〔マイコレクション708〈2000年SLニセコ号サボ〉幌札―安知俱―コセニ・コセニ―安知俱―幌札〕

今回紹介するのは、平成12年4月1日の〈SLニセコ号〉運行初日に、車内で購入した「サボ(幌札―安知俱―コセニ・コセニ―安知俱―幌札)である。この〈SLニセコ号〉は、昭和63年から平成7年まで函館本線で運行していたC62形蒸気機関車3号機牽引の〈SLニセコ号〉の後を引き継ぎ、平成12年4月1日から平成26年11月3日まで運行したC11形蒸…
コメント:0

続きを読むread more

【旧国鉄青函連絡船「摩周丸曳航記~17年ぶりの感動~」〈4〉】

●函館市のシンボル「函館山」と「摩周丸」① ●函館市のシンボル「函館山」と「摩周丸」② ●「摩周丸」が係留されていた可動橋① ●「摩周丸」が係留されていた可動橋② ●「摩周丸」の連絡通路① ●「摩周丸」の連絡通路② ●「摩周丸」の錨
コメント:0

続きを読むread more

【旧国鉄青函連絡船「摩周丸曳航記~17年ぶりの感動~」〈3〉】

●いよいよ17年ぶりに函館港内を移動する「摩周丸」⑨ ●いよいよ17年ぶりに函館港内を移動する「摩周丸」⑩ ●いよいよ17年ぶりに函館港内を移動する「摩周丸」⑪ ●いよいよ17年ぶりに函館港内を移動する「摩周丸」⑫ ●いよいよ17年ぶりに函館港内を移動する「摩周丸」⑬ ●いよいよ17年ぶりに函館港内を移動する「摩周丸」⑭ ●…
コメント:0

続きを読むread more

【旧国鉄青函連絡船「摩周丸曳航記~17年ぶりの感動~」〈2〉】

●一目見ようと集まった鉄道ファンら① ●一目見ようと集まった鉄道ファンら② ●一目見ようと集まった鉄道ファンら③ ●一目見ようと集まった鉄道ファンら④ ●いよいよ17年ぶりに函館港内を移動する「摩周丸」① ●いよいよ17年ぶりに函館港内を移動する「摩周丸」② ●いよいよ17年ぶりに函館港内を移動する「摩周丸」③ ●いよいよ…
コメント:0

続きを読むread more

【旧国鉄青函連絡船「摩周丸曳航記~17年ぶりの感動~」〈1〉】

2月15日(水)、朝早く起きてバスに乗り、JR函館駅に向かった。この日は、国鉄青函連絡船として活躍し、現在は函館港若松埠頭に係留されている観光施設「函館市青函連絡船記念館摩周丸」が、船体塗装工事等のため、17年ぶりに海上を移動し対岸にある函館どつくへ曳航される日である。午前7時40分ころ、記念館摩周丸に到着し、その感動的な瞬間を一目見よ…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道の車内広告「基準緩和」。

続いては、「JR北海道の車内広告“基準緩和”」の話題を一つ。札幌市の屋外広告物審議会は2月5日、市が示したJR北海道の車体広告物数の「基準緩和」を了承した。これは、広告料収入増を目指すJR北海道の要望を受けたもので、1車両あたり左右2点ずつに制限していたポスター広告などを、同6点ずつまで認め、4月から快速エアポートに適用される見通しであ…
コメント:0

続きを読むread more

JR根室本線「芦別―富良野間」、2カ月半ぶりに運転再開。

今日は、「JR根室本線“芦別―富良野間”、2カ月半ぶりに運転再開」の話題を一つ。架道橋が事故で損傷した影響で昨年11月からバスによる代行運転を行っていたJR根室本線の「芦別―富良野間」は2月5日の始発から、2カ月半ぶりに列車の運転を再開した。JR北海道広報部によると、修復工事の間、「芦別―富良野間」などの上下線計19本のうち15本をバス…
コメント:0

続きを読むread more