〔〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線の現況〕新年おめでとう列車&石油専用列車登場。

北海道の山間のローカル線・国鉄山下線に、一足早く、日章旗を掲げたDD51形ディーゼル機関車牽引の「新年おめでとう列車」&D51形蒸気機関車牽引の「石油専用列車」が登場した。全国のNゲージファンの皆さん、今年も色々とありがとうございました。来年は、さらなるパワーアップして登場したいと思っておりますので、温かいご声援を。 ●新年おめで…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション696〈急行ニセコ101列車〉車掌携帯時刻表コピー〕

今回紹介するのは、〈急行ニセコ101列車〉の「車掌携帯時刻表コピー」である。これを見ると、函館発14:55―長万部発16:57―ニセコ発18:15―小樽発20:00―札幌着20:37で、札幌からは、室蘭行き特急ライラック22号、稚内行き急行利尻、網走行き急行大雪、釧路行急行まりも等に接続していたのがわかる。本当に今では考えられない、北海…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション695〈小沢駅名物〉トンネル餅の「掛け紙」〕

今回紹介するのは、JR函館本線の小沢駅名物のトンネル餅の「掛け紙」である。このトンネル餅は、当駅と銀山駅との間にある稲穂トンネルが開通した明治37年頃から作られ始めた餅で、以前は当駅で売られていたが、現在は駅前の国道5号線に面した末次商会製菓部にて販売されている。10個入り400円で、駅弁同様に経木でできた折に詰められている。なお、パッ…
コメント:0

続きを読むread more

タイに渡った「DD51形ディーゼル機関車支援」。

今日は、「タイに渡った“DD51形ディーゼル機関車支援”の話題を一つ。旧国鉄時代から走り続けた「DD51形ディーゼル機関車」が、タイで安心して第二の人生を送れるようにと、鉄道愛好家団体・長崎きしゃ倶楽部の吉村代表世話人がクラウドファンディングで寄付を募り、目標額を上回る264万円が寄せられ、これを元手に整備や運転の専門家を日本からタイに…
コメント:0

続きを読むread more

JR函館駅に「ジャンボ絵馬」登場!。

今日は、「JR函館駅に“ジャンボ絵馬”登場!」の話題を一つ。年明けに、JR函館駅に毎年恒例の「ジャンボ絵馬」(縦1.2㍍×横2.4㍍)を設置する。これは、JR函館駅の社員が2020年の干支〈子〉のイラストを描いた大きな絵馬で、皆さんが願いを書いたあとは、その願いが成就するように、後日、函館八幡宮に奉納するという。全国の鉄道ファンの皆さん…
コメント:0

続きを読むread more

〈最近購入した鉄道関係本32〉RM MODEL(2020年2月号)。

今回紹介する本は、(株)ネコ・パブリッシングから発売された「RM MODEL(2020年2月号)」(定価1350円・P178)である。今回購入したのは、特集が〈北海道2010年代の鉄路〉であり、付録に〈空鉄カレンダー2020〉が付いていたからである。 ●「RM MODEL(2020年2月号)」の表紙
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「2019年度夕張まちもの語り」参加者募集中。

続いては、「JR北海道“2019年度夕張まちもの語り”参加者募集中」の話題を一つ。『まちもの語り』は、各地域の歴史や産業と密着する“まちのたからもの”を、その土地にゆかり深い“語りびと”が“もの語り”として案内する、JR北海道と地域が一体となり企画実施するツアーである。3年目の実施となる「夕張まちもの語り」は、夕張市の皆さんと連携し、夕…
コメント:0

続きを読むread more

はこだてみらい館で「のりもの展~陸・海・空のりもの大集合!~」好評開催中。

続いては、「はこだてみらい館で“のりもの展~陸・海・空のりもの大集合!~”好評開催中」の話題を一つ。函館駅前にあるはこだてみらい館では、来年1月26日まで「のりもの展~陸・海・空のりもの大集合!~」を開催している。会場では、函館市企業局交通部から借りた市電の運転手気分が味わえるシュミレーターを設置、子供用の市電制服も用意している。また、…
コメント:0

続きを読むread more

JR石北本線の「臨時快速列車」来年2月で運行終了。

今日は、「JR石北本線の“臨時快速列車”来年2月で運行終了」の話題を一つ。JR北海道旭川支社は12月26日、“旭川―北見間”で毎週金曜と日曜の夜に1本ずつ運行している石北本線の「臨時快速列車」について、来年2月28日で運行を終了すると発表した。同支社は『利用状況の低迷が続き、検討の結果、運行をとりやめることにした』と話している。ちなみに…
コメント:0

続きを読むread more

道南いさりび鉄道の「アテンダントスタッフ1月乗車予定」決まる。

今日は、「道南いさりび鉄道の“アテンダントスタッフ1月乗車予定”決まる」の話題を一つ。このたび、観光客に大人気の道南いさりび鉄道の「アテンダントスタッフ」の「1月乗車予定」が決まった。全国の鉄道ファンの皆さん、アテンダントスタッフに会いに来ませんか。 〈アテンダントスタッフ乗車対象列車〉 ○函館発10:40―木古内行き&木古内発…
コメント:0

