トミックスからNゲージ「JRキハ183系特急ディーゼルカー(とかち)セットB」発売。

続いては、「トミックスからNゲージ“JRキハ183系特急ディーゼルカー(とかち)セットB”発売」の話題を一つ。トミックスからこのたび、Nゲージ「JRキハ183系特急ディーゼルカー(とかち)セットB」(価格:税抜18600円)が発売された。この「キハ183系」は、北海道のキハ82系置換え用に昭和54年に登場した特急車両で、「とかち」は石勝…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道旭川運転所所属のDE15形ディーゼル機関車が「黄色一色塗装」に。

今日は、「JR北海道旭川運転所所属のDE15形ディーゼル機関車が“黄色一色塗装”に」の話題を一つ。JR北海道では、旭川運転所所属のDE15形ディーゼル機関車1545号機が「黄色一色塗装」となり、5月28日(木)に、苗穂工場から出場した。これは、8月から9月にかけて、北海道内で運転される予定の『ザ・ロイヤルエクスプレス』の牽引に備えたもの…
コメント:0

続きを読むread more

りくべつ鉄道「6月1日」から営業開始。

続いては、「りくべつ鉄道“6月1日”から営業開始」の話題を一つ。陸別町にあるりくべつ鉄道では、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、今年度の営業を延期していたが、このたびの緊急事態宣言解除を受け、6月1日(月)から今シーズンの営業を開始するという。りくべつ鉄道では『開業後はスタッフのマスクの着用等、飛沫防止対策に加え、車内の消毒やこ…
コメント:0

続きを読むread more

道の駅あびらD51ステーション「営業時間」の短縮緩和。

続いては、「道の駅あびらD51ステーション“営業時間”の短縮緩和」の話題を一つ。安平町にある道の駅あびらD51ステーションでは、全国的に緊急事態宣言が解除されたのに伴い、「営業時間」の短縮を緩和するという。 ○営業時間 5月30日(土)より当面の間:9時~17時まで(テイクアウトコーナーは、10時~16時30分まで) ○その他…
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線札幌延伸に向け「「立岩トンネル」来月から掘削。

今日は、「北海道新幹線札幌延伸に向け“立岩トンネル”来月から掘削」の話題を一つ。北海道新幹線の札幌延伸に向け、建設主体の鉄道建設・運輸施設整備支援機構は6月17日にも、“八雲―長万部間”の「立岩トンネル」(17㌔)のうち、長万部側の豊津工区(2㌔)の掘削を始めるという。この「立岩トンネル」は、4工区に分けて工事を進めており、豊津工区は最…
コメント:0

続きを読むread more

374 JR貨物北海道支社の「新聞広告」。

JR貨物北海道支社は、日本の食糧提供基地である北海道の農産品を中心に輸送し、地域の農業・経済に貢献し、日々の暮らしに寄り添う事業を営む存在であることを幅広く伝え、認知度・好感度を高めることを狙ってきた。また、鉄道貨物輸送が北海道と本州を結ぶ重要な運送インフラであることを道民に伝えるとのコンセプトで、4回のシリーズ広告を企画した。北海道農…
コメント:0

続きを読むread more

「函館市青函連絡船記念館摩周丸」5月26日から営業再開。

続いては、「“函館市青函連絡船記念館摩周丸”5月26日から営業再開」の話題を一つ。函館港にある「函館市青函連絡船記念館摩周丸」は、国の緊急事態宣言解除を受け、5月26日(火)より営業を再開している。なお、喫茶・ガイドツアー・キッズコーナーの児童書自由閲覧・木のおもちゃ自由使用・サロン(無料休憩所)の団体使用は、当分の間休止するという。ま…
コメント:0

続きを読むread more

北海道鉄道観光資源研究会顧問・原田さん執筆の「道南とっても“鉄”な旅話」連載終了。

今日は、「北海道鉄道観光資源研究会顧問・原田さん執筆の“道南とっても鉄な旅話”連載終了」の話題を一つ。函館出身で長く地元北海道新聞社に勤務され、平成27年に退職されてからは、趣味の鉄道に深く関わり、現在は、北海道鉄道観光資源研究会の顧問をしている原田さんが、北海道新聞の地域情報版・みなみ風で、平成30年4月10日から月2回「道南とっても…
コメント:0

