「函館市電7001号車」試運転開始。

今日は、「“函館市電7001号車”試運転開始」の話題を一つ。函館市企業局交通部は2月14日、函館市電の車体更新車「7001号車」の試運転を始めた。これは、平成19年の9600形(らっくる号)導入以来13年ぶりの新形式となる7000形の1両目で、大阪府摂津市のアルナ車両で製造した車体に715号車の台車を使用、職員の習熟期間を経て、営業走行に入るという。昭和35年に運行を開始した715号車は、昭和34~36年にかけて旧新潟鉄工所で計14両(711号~724号)を製造した710形の1両で、台車は旧住友金属工業製である。710形は60年間にわたって主力車両として活躍し、現在も6両が現役で走行する。この車体は2月10日に駒場車庫に搬入され、14日の試運転では職員やアルナ車両関係者らを乗せて、全路線を走行した。また、既存車両の全面的な更新は平成2~24年にかけて800形を計10両改良した8000形がある。更新費は約1億円で、らっくる号1編成導入(約2.4億円)の4割程度と割安である。ちなみに交通部では新年度は、8006号車・8008号車の車体改良、2021年度には、らっくる号の5編成目導入を計画しているが、710形の車体更新は現時点では未定とのことである。

●試運転で全路線を走行した車体更新車「7001号車」P2150126.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント