「2020くしろ湿原ノロッコ号」の取り組み。

続いては、「“2020くしろ湿原ノロッコ号”の取り組み」の話題を一つ。JR北海道の代表的な観光列車「くしろ湿原ノロッコ号」は、昨年、運行開始30周年を迎え、累計乗車人員200万人を達成した。JR北海道釧路支社では、今年度の運行に合わせて、下記の取り組みを実施するという。全国の鉄道ファンの皆さん、北海道の中でも特に涼しい釧路方面に遊びに来ませんか。

○運行初日に「ラムサール条約登録40周年記念号」運行
・実施日:7月18日(土)
・実施列車:くしろ湿原ノロッコ1~4号
・内容:「記念ヘッドマーク」にて運行/釧路市音別町特産物のフキの皮を原料とした和紙である〈富貴紙〉で作成した「記念乗車証明書」を乗客全員に配布
○「車掌」の制服が新しくなる
今年で運行開始31年目を迎える「くしろ湿原ノロッコ号」に乗務する「車掌」の制服を新調した
・実施日:7月18日(土)~運行終了まで
・コンセプト:釧路湿原のタンチョウと釧路の夕日をイメージ/「くしろ湿原ノロッコ号」の緑をイメージ
・デザイン:原田カーナさん(釧路市在住のボールペン画家)

●JR北海道の観光列車「くしろ湿原ノロッコ号」P6240943.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
かわいい

この記事へのコメント