続きを読むread more

ありがとう札沼線実行委員会に「ありがとう札沼線見送り画像」送る。

今日は、「ありがとう札沼線実行委員会に“ありがとう札沼線見送り画像”送る」の話題を一つ。ありがとう札沼線実行委員会では、5月7日に廃止された“北海道医療大学―新十津川間”が、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、急きょ4月17日に前倒しされたことを受け、『ありがとう札沼線』と書かれた手旗を持って撮影した画像を実行委員会に送ることができ…
コメント:0

続きを読むread more

道南いさりび鉄道の列車に「ヒグマ」が衝突。

今日は、「道南いさりび鉄道の列車に“ヒグマ”が衝突」の話題を一つ。5月24日午前11時10分すぎ、函館市の隣の北斗市茂辺地の道南いさりび鉄道の線路上で、茂辺地駅を出て渡島当別駅に向かっていた木古内行きの1両編成の普通列車と「ヒグマ」が衝突した。当時列車には、乗客と乗員合わせて6人が乗っていたがケガはなく、まもなく運行が再開された。この影…
コメント:0

続きを読むread more

373 北海道近代化支えた産業遺産・いぶり炭鉄港めぐり~安平町のD51形蒸気機関車320号機~。

安平町には、昨年4月にオープンした『道の駅あびらD51ステーション』があり、併設された鉄道資料館に安平町唯一の炭鉄港構成文化財の「D51形蒸気機関車320号機」が展示されている。安平町は旧早来町と旧追分町が合併して誕生した町で、旧追分町には、国鉄岩見沢第一機関区と並ぶ石炭輸送の中核だった国鉄追分機関区が存在し、石炭の鉄道輸送により日本の…
コメント:0

続きを読むread more

372 北海道近代化支えた産業遺産・いぶり炭鉄港めぐり~旧室蘭駅舎~。

洋風建築の面影を残す屋根に白い漆喰の外壁。室蘭市民にはなじみ深い木造2階建ての「旧室蘭駅舎」(“がんぎ”と呼ばれる建築様式を取り入れるなど全国でも珍しい造りの駅舎で、平成9年10月に現室蘭駅に鉄道機能を引き継ぎ、現在は、室蘭観光協会が入り市内観光の拠点となっている)は、室蘭市が誕生する以前から今に残る道内最古の木造駅舎である。その歴史を…
コメント:0

続きを読むread more

函館市青函連絡船記念館摩周丸で営業再開をめざして「塗装作業急ピッチ」。

今日は、「函館市青函連絡船記念館摩周丸で営業再開をめざして“塗装作業急ピッチ”」の話題を一つ。函館市青函連絡船記念館摩周丸では、5月31日までの臨時休館中に屋外の「塗装作業」を進めている。政府が新型コロナウイルスの感染拡大防止のため北海道などで継続している緊急事態宣言を5月25日にも解除する見通しとなったことを受け、営業再開が早まる可能…
コメント:0

続きを読むread more

371 JR北海道技術の殿堂~北海道鉄道技術館~。

「北海道鉄道技術館」は、昭和62年4月、国鉄からJR北海道への新たなスタートに併せ、北海道鉄道技術の歴史と文化を後世に伝えると共に、地域に密着した鉄道工場として、一般の方々に身近に感じていただく場にしたいと考え(一般財団法人)JR北海道文化財団が開設した。この「北海道鉄道技術館」の建物は、明治43年に苗穂工場の用品倉庫としてレンガ造りで…
コメント:0

続きを読むread more

旭川の印刷会社「とびだすぬりえ」の無料サービス開始。

今日は、「旭川の印刷会社“とびだすぬりえ”の無料サービス開始」の話題を一つ。新型コロナウイルスの感染予防のため、自粛生活を余儀なくされている親子らに楽しんでもらおうと、旭川の印刷会社・中村印刷は5月25日からAR(拡張現実)技術を使った「とびだすぬりえ」の無料サービスを始める。これは、専用の用紙に描かれた電車に色を塗り、スマートフォンな…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「夏の臨時列車の指定席発売見合わせ&一部臨時列車運転取止め」について。

続いては、「JR北海道“夏の臨時列車の指定席発売見合わせ&一部臨時列車運転取止め”について」の話題を一つ。JR北海道では、7月1日(水)~9月30日(水)の92日間に「夏の臨時列車」を計画しており、5月25日発売の『時刻表6月号』に掲載されるが、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、「夏の臨時列車指定席発売見合わせ」とする。また、ホ…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「5月28日以降の北海道新幹線の運休・指定席発売」について。

続いては、「JR北海道“5月28日以降の北海道新幹線の運休・指定席発売”について」の話題を一つ。JR北海道では、新型コロナウイルスの感染拡大による影響により、5月13日に『発売見合わせ中の北海道新幹線の運転計画・指定席発売について』において5月28日以降の運転計画についてお知らせしたが、東北地方の緊急事態宣言が解除されたことにより、次の…
コメント:0

続きを読むread more

岩見沢赤電保存会で「グッズ販売」始める。

今日は、「岩見沢赤電保存会で“グッズ販売”始める」の話題を一つ。岩見沢赤電保存会では、平成27年3月13日を最後に引退した北海道初の電車であり、国内で初めての交流専用電車である〈711系赤い電車〉を市内栗沢町で2両保存しているが、維持・管理・保存に多額の経費がかかるため、このたび「グッズ販売」を始めた。全国の鉄道ファンの皆さん、維持・保…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション755 『JR北海道発足10周年記念メモリアルチケットマラソン入場券477枚セット』の一部「16…

今回紹介するのは、JR北海道が発足10周年を記念して平成7年から平成10年にかけて発売した『JR北海道発足10周年記念メモリアルチケットマラソン入場券477枚セット』のうちの一部「168枚」である。今では廃止された江差線(木古内―江差間)の各駅や函館本線の姫川駅、鷲ノ巣駅、北豊津駅、宗谷本線の北比布駅、下沼駅、南下沼駅等の懐かしい駅の入…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション754〈レプリカ愛称板〉急行「十和田」〕

今回紹介するのは、急行「十和田」の〈レプリカ愛称板〉である。急行「十和田」は、昭和29年10月1日に“東京―青森間”を結ぶ急行列車として運行された。その後、昭和31年11月19日のダイヤ改正で“上野―青森間”となり、昭和60年3月14日のダイヤ改正で、東北新幹線上野開業に伴い廃止された。私も学生時代の昭和42年から46年にかけて、北海道…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道、来月14日から「減便拡大」。

今日は、「JR北海道、来月14日から“減便拡大”」の話題を一つ。JR北海道社長は5月20日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大による需要減を受け、6月14日から当面の間、「減便区間と本数を拡大」すると発表した。これまでは“札幌―旭川間”など本数の多い区間の特急が中心だったが、今後は、宗谷本線や石北本線も新たに対象とするという。また…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション753〈レプリカサボ〉上野行(東北線経由)〕

今回紹介するのは、「上野行(東北線経由)」の〈レプリカサボ〉である。昭和40年代、私も学生時代、北海道から東京に行くには、青函連絡船に乗り、青森からは東北本線経由か常磐線経由、たまには奥羽本線経由の上野行きの急行をよく利用したものだ。非常に懐かしい〈レプリカサボ〉である。ちなみに大きさは、縦18㌢×横60㌢である。 ●〈レプリカサ…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション752〈ミニチュアヘッドマーク〉観光列車「風っこそうや号1号車&4号車」〕