続きを読むread more

豪華観光列車ザ・ロイヤルエクスプレス、来年夏「札幌発着5回運行」。

続いては、「豪華観光列車ザ・ロイヤルエクスプレス、来年夏“札幌発着5回運行”」の話題を一つ。東急電鉄は12月24日、JR北海道と連携して道内を周遊する豪華観光列車ザ・ロイヤルエクスプレスの運行回数を来年8月中旬~9月中旬の計「5回」とする方針を固めた。いずれも札幌発着で、3泊4日の日程で列車とバスを組み合わせて観光名所を巡るという。 …
コメント:0

続きを読むread more

札幌市電で「クリスマスパーティー」開催。

今日は、「札幌市電で“クリスマスパーティー”開催」の話題を一つ。12月8日、一足早く札幌市電車両内で「北海道コカ・コーラプレゼンツ 道新・ぶんちゃんサンタと市電でクリスマスパーティー」が開催された。この日は、抽選で選ばれた親子12組28人が参加、クリスマス装飾を施した特別仕様のコカ・コーラクリスマス電車で楽しい時間を過ごした。 ●…
コメント:0

続きを読むread more

〔〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線の現況〕183系特急「北斗」&「石油専用列車」登場。

北海道の山間のローカル線・国鉄山下線に、懐かしい183系特急「北斗」(函館―札幌間)とDD51形ディーゼル機関車牽引の「石油専用列車」が登場した。 ●183系特急「北斗」① ●183系特急「北斗」② ●183系特急「北斗」③ ●国鉄時代のキハ183系特急「北斗」 ●石油専用列車① ●石油専用列車② ●石油専用列車③ …
コメント:0

続きを読むread more

国鉄民営化後初、貨物列車「JR富良野線」走行。

今日は、「国鉄民営化後初、貨物列車“JR富良野線”走行」の話題を一つ。JR貨物は12月23日、JR根室本線“芦別―富良野間”が架道橋損傷で不通となり、富良野駅で足止めされている貨物列車を「富良野線」(旭川―富良野間)を通って札幌まで運ぶ〈救出作業〉を始めた。ちなみに、昭和62年4月1日の国鉄民営化以降、JR貨物の車両が同線を通るのは初め…
コメント:0

続きを読むread more

早大鉄研メンバーが選んだ2019鉄道10大ニュースに「JR北海道・石勝線夕張支線が廃止」選ばれる。

続いては、「早大鉄研メンバーが選んだ2019鉄道10大ニュースに“JR北海道・石勝線夕張支線が廃止”選ばれる」の話題を一つ。伝統ある早稲田大学鉄道研究会が会内でアンケートを実施し、鉄道関連の出来事から今年の鉄道10大ニュースを選定し、5位に「JR北海道・石勝線夕張支線が廃止」が選ばれた。ちなみに1位は、「JRと相鉄が相互直通運転を開始」…
コメント:0

続きを読むread more

JR宗谷本線の秘境駅・糠南駅で「クリスマスパーティー」開催される。

今日は、「JR宗谷本線の秘境駅・糠南駅で“クリスマスパーティー”開催される」の話題を一つ。人里離れた秘境駅(人気サイト「秘境駅へ行こう!」の2019年度版全国ランキング9位)として知られるJR宗谷本線の糠南駅で12月22日早朝、鉄道愛好家らが毎年恒例の「クリスマスパーティー」を開催した。5回目の今年は道内をはじめ東京・愛知・神戸・福岡・…
コメント:0

続きを読むread more

JR石北本線沿線地域の皆さんによる「特急列車内特産品販売」実施。

続いては、「JR石北本線沿線地域の皆さんによる“特急列車内特産品販売”実施」の話題を一つ。JR北海道では、特急列車を利用する乗客の皆さんに沿線地域の魅力ある商品を楽しんでもらう企画として、特急列車内での沿線地域の皆さんによる「地域特産品販売」を、平成29年12月より石北本線の特急オホーツク&大雪で期間限定で実施しているが、好評のため引き…
コメント:0

続きを読むread more

JR宗谷本線沿線地域の皆さんによる「特急列車内特産品販売」実施。

続いては、「JR宗谷本線沿線地域の皆さんによる“特急列車内特産品販売”実施」の話題を一つ。JR北海道では、特急列車を利用する乗客の皆さんに沿線地域の魅力ある商品を楽しんでもらう企画として、特急列車内での沿線地域の皆さんによる「地域特産品販売」を、平成30年2月より宗谷本線の特急サロベツで期間限定で実施しているが、好評のため引き続き、来年…
コメント:0

続きを読むread more

貨物列車「ふらのベジタ号」、JR架道橋損傷のためトラックが代替。

今日は、「貨物列車“ふらのベジタ号”、JR架道橋損傷のためトラックが代替」の話題を一つ。芦別市内のJR根室本線・野花南駅近くの架道橋にトレーラー上の重機が接触し、“富良野―芦別間”が不通になって今月21日で1カ月がたち、ふらの農協のタマネギを運ぶ運送会社のトラックが奮闘している。これは、毎年8月から翌春まで、JR貨物の臨時列車がタマネギ…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション694〈Nゲージ〉国鉄キハ183系特急ディーゼルカー(6両セット)〕

今回紹介するのは、トミックスから発売された旧製品の〈Nゲージ〉「国鉄キハ183系特急ディーゼルカー」(6両セット)である。この183系は、新しい時代のニーズに対応すべく開発製造された最新鋭の特急形ディーゼルカーで、昭和54年秋に試作車が、そして昭和56年からは量産タイプが登場した。外観は極めて特徴的で、特に先頭車は平面と直線からなるスラ…
コメント:0

続きを読むread more

釧路製作所のSLに「イルミネーション点灯」。

続いては、「釧路製作所のSLに“イルミネーション点灯”」の話題を一つ。釧路市にある釧路製作所の敷地内に保存している蒸気機関車「SL8722号」に12月19日、「イルミネーション」が点灯され、光に彩られた冬の風物詩を親子連れなどが楽しんだ。同社では平成27年から「SLのイルミネーション」を行っており、今年で5回目。この「イルミネーション」…
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線トンネル内「7割携帯電話使用可能」に。

続いては、「北海道新幹線トンネル内“7割携帯電話使用可能”に」の話題を一つ。JR北海道は12月19日、今月の26日から北海道新幹線“新函館北斗―木古内間”の一部トンネル(約11.9㌔)内で「携帯電話」が使えるようになると発表した。これにより、北海道新幹線全トンネルの69%で「携帯電話」の利用が可能になる。ちなみに、まだ携帯電話が通じない…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「単独維持困難路線8区間パンフレット」作製。

今日は、「JR北海道“単独維持困難路線8区間パンフレット”作製」の話題を一つ。JR北海道は『単独では維持困難』とする路線のうち、地元負担を前提に存続を目指す8区間の現状を理解してもらうための「パンフレット」を初めて作製した。これは、利用者が激減し、収支が赤字になるなどの厳しい現状を強調、沿線住民に利用してもらうことで路線維持につなげる狙…
コメント:0

続きを読むread more

「第2回JR北海道中古部品インターネット販売」好評のうち完売。

続いては、「“第2回JR北海道中古部品インターネット販売”好評のうち完売」の話題を一つ。12月12日(木)に実施した「第2回JR北海道中古部品インターネット販売」は、好評のうち終了した。キハ40形気動車の改造銘板や車号板等が、開始すぐに買われ、出品された中古部品42点はすぐに完売となり、約54万円を売り上げた。JR北海道によると、来年1…
コメント:0

続きを読むread more

函館市企業局交通部&函館バス「GLAY函館公演記念バス・市電共通1日乗車券」あす発売。

今日は、「函館市企業局交通部&函館バス“GLAY函館公演記念バス・市電共通1日乗車券”あす発売」の話題を一つ。函館出身の4人組ロックバンドGLAYが来年1月10・11日の2日間、函館アリーナでライブを開催するのを記念して、函館市企業局交通部と函館バスは「GLAY函館公演記念バス・市電共通1日乗車券」を発売する。 ○発売期間 12…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション693〈2020カレンダー〉時代を駆け抜けた「栄光の名列車」&機関車カレンダー&函館の路面電車(…

今回紹介するのは、〈2020年カレンダー〉の「時代を駆け抜けた栄光の名列車〈交通新聞社〉&機関車カレンダー〈交通新聞社〉&函館の路面電車(壁掛け用)〈函館市企業局交通部〉&函館の路面電車(卓上用)〈函館市企業局交通部〉」である。近日中に各部屋に飾る予定である。 ●〈2020年カレンダー〉時代を駆け抜けた栄光の「名列車」&機関車カレ…
コメント:0

続きを読むread more

〔〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線の現況〕キハ183系特急「利尻」登場。

北海道の山間のローカル線・国鉄山下線に、このたびキハ183系特急「利尻」が登場した。この特急の前身は古く、昭和33年10月1日のダイヤ改正で、“札幌―稚内間”の夜行準急列車として登場、昭和41年3月5日に急行列車化され、平成12年3月に特急化された。その後、平成19年9月30日の札幌行き「はなたび利尻」を最後に運行が終了した。 ●…
コメント:0

続きを読むread more

〔〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線の現況〕キハ183系特急「北海」登場。

北海道の山間のローカル線・国鉄山下線に、キハ183系特急「北海」が登場した。この特急は、函館本線の通称山線(小樽)経由の特急で、“函館―札幌間”を走っていた。その歴史は古く、昭和42年3月のダイヤ改正で誕生、昭和61年10月のダイヤ改正で廃止された山線回りの名特急である。 ●キハ183系特急「北海」① ●キハ183系特急「北海」…
コメント:0

続きを読むread more

〈最近購入した鉄道関係本31〉写真集「昭和30年~40年代・北海道の鉄路」。

今回紹介する本は、北海道新聞社から今年の年9月25日に発売された写真集「昭和30年~40年代・北海道の鉄路」(定価2800円+税・P432)である。著者は小樽市在住の全国的に有名な鉄道史家・星良助さんである。帯には『昭和30~40年代に撮影された北海道の鉄道写真1000枚超を収録!黒煙を上げながら力強く走る蒸気機関車、石炭産業を支えた炭…
コメント:0

