348 国鉄小樽築港機関区。

国鉄小樽築港機関区(現JR小樽運転所)は、蒸気機関車が多く配置される機関区として人気を集め、“北の要衝”とも呼ばれ、現役時代は大型扇形庫が設置されていた(今は跡形もなく、車両の配置もなく、運転士のみとなって小樽駅構内へ移っている)。ちなみに、昭和41年3月31日現在の蒸気機関車配置は、〔D51形16両・C62形6両・C57形17両・96…
コメント:0

続きを読むread more