今回紹介するのは、(株)北海道キヨスクから1個税込1527円で発売された観光列車「風っこそうや号1号車&4号車」の〈ミニチュアヘッドマーク〉である。「風っこそうや号」は、昨年の7月27日~9月8日までの15日間、“稚内―音威子府間”および“旭川―音威子府間”で運行されたJR北海道の観光列車である。ちなみに〈ミニチュアヘッドマーク〉の大き…
コメント:0

続きを読むread more

「北海道新幹線指定席発売」5月28日以降も延期。

続いては、「“北海道新幹線指定席発売”5月28日以降も延期」の話題を一つ。JR北海道では、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、発売を見合わせている5月28日以降の「北海道新幹線指定席」については、5月21日(木)から発売する予定だったが、発売を延期するという。 ○「指定席発売」を延期する期間 5月28日(木)~当面の間 ○対象…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道のリゾート列車「クリスタルエクスプレス トマム&サホロ」一部解体始まる。

今日は、「JR北海道のリゾート列車“クリスタルエクスプレス トマム&サホロ”一部解体始まる」の話題を一つ。昨年、営業運転から離脱したJR北海道のリゾート列車「クリスタルエクスプレス トマム&サホロ」は、平成元年、JR北海道が苗穂工場でつくった国鉄特急形気動車キハ183の系列で、“札幌―新得間”の〈特急トマムサホロスキーエクスプレス〉をは…
コメント:0

続きを読むread more

函館駅直結「JRイン函館」オープン。

今日は、「函館駅直結“JRイン函館”オープン」の話題を一つ。JR北海道ホテルズは5月18日、JR函館駅に直結した宿泊特化型ホテル「JRイン函館」をオープンした。地上12階建てで、客室は215室、駅構内を見下ろせる大浴場と函館山が一望できるラウンジを最上階の12階に設けた。新型コロナウイルスの感染拡大で当面は観光客の利用が見込みづらいが、…
コメント:0

続きを読むread more

370 JR貨物最北駅「名寄駅(名寄オフレールステーション・略称名寄ORS)」。

JR貨物の「名寄駅」は、コンテナ貨物の取扱駅となっている。コンテナ集配基地の「名寄オフレールステーション(名寄ORS)」が、駅舎北側に併設されており、貨物列車代行のトラック便が北旭川駅との間に1日5往復運行されている。なお、ここはJR貨物の駅としては最北端に位置している。かつては、1面2線のコンテナホームがあったが、貨物列車の発着が廃止…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション751〈VHSビデオ〉男はつらいよ~望郷編~〕

今回紹介するのは、昭和45年公開の渥美清主演の寅さんシリーズ第5作「男はつらいよ~望郷編~」の〈VHSビデオ〉である。内容はいつもの義理と人情の話であるが、鉄道ファンには懐かしいシーンが登場する。寅さんが、義理ある親分の息子が蒸気機関車の機関助士をしている小樽を訪ね、病床の父親に会わせる説得に失敗し、息子が乗るD51形蒸気機関車が小樽か…
コメント:0

続きを読むread more

森林鉄道蒸気機関車「雨宮21号」今季の運行開始。

今日は、「森林鉄道蒸気機関車“雨宮21号”今季の運行開始」の話題を一つ。北海道遺産の森林鉄道蒸気機関車「雨宮21号」が5月16日、オホーツク管内遠軽町の丸瀬布森林公園いこいの森で今季の運行を始めた。今年は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い運行開始が延期され、休業要請の一部解除を受けて、当初の予定よりも17日遅れての出発進行となった。ち…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション750〈ラミネート方向幕・函館(レプリカ)〉特急おおとり〕

今回紹介するのは、「特急おおとり」の〈ラミネート方向幕・函館(レプリカ)〉である。この特急「おおとり」は、昭和39年10月1日のダイヤ改正で登場した北海道で2番目のディーゼル特急で、“函館―網走間”(660.8㌔)を10時間30分かけて走行した名特急である。ちなみにこの〈ラミネート方向幕〉の大きさは、縦21㌢×横72㌢である。 ●…
コメント:0

続きを読むread more

函館市企業局交通部「函館市電・混雑状況のお知らせ」を毎週更新。

今日は、「函館市企業局交通部“函館市電・混雑状況のお知らせ”を毎週更新」の話題を一つ。函館市企業局交通部では、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、今週から時差出勤や混雑回避の参考情報として「函館市電・混雑状況のお知らせ」をホームページに掲載する。なお、毎週木曜日に更新するという。 ●今週からホームページに掲載される「函館市電・…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道、新型コロナウイルス感染拡大による需要減で「減便列車」発表。

続いては、「JR北海道、新型コロナウイルス感染拡大による需要減で“減便列車”発表」の話題を一つ。JR北海道は5月13日、新型コロナウイルス感染拡大による需要減を受け「減便列車」を発表した。 〈北海道新幹線〉 ・5月28日(木)から当面の間“新青森―新函館北斗間”の上りと下り合わせて1日計6本を減便(新幹線の定期列車の減便は初めて…
コメント:0

続きを読むread more

道南うみ街信用金庫乙部支店で写真展「江差線~想い出の軌跡~」好評開催中。

今日は、「道南うみ街信用金庫乙部支店で写真展“江差線~想い出の軌跡~”好評開催中」の話題を一つ。平成26年5月に廃止されたJR江差線(木古内―江差間)の風景を撮影した写真展「江差線~想い出の軌跡~」が、乙部町内の道南うみ街信用金庫乙部支店で好評開催中である。展示している22点は、隣町江差町在住の鉄道写真家・辻さんの作品で、同信金の前身の…
コメント:0

続きを読むread more

豪華寝台列車「トランスイート四季島」7月末まで運休。

今日は、「豪華寝台列車“トランスイート四季島”7月末まで運休」の話題を一つ。JR東日本は5月12日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、東京・上野発着で道内や東北などを巡る豪華寝台列車「トランスイート四季島」を7月末まで運休すると発表した。JR東日本では、新型コロナウイルスの影響で4月18日から運行を取りやめていたが、、『旅行の安全…
コメント:0

続きを読むread more

4月1日「JR石勝線夕張支線」廃止1年&「夕張鉄道」全線廃止45年。

続いては、「4月日“JR石勝線夕張支線”廃止1年&“夕張鉄道”全線廃止45年」の話題を一つ。今年の4月1日、「JR石勝線夕張支線」が廃止されて1年を迎えた。また、かつて夕張から江別市野幌までを結んでいた「夕張鉄道」は、昭和50年4月1日に全線が廃止され、45年を迎えた。夕張市内に住む花田さん(88歳)は、元夕張鉄道の機関士で『鹿ノ谷駅は…
コメント:0

続きを読むread more

JR室蘭本線の「御崎駅」、シバザクラ見頃。

今日は、「JR室蘭本線の“御崎駅”、シバザクラ見頃」の話題を一つ。室蘭市御崎町のJR室蘭本線「御崎駅」では、室蘭方面の下り線ホーム一面に植えたシバザクラが見頃を迎えた。これは、地元住民が長年にわたって丹念に育ててきたもので、約100㍍にわたり赤紫やピンク色の花で覆われ、列車の車窓に一瞬の幸福感を呼び込んでいる。 ●シバザクラが見頃…
コメント:0

続きを読むread more

残念、すでに解体されていた「オヤ31(車両限界測定車・通称オイラン車)」。

続いては、「残念、すでに解体されていた“オヤ31(車両限界測定車・通称オイラン車)”」の話題を一つ。以前、JR北海道五稜郭車両所の一般公開で見た「オヤ31(車両限界測定車・通称オイラン車)」が、平成30年9月に、この五稜郭車両所で解体されたことをこのたび初めて知った。この「オヤ31(車両限界測定車・通称オイラン車)」は、五稜郭車両所から…
コメント:0

続きを読むread more

「旧国鉄戸井線アーチ橋」戦時遺産として後世に。

続いては、「“旧国鉄戸井線アーチ橋”戦時遺産として後世に」の話題を一つ。函館市中心部から国道278号線を恵山方面へ走り、汐首岬付近で津軽海峡を望む断崖を見上げると、「旧国鉄戸井線」の遺構「アーチ橋」がある。随所に見られる崩れやひび割れが、約80年の時間の経過を告げている。この「旧国鉄戸井線」は、津軽海峡防衛のための軍事物資や兵員輸送を目…
コメント:0

続きを読むread more

釧路の「石炭列車」を観光に活用。

今日は、「釧路の“石炭列車”を観光に活用」の話題を一つ。釧路市内の専用鉄道・太平洋石炭販売輸送臨港線で1世紀近く石炭を運び続けた通称「石炭列車」。昨年3月末に採炭量の減少などにより運行を終え、線路はすでに撤去されたが、郷愁を誘う光景は観光資源にもなってきた。地元では釧路の発展を支えてきたその歴史を『産業遺産』として引き継ぎ、観光にも活用…
コメント:0

続きを読むread more

北斗星広場の「北斗星車両内部公開見合わせ&北斗星簡易宿泊所オープン延期」。

続いては、「北斗星広場の“北斗星車両内部公開見合わせ&北斗星簡易宿泊所オープン延期”」の話題を一つ。北斗の星に願いをプロジェクト推進委員会は、このたびの新型コロナウイルス感染拡大による影響で、北斗市茂辺地地区の北斗星広場に展示している北斗星車両の「内部公開見合わせ」を当面の間、また、今年6月にオープンを目指していた北斗星車両を使った「簡…
コメント:0

続きを読むread more

全国の新幹線等の「車いす対応座席」インターネット申込受付開始。

今日は、「全国の新幹線等の“車いす対応座席”インターネット申込受付開始」の話題を一つ。新幹線や一部の在来線特急列車に用意している「車いす対応座席」は、現在、みどりの窓口へ直接または電話で申込しているが、このたび、全国の新幹線等の「車いす対応座席」の申込について、JR各社のホームページからインターネットでの受付を開始するという。 ○…
コメント:0

続きを読むread more

道南いさりび鉄道の「五稜郭駅売店」、再度の営業時間変更。

続いては、「道南いさりび鉄道の“五稜郭駅売店”、再度の営業時間変更」の話題を一つ。道南いさりび鉄道では、国の新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言に基づき、「五稜郭駅売店」の営業時間を再度変更するという。 ○変更期間 5月9日(土)~31日(土)まで ○変更時間 8:00~17:00まで ●道南いさりび鉄道「五稜…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「大型連休期間利用実績」発表。

続いては、「JR北海道“大型連休期間利用実績”発表」の話題を一つ。JR北海道は5月7日、「大型連休期間(4月24日~5月6日)利用実績」を発表した。それによると、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、北海道新幹線の「利用実績」は、前年同期比97%減の4300人で、開業以来最低となった。また、在来線の特急主要3区間でも前年同期比91%…
コメント:0

続きを読むread more

JR札沼線の“北海道医療大学―新十津川間廃止”により、道内の「非自動閉塞」姿消す。

続いては、「JR札沼線の北海道医療大学―新十津川間廃止により、道内の“非自動閉塞”姿消す」の話題を一つ。JR札沼線の“北海道医療大学―新十津川間”(47.6㌔)が5月7日に廃止となり、列車が区間内を走る際、人の手を介して誤進入などを防ぐ「非自動閉塞」の路線が、道内からすべて姿を消した。札沼線の「非自動閉塞」は、スタフ(通票)と呼ばれる〈…
コメント:0

続きを読むread more

JR札沼線の「北海道医療大学―新十津川間」セレモニーもなく、静かに廃止。

今日は、「JR札沼線の“北海道医療大学―新十津川間”セレモニーもなく、静かに廃止」の話題を一つ。JR札沼線の「北海道医療大学―新十津川間」(47.6㌔)が5月7日(木)廃止となり、セレモニーもなく、静かに85年の歴史に幕を閉じた。この日、終着駅の新十津川駅はじめ廃止区間の16駅のホームに設置されていた駅名標はすべて取り外された。ちなみに…
コメント:0

続きを読むread more

〔〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線の現況〕DD51形&DE10形ディーゼル機関車牽引の「貨物列車」運行。

北海道の山間のローカル線・国鉄山下線には、現在、DD51形ディーゼル機関車牽引の「コンテナ専用貨物列車」と、DE10形ディーゼル機関車牽引の「貨物列車」が、仲良く走行している。 ●DD51形&DE10形ディーゼル機関車牽引の「貨物列車」① ●DD51形&DE10形ディーゼル機関車牽引の「貨物列車」② ●DD51形&DE10形デ…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション749〈Nゲージジオラマ〉鉄橋を渡る貨物列車〕

今回紹介するのは、〈Nゲージジオラマ〉の「鉄橋を渡る貨物列車」である。情景としては、C11形蒸気機関車牽引の貨物列車が鉄橋を渡り、下の川には、釣り人が釣り糸をたらし、魚釣りを楽しんでいるという光景である。ちなみにケースの大きさは、横34.5㌢×奥行13.5㌢×高さ13.5㌢である。 ●〈Nゲージジオラマ〉鉄橋を渡る貨物列車① ●…
コメント:0

続きを読むread more

【北海道新幹線「新函館北斗駅周辺散策」】

5月3日(日・祝)、私用の帰り、久しぶりに北海道新幹線の現時点での終着駅「新函館北斗駅」に寄ってきた。やはり、新型コロナウイルス感染拡大による影響で、人影はまばらで、早々に帰ってきた。 ●新函館北斗駅周辺① ●新函館北斗駅周辺② ●駅前公園にある「旧国鉄渡島大野駅(新函館北斗駅の前身〉油庫」(明治43年製造) ●駅前公園にあ…
コメント:0

続きを読むread more

道南いさりび鉄道、外出を控えている子供に自社の「列車ペーパークラフト」を配信。

続いては、「道南いさりび鉄道、外出を控えている子供に自社の“列車ペーパークラフト”を配信」の話題を一つ。道南いさりび鉄道では、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、外出を控えている子供たちに、少しでも楽しんでもらおうと自社の「列車ペーパークラフト」を配信している。道南いさりび鉄道では『子供向けに用意しているが、もちろん大人の皆さんも…
コメント:0

続きを読むread more

『日本最長の山岳トンネル』になる北海道新幹線・渡島トンネルの「村山工区」掘削完了。

続いては、「“日本最長の山岳トンネル”になる北海道新幹線・渡島トンネルの“村山トンネル”掘削完了」の話題を一つ。完成すると『日本最長の山岳トンネル』になる、長さ32.675㌔の北海道新幹線・渡島トンネル。7工区に分けて工事を進めるこの渡島トンネルのなかの、最も南側の「村山工区」(5.365㌔)の掘削がこのたび完了、そのすぐ北側の台場工区…
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線&在来線青函共用区間の「貨物列車走行時間帯区分方式等調査費」に今年度1億7800万円計上。

今日は、「北海道新幹線&在来線青函共用区間の“貨物列車走行時間帯区分方式等調査費”に今年度1億7800万円計上」の話題を一つ。北海道新幹線と在来線貨物列車が共用する、青函共用区間の「貨物列車走行時間帯区分方式等調査費」に今年度は事業費として1億7800万円が計上された。これは、新型コロナウイルス感染拡大前に決まった額で、安全性を確保しな…
コメント:0

続きを読むread more

【函館ききょう幼稚園展示車両見学記〈2〉】

●展示車両(快速海峡・函館―青森間)① ●展示車両(快速海峡・函館―青森間)② ●展示車両(快速海峡・函館―青森間)➂ ●展示車両(快速海峡・函館―青森間)④ ●展示車両(快速海峡・函館―青森間)⑤ ●展示車両(快速海峡・函館―青森間)⑥ ※ここには今回紹介した車両の他〈入換スイッチャー〉や〈車掌車〉、〈コンテナ〉や〈踏…
コメント:0

続きを読むread more

【函館ききょう幼稚園展示車両見学記〈1〉】

5月3日(日・祝)午後から、娘夫婦と一度行きたかった函館市内のききょう幼稚園に行って来た。ここの幼稚園は、鉄道車両を園児の情操教育に活用しているという鉄道ファンの間では有名な幼稚園である。ただこの日は、日曜日と新型コロナウイルス感染拡大防止による休園日で、残念ながらすべての車両を見ることは出来なかったので、外から見学してきた。ここには、…
コメント:0

続きを読むread more

解体一転、保存された「函館市電722号車」と感激の対面。

続いては、「解体一転、保存された“函館市電722号車”と感激の対面」の話題を一つ。かつて、函館市企業局が廃車車両の一般競争入札を公告したが、期日までに1件も申し込みがなかったので、解体する方針でいたが、一転、市内西桔梗町の竹田運輸が同局に購入を打診、解体一転、保存されたのが、この「函館市電722号車」である。これまでは、市電廃車後は鉄く…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション748「ありがとう札沼線グッズ」6点セット〕

今回紹介するのは、旭川市の鉄道ショップ・ぽっぽやから発売された“ありがとう札沼線グッズ”6点セット」である。内容は〈記念ミニのぼり・タオル・うちわ・ステッカー・缶バッジ・2020/3/14改正 北海道ミニ時刻表〈最後の札沼線掲載〉〉の6点である。ちなみにこのJR札沼線の一部区間廃止(北海道医療大学―新十津川間・47.6㌔)は、新型コロナ…
コメント:0

続きを読むread more

木古内町郷土資料館(いかりん館)で開催予定の「春色の汽車に乗ってキーコの街へ写真展」開催延期。

続いては、「木古内町郷土資料館(いかりん館)で開催予定の“春色の汽車に乗ってキーコの街へ写真展”開催延期」の話題を一つ。渡島管内木古内町の木古内町郷土資料館(いかりん館)では、「春色の汽車に乗ってキーコの街へ写真展」(同時開催:日本セメント上磯工場専用鉄道廃止30周年記念写真展)を開催する予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大による…
コメント:0

続きを読むread more

「道南トロッコ鉄道」5月6日(水)まで運休。

今日は、「“道南トロッコ鉄道”5月6日(水)まで運休」の話題を一つ。「道南トロッコ鉄道」(旧JR江差線・渡島鶴岡駅付近で運行)では、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、4月25日(土)から5月6日(水)まで運休するが、状況によっては、5月7日(木)以降の運休もありうるという。 ●「道南トロッコ鉄道」の様子
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション747〈DVD〉懐かしい昭和のワンパク時代〕

今回紹介するのは、北海道放送(HBC)からこのたび発売された〈DVD〉の「懐かしい昭和のワンパク時代」(税込価格3000円・210分)である。サブタイトルに、“誰もがワンパクだった昭和30年代--‐、今、鮮やかによみがえる”とあり、内容は、テレビ草創期に北海道放送(HBC)が撮影した道内各地の映像18本で構成され、鉄道関係では〈札幌チン…
コメント:0

続きを読むread more

お食事を提供する観光列車「ながまれ海峡号」、今年の運行は8月から。

続いては、「お食事を提供する観光列車“ながまれ海峡号”、今年の運行は8月から」の話題を一つ。道南いさりび鉄道では、(株)日本旅行と提携し、お食事を提供する観光列車「ながまれ海峡号」を不定期で運行しているが、今年度は、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、5月から7月までの5回分の運行は中止となり、8月から10月まで、7回運行するとい…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「一時帰休」始まる。

今日は、「JR北海道“一時帰休”始まる」の話題を一つ。JR北海道が新型コロナウイルスの感染拡大に伴う減便や業務量の縮減を受け、社員を一時的に休ませる「一時帰休」が5月1日から始まった。これは、全社員の2割に当たる約1450人を対象に7月23日まで実施する。また、「一時帰休」の対象社員は1人当たり月に数日休むが、今後の鉄道の利用状況によっ…
コメント:0

続きを読むread more