JR北海道「今冬期の取り組みについて」公表。

続いては、「JR北海道“今冬期の取り組みについて”公表」の話題を一つ。JR北海道では、北海道の厳しい冬にも乗客に安心して利用いただけるよう、さまざまな「取り組み」を行っているが、このたび、北海道新幹線と在来線における「今冬期の取り組みについて」を公表した。 〈冬期の安全対策について〉 ○人力による除雪作業 ・駅構内のポイント除…
コメント:0

続きを読むread more

「キハ40形山紫水明シリーズ運行開始記念~北の40記念入場券~」発売。

続いては、「“キハ40形山紫水明シリーズ運行開始記念~北の40記念入場券~”発売」の話題を一つ。JR北海道では、道内の在来線ほぼ全線で活躍してきたキハ40形気動車が、登場から40余年が経過し、来年のダイヤ改正以降、函館本線(長万部―小樽間)を皮切りに、新型車両への置き換えを計画している。その一方、昨年デビューした“北海道の恵みシリーズ”…
コメント:0

続きを読むread more

今年の冬も「函館駅前イルミネーション」点灯。

今日は、「今年の冬も“函館駅前イルミネーション”点灯」の話題を一つ。JR函館駅前広場を約12万個の発光ダイオード電球で彩る年末恒例の「イルミネーション」の試験点灯が11月29日行われた。ちなみに点灯は、30日から来年2月29日までの日没から午後10時まで行われ、同じ期間に西部地区など市内の各観光名所で開催されるイルミネーションと連動し、…
コメント:0

続きを読むread more

〔〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線の現況〕冬本番を前に「ラッセル車(キ100形貨車)」登場。

北海道の山間のローカル線・国鉄山下線に、冬本番を前に「ラッセル車」が登場した。国鉄時代に冬の北海道の鉄路を守ったのが、この「ラッセル車(キ100形貨車)」である。「ラッセル車」は、かつては全道の機関区や主要駅には必ず配置されていた除雪車である。雪との闘いは、昔も今も変わらない北国の宿命である。 ●出動を前に準備に余念がない「ラッセ…
コメント:0

続きを読むread more

「函館市電初詣無料電車」今年も運行。

今日は、「“函館市電初詣無料電車”今年も運行」の話題を一つ。函館市企業局交通部では、今年も「函館市電初詣無料電車」を運行する。全国の路面電車ファンの皆さん、初詣は「無料電車」に乗って函館で過ごしてみませんか。 ●函館市電 ●初詣無料電車運行時刻表(湯の川発―谷地頭・函館どつく前方面行き&谷地頭・函館どつく前発―湯の川方面行き)
コメント:0

続きを読むread more

〔〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線の現況〕懐かしの急行「松前」登場。

北海道の山間のローカル線・国鉄山下線に、懐かしの急行「松前」が登場した。この急行「松前」は、昭和38年12月1日に、函館本線―江差線―松前線を経由して“函館―松前間”を結ぶ準急列車として、「松前」が新設された。そして、昭和43年10月1日には急行列車に格上げされ、“函館―松前間”を2時間8分で結んだ。列車編成は1両編成だが、“函館―木古…
コメント:0

続きを読むread more

354 今日は何の日?北海道初の「官営幌内鉄道」が開業。

今日は何の日?今日11月28日は、北海道初の「官営幌内鉄道(小樽・手宮―札幌間)」が開業した日である。この「官営幌内鉄道」は、北海道開拓使の運営で、後の手宮線(昭和60年廃止)や幌内線(昭和62年廃止)などを建設した。その歴史は古く、明治13年1月に、小樽市内の若竹第3隧道で建設工事着工、今日11月28日、“手宮駅―開運町駅―札幌駅間”…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「札沼線5駅記念入場券」発売。

今日は、「JR北海道“札沼線5駅記念入場券”発売」の話題を一つ。JR北海道は、来年の5月7日をもって廃止される札沼線(北海道医療大学―新十津川間・47.6㌔)の「5駅(新十津川駅・浦臼駅・石狩月形駅・石狩当別駅・桑園駅)記念入場券(駅カード付)」を発売する。全国の鉄道ファンの皆さん、記念に購入しては。 ○発売期間 12月1日(日…
コメント:0

続きを読むread more

353 北海道内を走った「シキ800形」。

京都鉄道博物館では、11月16日から24日まで特別展が開催され、最終日の24日には、日本通運の貨車「シキ800形」のお別れセレモニーが開催されたという。この「シキ800形」は、〈大物車〉と呼ばれる貨車で、日本通運の私有貨車として昭和48年に製造され、おもに、大型変圧器の輸送を担ってきた。荷受梁はガーダー(橋桁)構造で、側面幅は変圧器の幅…
コメント:0

続きを読むread more

特急「ライラック旭山動物園号」に乗って旭山動物園へ行こう!

続いては、「“ライラック旭山動物園号”に乗って旭山動物園へ行こう!」の話題を一つ。JR北海道では、“札幌―旭川間”を運転する特急「ライラック」を、特急「ライラック旭山動物園号」として年明けから運転する。全国の親子連れの皆さん、旭山動物園へは、特急「ライラック旭山動物園号」に乗って行ってみよう。 ○運転日 令和2年1月11日(土)…
コメント:0

続きを読むread more

日本郵便北海道支社、オリジナルフレーム切手「さよなら、石炭列車」販売。

今日は、「日本郵便北海道支社、オリジナルフレーム切手“さよなら、石炭列車”販売」の話題を一つ。日本郵便北海道支社は、オリジナルフレーム切手「太平洋石炭販売輸送臨港線~さよなら、石炭列車~」を販売する。全国の鉄道ファンの皆さん、記念にいかがですか。 ○販売開始日 12月2日(月)~ ○販売額 1シート1400円 ○セット内容…
コメント:0

続きを読むread more

道南いさりび鉄道の「夜景列車」今年の運行始まる。

続いては、「道南いさりび鉄道の“夜景列車”今年の運行始まる」の話題を一つ。車内の明かりを暗くして車窓からの夜景を楽しむ道南いさりび鉄道の「夜景列車」の運行が、11月24日から始まった。この日乗った乗客は、海沿いに見える函館市街の夜景やイカ釣り漁船のいさり火などを楽しんでいた。ちなみに運行は、12月20日までの毎週金・日曜日と21日から2…
コメント:0

続きを読むread more

札幌市電の「雪ミク電車」一般公開される。

今日は、「札幌市電の“雪ミク電車”一般公開される」の話題を一つ。札幌発の仮想アイドル歌手・初音ミクの冬季版・雪ミクで車体をラッピングした札幌市電の「雪ミク電車」が11月24日、一般公開され、熱心なファンら約500人が記念撮影しながら、魅力を堪能した。この「雪ミク電車」は、平成22年から毎年運行、今回の衣装は楽器をテーマにした青が基調のデ…
コメント:0

続きを読むread more

352 解体一転、保存された「函館市電722号車」。

かつて、函館市企業局が廃車車両の一般競争入札を公告したが、期日までに1件も申し込みがなかったので、解体する方針でいたが、一転、市内西桔梗町の竹田運輸が同局に購入を打診、解体一転、保存された車両が、この「函館市電722号車」である。この「「函館市電722号車」は、昭和34年~同37年導入の710形の1両で、超低床電車・らっくる号の3編成目…
コメント:0

続きを読むread more

「岩見沢赤電保存会」会員募集中。

続いては、「“岩見沢赤電保存会”会員募集中」の話題を一つ。「岩見沢赤電保存会」では、広く会員を募集している。全国の鉄道ファンの皆さん、「赤電」保存のため会員になってみては。 〈岩見沢赤電保存会とは?〉 岩見沢市栗沢町上幌に保存された「711赤い電車」を、末永く良好な状態で維持・管理するとともに、地域活動の場としての役割を担う施設…
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線札幌延伸工事「要対策土」受け入れ地探し難航。

続いては、「北海道新幹線札幌延伸工事“要対策土”受け入れ地探し難航」のニュースについて。2030年度末の北海道新幹線札幌延伸に伴うトンネル工事で発生する掘削土のうち、ヒ素など重金属を含む「要対策土」が全体で670万立方㍍に上り、このうち受け入れ先が確保されている量は26%の176万立方㍍にとどまることが、建設主体の鉄道建設・運輸施設整備…
コメント:0

続きを読むread more

JR留萌本線存続願い、統一マーク「JRに乗り続け隊」作製。

今日は、「JR留萌本線存続願い、統一マーク“JRに乗り続け隊”作製」の話題を一つ。空知管内沼田町のJR留萌本線対策室は、JR北海道が廃止・バス転換を求める留萌本線の存続に向けた統一マーク「JRに乗り続け隊」を作製した。これは、沼田町臨時職員が考案し、円形のマークの中央には留萌本線をモチーフにした列車を配置、列車の周囲には“線路が運ぶ、み…
コメント:0

続きを読むread more

なよろサンピラーユースホステル「宗谷本線ラッセル車撮影ツアー&ガイド」の参加者募集中。

続いては、「なよろサンピラーユースホステル“宗谷本線ラッセル車撮影ツアー&ガイド”の参加者募集中」の話題を一つ。なよろサンピラーユースホステルでは、今年も「宗谷本線ラッセル車撮影ツアー&ガイド」の参加者を募集中である。全国の撮り鉄ファンの皆さん、全国でも珍しい日中に定時で走っている「DE15形ラッセル車」を撮影しに来ませんか。 〈…
コメント:0

続きを読むread more

道の駅・しりうちの「新幹線展望塔」などにイルミネーション点灯される。

今日は、「道の駅・しりうちの“新幹線展望塔”などにイルミネーション点灯される」の話題を一つ。知内町は11月21日、道の駅・しりうちで、「新幹線展望塔」などに飾り付けたイルミネーションの点灯式を行った。高さ約12㍍の展望塔上部から吊り下げられた青色の発光ダイオードなどに光がともると参加者から歓声が上がった。このイルミネーションは、にぎわい…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション688 〈Nゲージ〉国鉄セキ3000形貨車(2両セット・北海道内用)〕

今回紹介するのは、KOTOから発売された旧製品の〈Nゲージ〉「国鉄セキ3000形貨車(2両セット・北海道内用)」である。この貨車は、国鉄が昭和26年から製造した30t積の石炭車である。その後、石炭車の脱線事故が多発したことを受け、昭和43年10月1日の国鉄ダイヤ改正以降は、速度制限運用車に指定され、側面に最高速度65㎞/h以下を示す黄色…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション687 〈Nゲージ〉国鉄キハ56系気動車+国鉄キハ27系気動車〕

今回紹介するのは、KOTOから発売された旧製品の〈Nゲージ〉「国鉄キハ56系気動車+国鉄キハ27系気動車」の2両である。 (国鉄キハ56系気動車) この気動車は、国鉄が昭和36年から北海道向けに設計・製造した急行形気動車である。 (国鉄キハ27系気動車) この気動車は、昭和36年から昭和43年にかけて合計102両製造された気…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション686 〈Nゲージ〉国鉄181系電車+国鉄電車サシ481形+国鉄電車サロ481形〕

今回紹介するのは、KOTOから発売された旧製品の〈Nゲージ〉「国鉄181系電車+国鉄電車サシ481形+国鉄電車サロ481形」の3両である。 (国鉄181系電車) この電車は、国鉄が設計・製造した直流用特急形電車である。 (国鉄電車サシ481形) この電車は、485系シリーズの食堂車で、往年の編成には必ず1両が組み込まれていた。 …
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション685 〈Nゲージ〉国鉄オハ35系戦後形客車〕

今回紹介するのは、KOTOから発売された旧製品の〈Nゲージ〉「国鉄オハ35系戦後形客車」である。日本国有鉄道の前身である鉄道省が、昭和4年より製造が開始された鉄道省制式20m級鋼鉄客車であるスハ32系客車の改良型として、昭和14年より各車種が製造された。 ●〈Nゲージ〉国鉄オハ35系戦後形客車
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション684 〈Nゲージ〉国鉄オハフ33系ブルー戦後形客車〕

今回紹介するのは、KOTOから発売された旧製品の〈Nゲージ〉「国鉄オハフ33系ブルー戦後形客車」である。このオハ35系は、戦前の国鉄を代表する客車形式のひとつで、実に2000両以上が量産され、国内の客車では最多両数を誇る系列である。ちなみにこのブルー客車は、更新車両である。 ●〈Nゲージ〉国鉄オハフ33系ブルー戦後形客車
コメント:0

続きを読むread more

道南いさりび鉄道、観光客に大好評の「夜景列車」今年も運行。

今日は、「道南いさりび鉄道、観光客に大好評の“夜景列車”今年も運行」の話題を一つ。道南いさりび鉄道では、風光明媚な区間でもある“上磯―札苅間”で、車窓に拡がる函館山の横夜景や津軽海峡の夜景・漁り火・街灯りなどを見ながら夜汽車の雰囲気を楽しんでもらおうと、今年も「夜行列車」を運行する。全国の鉄道ファンの皆さん、今では珍しい夜汽車の雰囲気を…
コメント:0

続きを読むread more

351 北見市内の「個人所有鉄道車両」(7両)。

北見市内の薄荷会館の斜め前の個人宅敷地内に、今では非常に珍しい「鉄道車両」7両が静態保存されてる。一応、非公開とはなっているが、敷地外の公道から見ることはできる。ちなみに車種は、〔除雪用ディーゼル機関車ロータリー型(DD14形312)・キハ27形36・ジョルダン式雪かき車(キ700形式754)・ラッセル車(キ100形式229)・郵便車(…
コメント:0

続きを読むread more

名寄市ふるさと納税返礼品は「SL排雪列車・キマロキグッズセット」。

今日は、「名寄市ふるさと納税返礼品は“SL排雪列車・キマロキグッズセット”」の話題を一つ。全国で唯一「SL排雪列車・キマロキ」が完全な姿で屋外展示されている名寄市では、ふるさと納税に10000円以上寄付した返礼品に「SL排雪列車・キマロキグッズセット(キマロキてぬぐい1本&キマロキ箸2膳)」を、送っている。全国の鉄道ファンの皆さん、ふる…
コメント:0

続きを読むread more

350 最北の駅「JR稚内駅」。

「JR稚内駅」は、日本国内の最北端にある鉄道駅で、ホームに列車が到着すると自動音声放送“日本最北端の駅、終点稚内駅到着です”が流れる。また、駅窓口では〈日本最北端の駅来駅証明書付き記念入場券〉を発売している。なお、日本国内最南端のみどりの窓口設置駅となる鹿児島県の指宿駅と“姉妹駅提携”を結んでいる。また、平成7年9月4日に深名線が廃止さ…
コメント:0

続きを読むread more

小田急線千歳船橋駅の駅メロに「知床旅情」採用。

今日は、「小田急線千歳船橋駅の駅メロに“知床旅情”採用」の話題を一つ。小田急電鉄は、東京都世田谷区船橋にある小田急線千歳船橋駅の列車接近を告げるメロディーとして「知床旅情」を11月24日から採用する。これは、この船橋地区は国民的俳優だった森繫久弥さんが平成21年11月に96歳で亡くなるまで約60年間暮らした土地で、地元住民らの呼びかけで…
コメント:0

続きを読むread more

旭山動物園に「旭山動物園号ひろば」オープン。

今日は、「旭山動物園に“旭山動物園号ひろば”オープン」の話題を一つ。昨年3月に運行を終えたJR北海道の臨時特急・旭山動物園号の車内を再現した施設「旭山動物園号ひろば」が11月17日、旭川市の旭山動物園にオープンした。臨時特急・旭山動物園号は、夏休みなどを中心に札幌から旭川の間を走り、平成19年の運行開始から32万7千人が乗車したが、車両…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道、新たな観光列車「山紫水明号」を使用した初の団体ツアー実施。

続いては、「JR北海道、新たな観光列車“山紫水明号”を使用した初の団体ツアー実施」の話題を一つ。JR北海道は11月16日、新たな観光列車「山紫水明号」(2両編成)を使用した初の団体ツアー『山紫水明号で行く札沼線への旅』を札沼線を含む“札幌―石狩月形間”で実施された。今回使用された車両は、昭和55年製造の〈キハ40形気動車〉を改装した「山…
コメント:0

続きを読むread more

沼田町で「まちづくりの視点からみた鉄道を考えるシンポジウム」開催。

今日は、「沼田町で“まちづくりの視点からみた鉄道を考えるシンポジウム”開催」の話題を一つ。JR留萌本線の存廃に揺れる空知管内沼田町は、沼田町観光協会と共催で、「まちづくりの視点からみた鉄道を考えるシンポジウム」を開催する。 ○開催日時 11月24日(日) 13:30~ ○会場 町生涯学習総合センターゆめっくる ○参加料 …
コメント:0

続きを読むread more

〔〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線の現況〕久しぶりにSL牽引の「貨物列車」登場。

北海道の山間のローカル線・国鉄山下線に、久しぶりにD51形蒸気機関車牽引の7両編成の「貨物列車」が登場した。貨車の編成は、〈ワム80000形〉が4両、〈ワムフ100形〉が3両である。この〈ワムフ100形〉は、昭和26年7月18日に帝国車両にて60両、昭和28年4月24日に日立製作所にて10両が新規製作された。その後、昭和28年度貨車更新…
コメント:0

続きを読むread more

JR札幌駅「11番ホーム新設」。

今日は、「JR札幌駅“11番ホーム新設”」のニュースについて。札幌市が11月14日に開いた都市計画審議会で、2030年度末の北海道新幹線札幌延伸に伴うJR札幌駅への「ホーム新設」により、札幌駅の駅舎が北側に約6㍍拡張されることが明らかになった。これにより、新ホーム下に位置する駅北口の東西連絡通路は、一部区間が改札内の待合所などになるため…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション683 〈Nゲージ〉国鉄キハ28形ディーゼル動車他3両(4両)〕

今回紹介するのは、(株)トミーテックから発売された旧製品の〈Nゲージ〉「国鉄キハ28形ディーゼル動車他3両」(4両)である。この気動車は、非電化区間のスピードアップを図るため、昭和36年から製造された急行用のディーゼルカーで、車幅は在来の準急形より広げ、客室設備を充実させている。運用は、北海道を除く全国で活躍し、エンジン1基片台車駆動で…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション682 〈Nゲージ〉国鉄キユ25形ディーゼル動車〕

今回紹介するのは、(株)トミーテックから発売された旧製品の〈Nゲージ〉「国鉄キユ25形ディーゼル動車」である。この気動車は、昭和39年にキハ28に準じて造られ、気動車としては唯一の郵政省所有の郵便専用車てある。塗装も急行色で、ユニットクーラーつきで、全車、四国に配備された。 ●〈Nゲージ〉国鉄キユ25形ディーゼル動車
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション681 〈Nゲージ〉国鉄183系ディーゼル動車他(2両)〕

今回紹介するのは、(株)トミーテックから発売された旧製品の〈Nゲージ〉「国鉄183系ディーゼル動車」他1両である。この車両は、スラントノーズスタイルの斬新なデザインを取り入れた特急列車先頭車で、JR北海道の特急で活躍した。 ●〈Nゲージ〉国鉄183系ディーゼル動車他(2両)
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション680 〈Nゲージ〉国鉄485系電車他2両(3両)〕

今回紹介するのは、KATOから発売された旧製品の〈Nゲージ〉特急白鳥の先頭車「国鉄485系電車」他2両である。特急白鳥は、JR東日本およびJR西日本が、かつて“大阪―青森間”・“直江津―上野間”で運行していた特急列車で、平成13年のダイヤ改正で廃止された。 ●〈Nゲージ〉国鉄485系電車他2両
コメント:0

続きを読むread more

道の駅あびらD51ステーション「営業時間変更」。

続いては、「道の駅あびらD51ステーション“営業時間変更”」のニュースについて。今年の4月にオープンし、道内はもとより全国の鉄道ファンに大人気の、安平町にある道の駅あびらD51ステーションの「営業時間」が、11月1日(金)から冬季の営業時間に変更になった。 ○冬季営業時間 11月1日(金)~令和2年3月31日(火)まで 9:00…
コメント:0

続きを読むread more

349 急行「えりも」。

JR日高本線(苫小牧―様似間・146.5㌔)の“鵡川―様似間”(116㌔)は、高波被害の復旧工事に多額の費用がかかるとのことで、このたび廃止・バス転換を前提にJR北海道と交渉していくことが沿線7町の会議で決まり、廃止が決定的となった。この路線にはかつて、札幌発着の急行「えりも」という列車が走っていた。この列車は、昭和34年6月に不定期列…
コメント:0

