〔マイコレクション702〈JR北海道オレンジカード〉最北端シリーズ 旧樺太鉄道(使用済)〕

今回紹介するのは、JR北海道から発売された〈オレンジカード〉「最北端シリーズ 旧樺太鉄道」である。明治初年において樺太(現ロシア連邦サハリン州)は、国境画定ができず日露混在の地とされたが、明治8年の樺太・千島交換条約により一旦、樺太はすべてロシア領となった。その後、日露戦争の講和のため明治38年9月5日に締結されたポーツマス条約によって…
コメント:0

続きを読むread more

道南いさりび鉄道、音威子府村での鉄道イベントで「グッズ販売」行う。

続いては、「道南いさりび鉄道、音威子府村での鉄道イベントで“グッズ販売”行う」の話題を一つ。音威子府村若手まちづくりグループと音威子府村では、『JR宗谷本線の未来を語る座談会』を開催し、その中で〈北海道観光列車ミニサミット〉が行われる。道南いさりび鉄道では、観光列車などをはじめとしたPRや「グッズ販売」を行うという。興味のある方は、参加…
コメント:0

続きを読むread more

「北海道新幹線札幌駅」、改札口3階に集約。

続いては、「“北海道新幹線札幌駅”、改札口3階に集約」の話題を一つ。JR北海道は1月15日、2030年度末開業予定の「北海道新幹線札幌駅」の建設計画で、1階と3階に分かれている改札口を、3階に集約する方針を固めた。これは、利用者の動線を整理することで、在来線への乗り換えをより円滑にするためという。建設主体の鉄道建設・運輸施設整備支援機構…
コメント:0

続きを読むread more

「ウポポイPR」へ、ラッピング列車発進等実施。

今日は、「“ウポポイPR”へ、ラッピング列車発進等実施」の話題を一つ。政府は、国立アイヌ民族共生象徴空間「ウポポイ」の開業に向けたPR活動を強化する。それによると、JR北海道と連携し、“札幌―新千歳空港間”を運行する快速エアポートの一部列車をラッピング列車として走らせる。また、JR白老駅の副駅名称も〈ウポポイ前〉とし、特急列車内ではアイ…
コメント:0

続きを読むread more