「岩見沢赤電保存会」会員募集中。

続いては、「“岩見沢赤電保存会”会員募集中」の話題を一つ。「岩見沢赤電保存会」では、広く会員を募集している。全国の鉄道ファンの皆さん、「赤電」保存のため会員になってみては。

〈岩見沢赤電保存会とは?〉
岩見沢市栗沢町上幌に保存された「711赤い電車」を、末永く良好な状態で維持・管理するとともに、地域活動の場としての役割を担う施設として保存運営していくことを通し、歴史的・文化的に貴重な車両を後世に残し、北海道の鉄道車両の歴史継承、並びにかつて、鉄道の街岩見沢として歩んできた地域アイデンティティの復権に寄与することを目的に設立した保存会である。

〈711赤い電車とは?〉
昭和42年に設計・開発された日本初の量産近郊型交流電車であり、徹底した耐寒耐雪機能を考慮した初の北海道向け電車である。長年にわたり大勢の人々を乗せ続け、平成27年3月13日に老朽化のため全車廃止となった。鉄道ファンにとっても大変貴重な電車であると共に、『この電車で通学していた』、『この電車で仕事に通っていた』など、多くの人々に思い出と共に親しまれた電車で、その引退には特別な想いを抱いていた人も多いのではないでしょうか。

〈保存の経過〉
47年間の長きにわたり親しまれた貴重な電車を、何とか解体から守ることができないか?北海道鉄道観光資源研究会が車両の購入・保全に名乗りを上げた。そして最大の懸念事項である設置場所の提供および保存・移設に関わる整備等一切の費用は、岩見沢市栗沢町上幌に新しくできるファームレストラン大地のテラスを経営する(株)道下産地の全面的な応援を得られることにより、かつて、“鉄道の街”として発展した岩見沢で余生を送ることが決まったのである。そして、購入・移設・設置場所整備に関わる資金を調達するため、全国からインターネットを経由して協力を仰ぐことができるクラウドファンディングで目標金額を2340000円に設定した。そして、この赤い電車の価値に賛同していただいた全国からの協力により、あっという間に当初目標金額を達成、4月15日の最終期日までに4129000円という協力資金が集まり、平成27年8月4日、無事に現在の場所が安住の地となったのである。

〈入会案内〉
「711赤い電車」の保存について、今後末永く維持・管理していくため「岩見沢赤電保存会」では広く会員を募集している。「岩見沢赤電保存会」の活動に賛同して入会する方は、ホームページの規約を読み、入会申込フォームに入力の上、年会費3000円を納入をする。

〈申込&問合せ先〉
〒068-0112
北海道岩見沢市栗沢町上幌2203
  (株)道下産地内
 岩見沢赤電保存会事務局

●静態保存されている「711赤い電車」PB230591.JPG











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント