを担当した公立はこだて未来大学の学生が、函館市内の水道施設や観光名所のイラストなど描き、11月末まで運行するという。 ●この…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道釧路支社「第69回勝毎花火大会」に臨時・増結列車運転。

続いては、「JR北海道釧路支社“第69回勝毎花火大会”に臨時・増結列車運転」の話題を一つ。JR北海道釧路支社は、帯広市の十勝川河川敷特設会場で開催される「十勝毎日新聞創刊100年記念・第69回勝毎花火大会」に合わせ、8月13日(火)に臨時・増結列車を運転する。見学者は、利用してみては。 ●2019勝毎花火 臨時・増結列車運転時刻表
コメント:0

続きを読むread more

「全国高校生地方鉄道交流会 鉄輪ピック2019審査会」開催される。

今日は、「“全国高校生地方鉄道交流会 鉄輪ピック2019審査会”開催される」の話題を一つ。全国の高校生らが鉄道を通じた地域活性化のアイデアを競い合う「全国高校生地方鉄道交流会 鉄輪ピック2019」の審査会が8月3日、根室市内で開催され、4校がJR花咲線存続に向けた利用促進策を発表した。結果は、釧路高専鉄道同好会がJR北海道釧路支社長賞を…
コメント:0

続きを読むread more

【真夏のJR函館駅周辺&摩周丸記念館散策〈2〉】

●摩周丸記念館と可動橋① ●摩周丸記念館と可動橋② ●摩周丸記念館入口① ●摩周丸記念館入口② ●摩周丸記念館乗船口 ●摩周丸記念館横に昨年10月から暫定供用開始された「クルーズ船専用バース」① ●摩周丸記念館横に昨年10月から暫定供用開始された「クルーズ船専用バース」② ●摩周丸記念館の前部煙突① ●摩周丸記念館の前部…
コメント:0

続きを読むread more

【真夏のJR函館駅周辺&摩周丸記念館散策〈1〉】

8月1日(木)、函館港に係留されている函館市青函連絡船記念館摩周丸においてシンポジウムが開催され参加したのを機に、久しぶりに真夏のJR函館駅周辺や摩周丸記念館を散策してきた。この日は、函館開港160周年記念函館港まつりの初日ということもあり、かなりの観光客で賑わっていた。 ●JR函館駅① ●JR函館駅② ●JR函館駅③ ●J…
コメント:0

続きを読むread more

北斗市広報誌8月号で「北海道新幹線トンネル工事要対策土問題」を特集。

続いては、「北斗市広報誌8月号で“北海道新幹線トンネル工事要対策土問題”を特集」の話題を一つ。北斗市は8月2日に配布した市の広報誌8月号で、北海道新幹線のトンネル工事で発生する重金属などを含む「要対策土」について特集を組んだ。これは、八雲町で発生する「要対策土」受け入れの可否に関し『北海道の動向や市議会の意見を踏まえ、総合的に判断する』…
コメント:0

続きを読むread more

【シンポジウム「摩周丸とクルーズ船~保存船のある港―その価値と活用~」参加記〈2〉】

●シンポジウムの様子⑥(船の科学館の小堀学芸部調査役) ●シンポジウムの様子⑦ ●シンポジウムの様子⑧ ●シンポジウムの様子⑨(音楽評論家の湯川れい子さん) ●シンポジウムの様子⑩(世界的照明デザイナーの石井幹子さん) ●シンポジウムの様子⑪ ●懇親会の様子① ●懇親会の様子②
コメント:0

続きを読むread more

【シンポジウム「摩周丸とクルーズ船~保存船のある港―その価値と活用~」参加記〈1〉】

8月1日(木)、函館港に係留されている函館市青函連絡船記念館摩周丸で、シンポジウム「摩周丸とクルーズ船~保存船のある港―その価値と活用~」が開催され参加してきた。この日は、市民ら約30人が参加し、提言者として、音楽評論家の湯川れい子さん、JR東海の須田相談役、世界的照明デザイナーの石井幹子さん、船の科学館の小堀学芸部調査役等が出席し、基…
コメント:0

続きを読むread more

北海道胆振東部地震によるJR室蘭本線および日高本線の「徐行運転解除」のお知らせ。

続いては、「北海道胆振東部地震によるJR室蘭本線および日高本線の“徐行運転解除”のお知らせ」の話題を一つ。北海道胆振東部地震によるJR室蘭本線(遠浅―追分―三川間)および日高本線(勇払―鵡川間)の徐行運転に伴い、列車の遅れが発生し、利用客にはご迷惑をかけていたが、このほど、補修を実施した箇所の線路の状態が改善し、「徐行運転解除」の見通し…
コメント:0

続きを読むread more

JR釧路駅の「コンコース一部リニューアル」実施。

続いては、「JR釧路駅の“コンコース一部リニューアル”実施」の話題を一つ。JR釧路駅では、これまでの駅構内のレイアウトを見直し、道東の玄関口としてさらに快適に利用できるよう、「コンコースの一部リニューアル」を実施するという。 〈リニューアル概要〉 ○「待合室」の移転・拡張(10月上旬供用開始予定) 1番線を望める大きな窓とカウ…
コメント:0

続きを読むread more

根室市で「全国高校生地方鉄道交流会 鉄輪ピック2019」開幕む。

続いては、「根室市で“全国高校生地方鉄道交流会 鉄輪ピック2019”開催」の話題を一つ。全国の高校生らが鉄道を通じた地域活性化のアイデアを競い合う「全国高校生地方鉄道交流会 鉄輪ピック2019」が8月1日、根室市で開幕した。JR北海道が『単独では維持困難』とする花咲線(釧路―根室間)の沿線を調査し、最終日の3日に路線存続に向けた利用促進…
コメント:0

続きを読むread more

網走市、JR使い網走泊「2千円割引サービス」実施。

今日は、「網走市、JR使い網走泊“2千円割引サービス”実施」の話題を一つ。網走市はJR石北本線(新旭川―網走間)と釧網本線(東釧路―網走間)の利用者を増やそうと、鉄道を利用して市内に宿泊する観光客に対する「2000円割引サービス」を8月1日から始めた。この取り組みは2年目で、今年から対象のパスを増やした。利用方法は、網走市内のホテルや旅…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道の「ご当地入場券」、来月末で販売終了。

続いては、「JR北海道の“ご当地入場券”、来月末で販売終了」の話題を一つ。JR北海道は7月31日、沿線自治体の鉄道風景などをデザインした「JR北海道わがまちご当地入場券」の販売を、9月末で終了すると発表した。これは、平成29年夏の取扱い開始から2年がたち販売ペースが落ちているためで、企画を一新することにした。ちなみに販売枚数は、7月29…
コメント:0

続きを読むread more

室蘭市青少年科学館の「SL白鳥号」、8月23日夜に旧室蘭駅舎横に移設。

今日は、「室蘭市青少年科学館の“SL白鳥号”、8月23日夜に旧室蘭駅舎横に移設」の話題を一つ。室蘭市教委は7月31日、市青少年科学館の屋外で展示中の「SL白鳥号」について、8月23日夜に約1.4㌔先の旧室蘭駅舎横に移設する作業を行うと発表した。この日は、多数の市民や鉄道ファンが集まることを見込み、4カ所に臨時駐車場を設けるという。ちなみ…
コメント:0

続きを読むread more