続きを読むread more

観光列車「SL冬の湿原号」運行開始20周年。

今日は、「観光列車“SL冬の湿原号”運行開始20周年」の話題を一つ。JR北海道釧路支社によると、全国の観光客に大人気の北海道唯一のSL観光列車「SL冬の湿原号」(C11形蒸気機関車171号機牽引)が、平成12年の運行開始から20周年を迎える。これまで累計約29万1千人の乗車があり、今年度は累計30万人を目指している。全国の鉄道ファンの皆…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション692 2020年オリジナルカレンダー~汽笛の響いた街夕張~〕

今回紹介するのは、三菱大夕張鉄道保存会が夕張の鉄道文化財の保存・活用のための資金を得るために毎年発行していオリジナルカレンダーある。今年は「2020年オリジナルカレンダー~汽笛の響いた街夕張~」(定価税込500円)で、保存会では『一人でも多くの皆さんのご協力をお願いしたい』話している。 ●2020年オリジナルカレンダー~汽笛の響い…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション691〈Nゲージ〉キハ183系特急形気動車先頭車「とかち色」〕

今回紹介するのは、トミックスから発売された〈Nゲージ〉の「キハ183系特急形気動車先頭車・とかち色」である。この「とかち色」は、平成3年7月27日のダイヤ改正で新たに登場した“スーパーとかち用塗色”として誕生した。当初は、「キハ183系0番台8両・キハ182系0番台4両・キハ182系550番台8両・キサロハ182系550番台4両」の計2…
コメント:0

続きを読むread more

356 狩勝実験線。

「狩勝実験線」は、かつて国鉄根室本線の新内駅付近から新得駅付近の廃線を利用した国鉄の実験線である。この根室本線の“落合―新内―新得間”には狩勝峠があり、急勾配と急曲線が多く、狩勝トンネル内での蒸気機関車の煤煙など輸送の障害となっていた。これらを解消するため新狩勝トンネルを含む新線が建設され、同区間は昭和41年9月30日に切り替えられた。…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「H100形気動車量産車」を報道陣に公開。

今日は、「JR北海道“H100形気動車量産車”を報道陣に公開」の話題を一つ。JR北海道は12月12日、札幌の苗穂運転所で「H100形気動車量産車」を報道陣に公開した。この「H100形気動車」は、現在のキハ40形気動車の置換えを目的に導入された電気式気動車で、平成30年に量産先行車が2両完成し、基本性能の確認・検証などが行われてきた。今回…
コメント:0

続きを読むread more

【冬のJR函館駅&複合商業施設「ハコビバ」散策記〈4〉】

●かつて青函連絡船桟橋に続いていた「レール」① ●かつて青函連絡船桟橋に続いていた「レール」② ●駅の横にある「青函連絡船記念館摩周丸」① ●駅の横にある「青函連絡船記念館摩周丸」② ●駅の横にある「青函連絡船記念館摩周丸」③ ●青函連絡船関係グッズを販売しているJR函館駅2階の「いるか文庫」① ●青函連絡船関係グッズを販売…
コメント:0

続きを読むread more

【冬のJR函館駅&複合商業施設「ハコビバ」散策記〈3〉】

●発車を待つJR函館本線・森行きのキハ40形気動車「普通列車」① ●発車を待つJR函館本線・森行きのキハ40形気動車「普通列車」② ●発車を待つJR函館本線・森行きのキハ40形気動車「普通列車」③ ●発車を待つ札幌行きキハ261系特急「スーパー北斗」① ●発車を待つ札幌行きキハ261系特急「スーパー北斗」② ●発車を待つ札幌行…
コメント:0

続きを読むread more

【冬のJR函館駅&複合商業施設「ハコビバ」散策記〈2〉】

●「旧国鉄函館駅待合室風」休憩所① ●「旧国鉄函館駅待合室風」休憩所② ●「旧国鉄函館駅待合室風」休憩所③ ●「旧国鉄函館駅待合室風」休憩所④ ●「旧国鉄函館駅待合室風」休憩所⑤ ●「旧国鉄函館駅待合室風」休憩所⑥ ●「旧国鉄函館駅待合室風」休憩所⑦ ●「旧国鉄函館駅待合室風」休憩所⑧ ●「旧国鉄函館駅待合室風」休憩所⑨…
コメント:0

続きを読むread more

【冬のJR函館駅&複合商業施設「ハコビバ」散策記〈1〉】

12月15日(日)、久しぶりに1人でJR函館駅周辺を散策してきた。今回の行った目的の一つに、大阪のハウスメーカーが12月1日(日)に、駅隣にホテルと複合商業施設「ハコビバ」を開業、その中の、昭和40年代の函館駅前を再現した『函館駅前横丁』に〈旧国鉄函館駅待合室〉の一部を再現した休憩所があるというので行って来た。12月も中旬だというのに、…
コメント:0

続きを読むread more

国鉄最初のコンテナ専用特急貨物列車・たから号の「車掌車復元プロジェクト」始動。

・たから号の“車掌車復元プロジェクト”始動」の話題を一つ。戦後、昭和30年代から“東京・汐留―大阪・梅田間”を走り、高度経済成長期の日本の物流を担った旧国鉄のコンテナ専用特急貨物列車・たから号。〈乗りもののまち〉として知られる石川県小松市で、その「車掌車」を復元しようという取り組みが始まった。「復元プロジェクト」を進める『ボンネット型特…
コメント:0

続きを読むread more

京王プラザホテル札幌で「2020年鉄道模型新春走り初め&お正月わくわく鉄道イベントINプラザ」開催。

今日は、「京王プラザホテル札幌で“2020年鉄道模型新春走り初め&お正月わくわく鉄道イベントINプラザ”開催」の話題を一つ。京王プラザホテル札幌では、恒例のお正月イベント「2020年鉄道模型新春走り初め&お正月わくわく鉄道イベントINプラザ」を開催する。鉄道ファンの皆さん、子どもを連れて行ってみては。 ○開催日時 令和2年1月2…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「2019年度年末年始期間の指定席予約状況」とりまとめ。

続いては、「JR北海道“2019年度年末年始期間の指定席予約状況”とりまとめ」の話題を一つ。JR北海道は、「年末年始の指定席予約状況」を12月11日現在でとりまとめた。 ○年末年始期間 12月27日(金)~令和2年1月5日(日)までの10日間 ○予約席数が最も多い日 〈北海道管内・新幹線〉 ・新函館北斗着 12月28日(土…
コメント:0

続きを読むread more

JR釧網本線の「南弟子屈駅」来年3月廃止。

続いては、「JR釧網本線の“南弟子屈駅”来年3月廃止」のニュースについて。JR北海道が来年3月14日予定のダイヤ改正に合わせ、釧路管内弟子屈町にある釧網本線「南弟子屈駅」を廃止する方針であることが12月13日、分かった。「南弟子屈駅」は、昭和4年8月15日に国鉄の一般駅として開業した。その後、昭和35年10月25日に貨物取扱いが廃止され…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「2020年3月14日ダイヤ改正の詳細」発表。

続いては、「JR北海道“2020年3月14日ダイヤ改正の詳細”発表」のニュースについて。JR北海道では、快速エアポートの増発をはじめとする札幌圏の輸送体系見直しを中心とした「ダイヤ改正」を「2020年3月14日」に実施、詳細を発表した。 〈札幌圏の輸送体系を見直す背景〉 平成12年より20年間にわたり、札幌圏は「快速エアポート」…
コメント:0

続きを読むread more

来年、支笏湖に「王子軽便鉄道ミュージアム・山線湖畔驛」オープン。

今日は、「来年、支笏湖に“王子軽便鉄道ミュージアム・山線湖畔驛”オープン」の話題を一つ。かつて支笏湖と苫小牧を結んでいた旧王子軽便鉄道(明治41年~昭和26年運行)の博物館「王子軽便鉄道ミュージアム・山線湖畔驛」が、来年1月25日、千歳市支笏湖温泉の支笏湖園地にオープンする。館内では、実物と特定されたレールや鉄道ジオラマなどを展示、また…
コメント:0

続きを読むread more

道南いさりび鉄道、札苅駅前の「大銀杏ライトアップ」実施。

続いては、「道南いさりび鉄道、札苅駅前の“大銀杏ライトアップ”実施」の話題を一つ。道南いさりび鉄道では、現在運行中の夜景列車の乗客のおもてなしと、沿線町内のイベント開催に伴い、木古内町札苅地区の皆様のご協力により、初の試みとして駅前の「大銀杏ライトアップ」を実施する。 ○試験点灯 12月13日(金) 18:00~19:00まで …
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「北海道日本ハムファイターズボールパーク開業に伴う新駅整備案」公表。

続いては、「JR北海道“北海道日本ハムファイターズボールパーク開業に伴う新駅整備案”公表」の話題を一つ。JR北海道の島田社長は12月11日の記者会見で、北広島市に2023年開業予定のプロ野球北海道日本ハムファイターズのボールパークに隣接する「新駅整備案」を公表した。 ○総工費 80億~90億円(請願駅のため、北広島市が全額負担)…
コメント:0

続きを読むread more

JR日高本線廃止を「映画」で問う。

今日は、「JR日高本線廃止を“映画”で問う」の話題を一つ。苫小牧市出身の稲塚監督が、災害復旧がなされないまま大部分が廃止される見通しのJR日高本線をテーマとした映画撮影を始めた。稲塚監督は『大切なライフラインをどうすれば元に戻せるか考えていきたい』として、約1年かけて、JR日高本線と共に生きてきた沿線住民や存廃協議に関わる人へのインタビ…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道、北広島市に「球場新駅整備案」提示。

続いては、「JR北海道、北広島市に“球場新駅整備案”提示」の話題を一つ。JR北海道は、12月11日、プロ野球北海道日本ハムファイターズが北広島市内に開業するボールパークに隣接する「新駅整備案」を北広島市に提示する。これについて、新駅設置を求めていた同市は受け入れる方針で、これにより、「新駅設置」は確実となった。「新駅」は、地元が原則費用…
コメント:0

続きを読むread more

「北海道新幹線で冬の東北へ!PRステージ」開催。

続いては、「“北海道新幹線で冬の東北へ!PRステージ”開催」の話題を一つ。JR北海道函館支社では、多くの市民や観光客が訪れる『2019はこだてクリスマスファンタジー』のステージイベントに参加し、「北海道新幹線で冬の東北へ!PRステージ」を開催する。 ○開催日 12月13日(金) ○開催時間 17:30~18:20まで ○場…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「第2回鉄道中古部品インターネット販売」開催。

続いては、「JR北海道“第2回鉄道中古部品インターネット販売”開催」の話題を一つ。JR北海道では、前回、全国の鉄道ファンに大好評だった「鉄道中古部品インターネット販売」を下記の日程で開催する。全国の鉄道ファンの皆さん、購入希望でしたら、前回は開始30分ぐらいで全部品が完売したらしいので、かなり気合を入れて挑戦してみては。 ○販売者…
コメント:0

続きを読むread more

JR宗谷本線の秘境駅・糠南駅で「第5回クリスマスパーティーin糠南2019」開催。

続いては、「JR宗谷本線の秘境駅・糠南駅で“第5回クリスマスパーティーin糠南2019”開催」の話題を一つ。JR宗谷本線の秘境駅・糠南駅では鉄道愛好家らが毎年恒例のクリスマスパーティーを開いているが、今年も「第5回クリスマスパーティーin糠南2019」を開催する。全国の鉄道ファンの皆さん、極寒の糠南駅で、クリスマスパーティーに参加してみ…
コメント:0

続きを読むread more

JR根室本線の「古瀬駅」来年3月廃止。

今日は、「JR根室本線の“古瀬駅”来年3月廃止」のニュースについて。JR北海道が来年3月14日予定のダイヤ改正に合わせ、釧路管内白糠町にある根室本線「古瀬駅」を廃止する方針であることが12月10日、分かった。「古瀬駅」は、昭和29年7月1日に〈国鉄古瀬信号場〉として開設、駅員が配置され、仮乗降場として旅客を取り扱った。これは、信号場に併…
コメント:0

続きを読むread more

「第3回秘境小幌フォトコンテスト」入賞作品決まる。

続いては、「“第3回秘境小幌フォトコンテスト”入賞作品決まる」の話題を一つ。日本一の秘境駅といわれているR室蘭本線・小幌駅がある胆振管内豊浦町主催の「第3回秘境小幌フォトコンテスト」の入賞作品がこのたび決まった。今回は、全国から87点もの作品が寄せられ、審査の結果19点が入賞した。なお、入賞作品については、豊浦町のホームページから見るこ…
コメント:0

続きを読むread more

函館市電「クリスマスファンタジー臨時便」運行。

続いては、「函館市電“クリスマスファンタジー臨時便”運行」の話題を一つ。函館市企業局交通部では、函館の冬の一大イベント「クリスマスファンタジー」開催中の12月20日(金)~24日(火)の5日間、谷地頭行き、函館どつく前行きをそれぞれ1便「臨時運行」する。 ●函館の冬の一大イベント「クリスマスファンタジー」
コメント:0

続きを読むread more

三菱大夕張鉄道保存会、今年も「オリジナルカレンダー」販売。

続いては、「三菱大夕張鉄道保存会、今年も“オリジナルカレンダー”販売」の話題を一つ。三菱大夕張鉄道保存会では、今年も「オリジナルカレンダー」を販売している。『2020年オリジナルカレンダー~汽笛の響いた街 夕張~』は、炭鉱と共に歩んだ夕張の鉄道の各線が次々と廃止され、今年4月1日には、JR石勝線夕張支線も廃止された。今回のカレンダーは、…
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線・奥津軽いまべつ駅で「クリスマスイベント」開催。

続いては、「北海道新幹線・奥津軽いまべつ駅で“クリスマスイベント”開催」の話題を一つ。青森県今別町では、北海道新幹線の奥津軽いまべつ駅のさらなる利用促進を図るため、おもてなしイベントを実施しているが、2019年度第3弾となる今回は、「クリスマスステーションIN奥津軽2019」を開催する。 ○実施日時 12月15日(日) 13:0…
コメント:0

続きを読むread more

苫小牧市出身の日大教授、ジオラマ「昔の苫小牧の街並み」制作中。

今日は、「苫小牧市出身の日大教授、ジオラマ“昔の苫小牧の街並み”制作中」の話題を一つ。苫小牧市出身で、日大芸術学部の青木教授(49歳)が、昭和50年ごろの「苫小牧市の街並み」を150分の1に縮小したジオラマの制作を進めている。手がけているジオラマは、自身が5歳だったころの苫小牧市の風景で、縦70㌢×横128センチの板上に鉄道模型でNゲー…
コメント:0

続きを読むread more

〔〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線の現況〕懐かしの急行「せたな」登場。

北海道の山間のローカル線・国鉄山下線に、このたび懐かしの急行「せたな」が登場した。この急行は、昭和41年10月1日のダイヤ改正により国鉄瀬棚線(国縫―瀬棚間・48.4㌔)に誕生、“函館―長万部・瀬棚間”を1日1往復していたローカル急行である。その後、昭和59年2月1日のダイヤ改正により快速列車に格下げされ、瀬棚線内では、普通列車として運…
コメント:0

続きを読むread more

〔〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線の現況〕「さよなら瀬棚線臨時列車&急行いよ」登場。

北海道の山間のローカル線・国鉄山下線に、「さよなら瀬棚線臨時列車」と四国で大活躍した急行「いよ」が登場した。旧国鉄瀬棚線(国縫―瀬棚間・48.4㌔)は、昭和7年11月1日に全通、昭和62年3月16日をもって廃止された。今回は、昭和62年3月15日に運行された「さよなら瀬棚線臨時列車」を再現した。また、昭和31年に準急として登場、のちに急…
コメント:0

続きを読むread more

宗谷本線活性化推進協議会主催の「宗谷線フォトコンテスト~みんなの宗谷線~」受賞作品発表。

続いては、「宗谷本線活性化推進協議会主催の“宗谷線フォトコンテスト~みんなの宗谷線~”受賞作品発表」の話題を一つ。『みなさんは鉄道に乗ったことがありますか。通学で毎日乗っている高校生、休日にスキー・スノボーを抱えて乗る若者、絶好の撮影スポットで列車を待つ鉄道ファン、鉄道のことをあまり知らない人たち。みなさんの鉄道への想いを写真に添えて教…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション690〈Nゲージジオラマ〉ぷちらまトレイン「都電風・上野広小路」〕

今回紹介するのは、(株)ディディエフから平成17年に発売された〈Nゲージジオラマ〉の「ぷちらまトレイン・都電風/上野広小路」(定価3675円)である。線路上に都電2両(動力ナシ)が走り、そばには操車塔があるという情景である。 ●ぷちらまトレイン「都電風・上野広小路」
コメント:0

続きを読むread more

北斗星広場の寝台特急北斗星車両「ゲストハウス」に。

続いては、「北斗星広場の寝台特急北斗星車両“ゲストハウス”に」の話題を一つ。北斗市茂辺地地区の北斗星広場で保存している寝台特急列車・北斗星の車両を「ゲストハウス(簡易宿泊所)」として活用する構想が具体化してきた。これは、市民有志らでつくる『北斗の星に願いをプロジェクト推進委員会』が来夏の営業開始を目指して認可取得などを進めており、外国人…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「8線区アクションプラン取組状況」公表。

今日は、「JR北海道“8線区アクションプラン取組状況”公表」の話題を一つ。JR北海道では、このたび「8線区アクションプラン(利用が少なく鉄道を持続的に維持する仕組みの構築が必要な線区)取組状況」を公表した。これによると、①いずれの線区でも具体的取組が着実に進んでいる②第1四半期で昨年度を上回った釧網本線・花咲線・日高本線も含め、全8線区…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション689〈Nゲージ〉国鉄キハ48形気動車他7両(8両)〕

今回紹介するのは、KOTOおよびトミックスから発売された旧製品の〈Nゲージ〉8両である。内訳は、〈国鉄キハ48形気動車+国鉄キハ47形気動車+国鉄キユ25形気動車+国鉄キハ28形気動車+国鉄キロ180形気動車+国鉄モハ201系電車+国鉄クハネ583系寝台特急電車+国鉄EF301形関門トンネル専用電気機関車〉の8両である。 ●〈Nゲ…
コメント:0

続きを読むread more

月形町「JR札沼線フォトコンテスト」の作品募集中。

続いては、「月形町“JR札沼線フォトコンテスト”の作品募集中」の話題を一つ。来年5月6日をもって廃止となるJR札沼線“北海道医療大学―新十津川間”。その歴史は、昭和6年に始まり、長い間北海道民の足となり、運行されてきた。来年廃止となってしまうが、その姿を後世に残し、未来永劫まで語り継げるようにすることは我々の使命であるという月形町では、…
コメント:0

続きを読むread more

月形町「札沼線PRクリアファイル」製作。

今日は、「月形町“札沼線PRクリアファイル”製作」の話題を一つ。空知管内月形町は、来年5月に廃線が決まっているJR札沼線“北海道医療大学―新十津川間”をPRする「クリアファイル」を製作した。ファイルは千枚作製、表面には写真とともに『ありがとう札沼線』の文字を入れ、来年5月6日のラストランをPR、裏面は昭和10年の札沼線全線開通時の様子な…
コメント:0

続きを読むread more

無料の函館市電「人権号」今年も運行。

続いては、「無料の函館市電“人権号”今年も運行」の話題を一つ。函館市市民部くらし安心課は、12月4日~10日の『人権週間』に合わせ、人権尊重を訴える無料の市電「人権号」を今年も8日(日)に運行する。車内では、市内や近郊の小中学生が描いた人権ポスター35点を展示するほか、人権マスコットキャラクターが同乗し、ティッシュなどの啓発グッズを配布…
コメント:0

続きを読むread more

音威子府村若手まちづくりグループ「風っこそうや号おもてなし参加者&乗客アンケート」実施中。

続いては、「音威子府村若手まちづくりグループ“風っこそうや号おもてなし参加者&乗客アンケート”実施中」の話題を一つ。このたび、音威子府村若手まちづくりグループでは、「風っこそうや号」に乗車した人や、各地でおもてなしに参加した人を対象に、「風っこそうや号」の運行で得られた経験を、よりよい宗谷本線利活用策の模索へとつなげようと「風っこそうや…
コメント:0

続きを読むread more

「風っこそうや号ヘッドマーク」、音威子府村天北線資料室にて展示中。

続いては、「“風っこそうや号ヘッドマーク”、音威子府村天北線資料室にて展示中」の話題を一つ。令和はじめての夏、多くの鉄道ファンや宗谷本線ファンを乗せて駆け抜けた「風っこそうや号」。その「ヘッドマーク」や行先表示板などが、JR北海道より音威子府村に貸与されることになり、10月29日に受渡式があった。これを機会に音威子府村交通ターミナル内の…
コメント:0

続きを読むread more

音威子府村で「またきてね!風っこそうや想い出写真コンテスト」の作品募集中。

続いては、「音威子府村で“またきてね!風っこそうや想い出写真コンテスト”の作品募集中」の話題を一つ。音威子府村では、今年の夏、観光列車「風っこそうや号」が運行された。これを記念して、全国の皆さんから「またきてね!風っこそうや想い出写真コンテスト」の作品を大募集している。「風っこそうや」の楽しい想い出をみんなで共有し、一眼レフカメラを構え…
コメント:0

続きを読むread more

音威子府村でシンポジウムイベント「JR宗谷本線の未来を語る座談会」開催。

続いては、「音威子府村でシンポジウムイベント“JR宗谷本線の未来を語る座談会”開催」の話題を一つ。音威子府村では、道北地方の都市間交通、地域公共交通網の将来に向けて、“北海道で一番小さな村”が旗振り役となり、シンポジウムイベント「JR宗谷本線の未来を語る座談会」を開催する。興味のある方は、ぜひ参加してみては。 ○開催日時 令和2…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道の区間快速「いしかりライナー」来年3月廃止。

続いては、「JR北海道の区間快速“いしかりライナー”来年3月廃止」の話題を一つ。JR北海道は、来年3月のダイヤ改正で、小樽と札幌・岩見沢を結ぶ函館本線の区間快速「いしかりライナー」を廃止し、各駅停車に切り替える方針を固めた。これは、苗穂や発寒など現在通過する駅の利用者が増えていることを考慮したもので、月内にも正式発表するという。現在、区…
コメント:0

続きを読むread more

京都鉄道博物館で、JR北海道開発の「DMV車両」特別公開。

今日は、「京都鉄道博物館で、JR北海道開発の“DMV車両”特別公開」の話題を一つ。阿佐海岸鉄道と徳島県は、12月22日まで(土日のみモードチェンジ実演有)京都鉄道博物館においてJR北海道が開発した「DMV(デュアル・モード・ビークル)車両」を特別公開している。この「DMV車両」は、鉄道車両とバスの両方の特徴を持ち、鉄道軌道上では鉄道車両…
コメント:0

続きを読むread more

355 北島三郎記念館の「実物大汽車通学ジオラマ」。

平成14年12月23日、日本演歌の大御所・北島三郎の「北島三郎記念館」が函館市内のウイニングホール1階~3階にかけて開館した。中は、3フロア構成となっており、1階がエントランスおよびグッズショップ、2階が出生から現在にいたるまでの半生とディスコグラフィを歴史別に綴った「ヒストリーゾーン」、3階が代表曲のひとつである“まつり”の特別公演の…
コメント:0

続きを読むread more

JR札沼線の秘境駅で「線路内撮影」、列車遅らす。

続いては、「JR札沼線の秘境駅で“線路内撮影”、列車遅らす」のニュースについて。11月30日午後6時25分ごろ、空知管内月形町のJR札沼線の秘境駅「豊ヶ岡駅」構内で、線路上に男性が侵入しているのを石狩当別発浦臼行き普通列車(1両)の運転士が発見、警笛を鳴らしても立ち退かず、この列車の出発が98分遅れ、同駅から乗った1人を含む乗客約10人…
コメント:0

続きを読むread more

国内唯一の「釧路石炭運搬車両」の保存署名活動始める。

今日は、「国内唯一の“釧路石炭運搬車両”の保存署名活動始める」の話題を一つ。釧路市内を走っていた国内唯一の石炭運搬専用鉄道の太平洋石炭販売輸送臨港線が6月末で廃止となったため、車両を残してほしいと同市の元炭鉱マンが署名を集めて、集まり次第市に届けるという。大正期から約94年間、石炭産業を引っ張ってきた歴史を観光に役立ててほしいという思い…
コメント:0

続きを読むread more