映画・鉄道員(ぽっぽや)のロケ駅「JR根室駅・幾寅駅」廃駅の危機。

続いては、「映画・鉄道員(ぽっぽや)のロケ駅“JR根室本線・幾寅駅”廃駅の危機」の話題を一つ。平成11年に公開された高倉健さん主演の映画・鉄道員(ぽっぽや)のロケ駅は、JR根室本線の「幾寅駅」(映画では幌舞駅)である。平成28年8月31日の台風10号による大雨の影響により、JR根室本線の“富良野―音別間”が不通となり、10月17日、幾寅駅を含む“東鹿越駅―落合間”に代行バスが運行され、現在も続いている。この区間は、JR北海道の『単独では維持困難な線区』に入っており、この状態が長く続くようであれば、最悪、“廃線・バス転換”ということにもなりかねないのがこの駅の現状である。

●廃駅の危機にあるJR根室本線の「幾寅駅」(映画では幌舞駅)P6260974.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント