〔〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線の現況〕久しぶりにSL牽引の「貨物列車」登場。

北海道の山間のローカル線・国鉄山下線に、久しぶりにD51形蒸気機関車牽引の7両編成の「貨物列車」が登場した。貨車の編成は、〈ワム80000形〉が4両、〈ワムフ100形〉が3両である。この〈ワムフ100形〉は、昭和26年7月18日に帝国車両にて60両、昭和28年4月24日に日立製作所にて10両が新規製作された。その後、昭和28年度貨車更新修繕通達により、15両のワムフ1形を改造し本形式に編入された。さらに、翌昭和29年度貨車更新修繕通達により、13両のワムフ1形を改造し本形式に編入された。そして、昭和30年7月14日に10両が新規製作され、合計118両が在籍した。ワムフ1形からの改造車は、扉にも窓があり、構造はワムフ1形に準ずるが、荷重15t積の有蓋緩急車で貨物室を縮小し、便所と洗面所を設け、台車は乗り心地の面からTR24である。ちなみに本系列は、昭和25年からワキ1形・ワムフ1形と共に急行小口扱列車で使用され、設定に際してはオレンジ色の帯や“急行便”表記が追加された。しかし、2段リンク式走り装置を使用した2軸車が増加すると速度面でも遜色がなくなり、昭和40年9月にはオレンジ色の帯や“急行便”表記が廃止された。その後は単なる大型汎用有蓋車として使われ、昭和46年から廃車が始まり、ワキ1000形は昭和59年に全廃され、この〈ワムフ100形〉も昭和61年に全廃された。

●久しぶりにSL牽引の「貨物列車」登場①PB150541.JPG
●久しぶりにSL牽引の「貨物列車」登場②PB150542.JPG
●久しぶりにSL牽引の「貨物列車」登場③PB150543.JPG
●久しぶりにSL牽引の「貨物列車」登場④PB150545.JPG
●国鉄時代の「ワムフ100形」PB150553.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント