352 解体一転、保存された「函館市電722号車」。

かつて、函館市企業局が廃車車両の一般競争入札を公告したが、期日までに1件も申し込みがなかったので、解体する方針でいたが、一転、市内西桔梗町の竹田運輸が同局に購入を打診、解体一転、保存された車両が、この「函館市電722号車」である。この「「函館市電722号車」は、昭和34年~同37年導入の710形の1両で、超低床電車・らっくる号の3編成目…
コメント:0

続きを読むread more