「キハ40形山紫水明シリーズ運行開始記念~北の40記念入場券~」発売。

続いては、「“キハ40形山紫水明シリーズ運行開始記念~北の40記念入場券~”発売」の話題を一つ。JR北海道では、道内の在来線ほぼ全線で活躍してきたキハ40形気動車が、登場から40余年が経過し、来年のダイヤ改正以降、函館本線(長万部―小樽間)を皮切りに、新型車両への置き換えを計画している。その一方、昨年デビューした“北海道の恵みシリーズ”4両のほか、今年は“山紫水明シリーズ”として、内外装を一新した山明号・紫水号が新たな活躍を始めた。今回はこれを記念し、道内各地で運行するキハ40形をデザインした「北の40記念入場券」を発売する。なお、「記念入場券」は道内5つの車両基地に所属するさまざまなキハ40形のバリエーションを図柄とし、定期列車として運行している区間の主な駅、24駅で発売する。全国の鉄道ファンの皆さん、駅ごとに異なるデザインの「記念入場券」をゲットしませんか。

○発売期間
12月4日(水)~8月末日まで
○発売価格
1枚200円
○発売駅
JR函館駅他23駅
○発売枚数
発売枚数の限定はないが、一時的に在庫切れの場合有
○その他
・郵送での発売不可
・詳細については、JR北海道ホームページ特設サイト参照のこと

●「北の40記念入場券」のイメージPB300633.JPG

○キャンペーンの実施
〈第1弾「北の復刻40リクエスト」〉
キハ40形の誕生から40余年。その歴史の中で、キハ40形とともに活躍した名車の塗色をキハ40形で再現し、キハ40形が輝いていた時代の記憶を蘇らせる「北の復刻40リクエスト」を実施する。そして、6種類の候補の中から、実現させたい塗色を選んでリクエストし、2020年秋以降、キハ40形1両を最多得票となった塗色に塗り替えて運行する。ちなみに応募方法は、「北の40記念入場券」に付いている応募券を3駅分集めて、郵便はがきに貼り付けて2020年3月末まで応募すること。詳細については、JR北海道ホームページ特設サイト参照のこと。

●「車体塗色候補6車両」のイメージPB300636.JPG

〈第2弾「列車種別幕プレゼント」〉
2020年4月以降に運用を終了するキハ40形車両より取り下ろした「前面種別表示幕」(1コマ分にカットしたもの)を、抽選で40名にプレゼントする。ちなみに応募方法は、「北の40記念入場券」に付いている応募券を3駅分集めて2020年4月以降、郵便はがきに貼り付けて応募すること。詳細については、JR北海道ホームページ特設サイト参照のこと。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント