JR北海道釧路支社、年明けに観光列車「SL冬の湿原号」運転。

続いては、「JR北海道釧路支社、年明けに観光列車“SL冬の湿原号”運転」の話題を一つ。JR北海道釧路支社では、年明けに観光列車「SL冬の湿原号」を運転する。全国の鉄道ファンの皆さん、JR北海道唯一のSLに乗りに来ませんか。

○運転日
2020年1月25日(土)・26日(日)、2月1日(土)~11日(火祝)、14日(金)~16日(日)、21日(金)~24日(月振休)、29日(土)・3月1日(日)の22日間
○運転区間
釧路駅―標茶駅間(1日1往復)
○運賃(片道)
大人1名2130円(子ども半額・全車指定席)
○運転時刻
釧路発11:05―東釧路―釧路湿原―塘路―茅沼―標茶着12:35・発14:00―茅沼―塘路―釧路湿原―東釧路―釧路着15:40
○列車編成
SL(C11形蒸気機関車171号機)+客車5両
○お楽しみポイント
・昔懐かしい「ダルマストーブ」
・車窓からの冬の釧路湿原大パノラマ
・乗客全員に上り・下りそれぞれ違うデザインの「乗車証明書」プレゼント
・「ネイチャーガイド」乗車
・レトロな制服の車掌とナッパ服の機関士が乗務

●観光列車「SL冬の湿原号」のチラシPB050490.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント