343 国鉄の「地域間急行貨物システム」。

国鉄の「地域間急行貨物システム」とは、貨物輸送においては、到着日時の明確化と速達とは不可欠の条件となっていて、国鉄では輸送方式の近代化策として、これらの条件を満たす列車の拡大を推進していて、昭和43年10月に発足した“地域間急行列車”は、少量で分散的な一般車扱貨物の速達と到着日時の明確化を図ることを主眼とした輸送方式である。この列車の輸…
コメント:0

続きを読むread more

〈最近購入した鉄道関係本30〉釧路市立博物館ブックレット~尺別駅と直別駅~。

今回紹介する本は、令和元年9月15日に釧路市立博物館友の会から発売された「釧路市立博物館ブックレット~尺別駅と直別駅~」(定価税込500円・43ページ)である。この本は、釧路市立博物館の石川学芸員が編著者で、前書きには『平成31年3月16日、JR根室本線の尺別駅・直別駅が廃止されました。炭鉱会社の請願で大正9年に開駅、石炭とともにあゆん…
コメント:0

続きを読むread more