続きを読むread more

JR花咲線、「いつもの列車で観光気分~見どころを音声ガイドでご案内~」サービス。

続いては、「JR花咲線、“いつもの列車で観光気分~見どころを音声ガイドでご案内~”サービス」の話題を一つ。JR花咲線(釧路―根室間)では、「いつもの列車で観光気分~見どころを音声ガイドでご案内~」のサービスを各列車で実施している。この「音声ガイド」は、スマートフォンやタブレットで無料アプリをダウンロードして、本アプリを立ち上げることで、…
コメント:0

続きを読むread more

函館市電の「ササラ電車」試運転。

続いては、「函館市電の“ササラ電車”試運転」の話題を一つ。函館市電の除雪専用車「ササラ電車」の試運転が11月13日、“駒場車庫前―五稜郭公園前”の両電停間で行われ、本格的な降雪期が迫る中、巨大なブラシ・ササラの動きなどを確認した。この「ササラ電車」は、明治期に客車として製造され、昭和12年に除雪専用車に改造された。細かく割った長さ20㌢…
コメント:0

続きを読むread more

JR根室本線“東鹿越―新得間不通区間復旧”なら「年間9億8千万円赤字」。

今日は、「JR根室本線・東鹿越―新得間不通区間復旧なら“年間9億8千万円赤字”」のニュースについて。JR北海道副社長は11月13日、上川管内南富良野町長に、同社が廃止・バス転換を提案している根室本線“富良野―新得間”で、平成28年8月30日の台風10号による不通区間を復旧して運行開始した場合、「年間9億8千万円の赤字」が見込まれるとの試…
コメント:0

続きを読むread more

「道南トロッコ鉄道」今年度の営業終了。

続いては、「“道南トロッコ鉄道”今年度の営業終了」の話題を一つ。渡島管内木古内町の旧JR江差線・渡島鶴岡駅にある「道南トロッコ鉄道」の今年度の営業が11月10日(日)をもって終了した。なお、来年度の営業は4月18日(土)午前10時からとのことである。 ●今年も全国の鉄道ファンに大人気だった「道南トロッコ鉄道」
コメント:0

続きを読むread more

「りくべつ鉄道」今年度の営業終了。

続いては、「“りくべつ鉄道”今年度の営業終了」の話題を一つ。全国の鉄道ファンに大人気の、陸別町にある「りくべつ鉄道」の今年度の営業が10月27日(日)をもって終了した。なお、来年度の営業日程については、決まり次第ホームページでお知らせするとのことである。 ●ラッピング車両の乗客で賑わうりくべつ鉄道・陸別駅1番ホーム
コメント:0

続きを読むread more

JR日高本線「鵡川―様似間」廃止へ。

今日は、「JR日高本線“鵡川―様似間”廃止へ」のニュースについて。平成27年1月の高波被害で不通が続き、JR北海道が廃止・バス転換を求めているJR日高本線「鵡川―様似間」(116㌔)について、日高管内7町長は11月12日、同管内新ひだか町で臨時会議を開き、バス転換に向けて各町がJRと個別協議に入ることを決め、来年3月までの最終合意を目指…
コメント:0

続きを読むread more

348 国鉄小樽築港機関区。

国鉄小樽築港機関区(現JR小樽運転所)は、蒸気機関車が多く配置される機関区として人気を集め、“北の要衝”とも呼ばれ、現役時代は大型扇形庫が設置されていた(今は跡形もなく、車両の配置もなく、運転士のみとなって小樽駅構内へ移っている)。ちなみに、昭和41年3月31日現在の蒸気機関車配置は、〔D51形16両・C62形6両・C57形17両・96…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション679 〈Nゲージ〉C62形蒸気機関車3号機 函館本線・小樽築港機関区・改良品〕

今回紹介するのは、(株)マイクロエースから発売された〈Nゲージ〉の「C62形蒸気機関車3号機 函館本線・小樽築港機関区・改良品」である。この機関車は,昭和23年6月18日に、D52形蒸気機関車458号機のボイラーを利用して完成した。そして、昭和31年にはC62形蒸気機関車中では最も早く北海道に転属し、小樽築港機関区に配属されて函館本線で…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道、2019年9月中間連結決算「赤字149億円」。

続いては、「JR北海道、2019年9月中間連結決算“赤字149億円”」のニュースについて。JR北海道が11月8日に発表した2019年9月中間連結決算は、営業収入が前年同期比3.2%増の855億円、営業損失は過去最悪となった前年同期から20億円縮小し「149億円」となった。これは、胆振東部地震の打撃を受けた前年からおおむね改善したが、低金…
コメント:0

続きを読むread more

札幌市で「LRT都市サミット札幌」開催される。

今日は、「札幌市で“LRT都市サミット札幌”開催される」の話題を一つ。次世代型路面電車(LRT)の特徴や活用例を紹介する「LRT都市サミット札幌」が11月8日、2日間の日程で札幌市内で開催され、市民ら約300人が参加した。初日は、地元札幌や富山、福井など、9都市の関係者が、各地の現状を報告し、最後に連携強化目指す『サミット宣言』を採択、…
コメント:0

続きを読むread more

「台風19号による三陸鉄道被災への支援募金」受付中。

続いては、「“台風19号による三陸鉄道被災への支援募金”受付中」の話題を一つ。三陸鉄道では、ヤフー株式会社との協力により、10月の台風19号の影響で一部区間が不通となっているリアス線の復興応援を目的に、『Yahoo!ネット募金』による「支援募金」を受け付けている。リアス線は、今回の台風19号により、線路の路盤流出や土砂の流入、のり面崩落…
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線「グランクラス軽食」に新メニュー。

今日は、「北海道新幹線“グランクラス軽食”に新メニュー」の話題を一つ。北海道新幹線「グランクラス」では、地域の魅力を感じてもらえる「軽食等」を提供しているが、このたび、12月1日より新メニューが登場する。“冬味紀行”をテーマに、北海道新幹線では北海道の代表的な食材である〈鰊〉や〈数の子〉など、冬ならではの味覚を盛り付けることで、冬の旅情…
コメント:0

続きを読むread more

〔〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線の現況〕懐かしの国鉄松前線「さよなら松前線臨時列車」登場。

北海道の山間のローカル線・国鉄山下線に、懐かしの国鉄松前線「さよなら松前線臨時列車」が登場した。この国鉄松前線は、“木古内―松前間”(50.8㌔)を走る、廃止基準をクリアしていたローカル線であったが、津軽海峡線開業等の諸事情により昭和63年2月1日をもって全線廃止された。今回は、その廃止無念の意味をこめて、前日の1月31日の廃止最終日に…
コメント:0

続きを読むread more

「北海道新幹線で行く!第1弾 青森への日帰り親子モニターツアー~青森の縄文文化を訪ねて~」参加者募集中。

続いては、「“北海道新幹線で行く!第1弾 青森への日帰り親子モニターツアー~青森の縄文文化を訪ねて~”参加者募集中」の話題を一つ。北海道と青森県は、北海道新幹線を利用して青森市内を親子で見学する「北海道新幹線で行く!第1弾 青森への日帰り親子モニターツアー~青森の縄文文化を訪ねて~」の参加者を募集中している。ちなみに昨年度は、1泊2日で…
コメント:0

続きを読むread more

「北海道観光列車モニターツアー~花の恵み号で行く室蘭線~」参加者募集中。

今日は、「“北海道観光列車モニターツアー~花の恵み号で行く室蘭線~”参加者募集中」の話題を一つ。日本旅行グループの北海道オプショナルツアーズでは、「北海道観光列車モニターツアー~花の恵み号で行く室蘭線~」の参加者を募集している。 ○出発日 11月30日(土) 日帰り・2コース ○参加対象者 旅行中にアンケートへの回答が可能な…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション676 〈レプリカプレート〉グリーン車・指定席・禁煙車〕

今回紹介するのは、〈レプリカプレート〉の「グリーン車・指定席・禁煙車」の3枚である。大きさは、いずれもタテ9㌢×ヨコ21㌢で、材質は軟質プラ製である。 ●〈レプリカプレート〉グリーン車・指定席・禁煙車
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道、年明けに観光列車「流氷物語号」運転。

今日は、「JR北海道、年明けに観光列車“流氷物語号”運転」の話題を一つ。JR北海道旭川支社・同釧路支社は、年明けに観光列車「流氷物語号」を運転する。全国の鉄道ファンの皆さん、北海道でもオホーツク海でしか見られない“流氷”を、観光列車に乗って見に来ませんか。 ○運転期間 2020年2月1日(土)~3月1日(日)の毎日 ○運転区間…
コメント:0

続きを読むread more

旭山動物園に「走る絵本の再現空間を~旭山動物園号の世界観~」まもなくオープン。

続いては、「旭山動物園に“走る絵本の再現空間を~旭山動物園号の世界観~”まもなくオープン」の話題を一つ。約10年間、札幌と旭川を結び特に親子連れに親しまれた臨時特急〈旭山動物園号〉。車内や車外には旭山動物園の動物たちがたくさん描かれ、楽しめる空間であったが、昨年3月、惜しまれながら運行を終了した。たくさんの方々の記憶に残るこの〈旭山動物…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道釧路支社、年明けに観光列車「SL冬の湿原号」運転。

続いては、「JR北海道釧路支社、年明けに観光列車“SL冬の湿原号”運転」の話題を一つ。JR北海道釧路支社では、年明けに観光列車「SL冬の湿原号」を運転する。全国の鉄道ファンの皆さん、JR北海道唯一のSLに乗りに来ませんか。 ○運転日 2020年1月25日(土)・26日(日)、2月1日(土)~11日(火祝)、14日(金)~16日(…
コメント:0

続きを読むread more

「北海道遺産選定記念~簡易軌道シンポジウムin鶴居村~」開催。

今日は、「“北海道遺産選定記念~簡易軌道シンポジウムin鶴居村~”開催」の話題を一つ。鶴居村教育委員会では、「北海道遺産選定記念~簡易軌道シンポジウムin鶴居村~」を開催する。全国の簡易軌道ファンの皆さん、珍しいシンポジウムに参加してみては。 ○開催日時 11月17日(日) 13時~16時まで(開場12時) ○会場 鶴居村総…
コメント:0

続きを読むread more

ツーリスト道南では「きこないグルメ日帰りの旅」参加者募集中。

続いては、「ツーリスト道南では“きこないグルメ日帰りの旅”参加者募集中」の話題を一つ。ツーリスト道南では、函館駅から木古内駅までを道南いさりび鉄道で往復する「きこないグルメ日帰りの旅」の参加者を募集中している。 ○実施日 11月9日(土)日帰り ○定員 40名 ○参加費 大人1名9400円 ○行程 函館駅発16:24…
コメント:0

続きを読むread more

室蘭市・ぽっぽらん公園で「SL白鳥号移設セレモニー」開催。

今日は、「室蘭市・ぽっぽらん公園で“SL白鳥号移設セレモニー”開催」の話題を一つ。室蘭市教育委員会は11月2日、旧室蘭駅舎に隣接するぽっぽらん公園で、SL移設完了と公園改修を記念する「SL白鳥号移設セレモニー」を開催した。公園整備は、SLをライトアップするなどして鉄道遺産を活用し、旧駅舎一体での賑わい創出を目指して実施、公園広場にはSL…
コメント:0

続きを読むread more

「宗谷線に乗って、たくさんの思い出と、ステーションカードを集めよう!」実施。

続いては、「“宗谷線に乗って、たくさんの思い出と、ステーションカードを集めよう!”実施」の話題を一つ。宗谷本線活性化推進協議会は11月1日から、「宗谷線に乗って、たくさんの思い出と、ステーションカードを集めよう!」を実施し、JR宗谷本線の主要12駅で各駅を紹介する『ステーションカード』を無料配布する。これは、宗谷本線の利用促進を狙い、初…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道と北見市&網走市「合同観光PR」実施。

今日は、「JR北海道と北見市&網走市“合同観光PR”実施」の話題を一つ。JR北海道と北見市&網走市は、鉄道の利用促進および北見市・網走市への送客を目的とした「合同観光PR」を実施する。 ○実施日 11月2日(土) 11:00頃 ○場所 JR札幌駅西コンコース ○配布物 観光パンフレット&ノベルティ ○配布予定数 50…
コメント:0

続きを読むread more