釧路市立博物館で企画展「道東の鉄路~国鉄釧路機関区・酒井豊隆の記録~」開催。

今日は、「釧路市立博物館で企画展“道東の鉄路~国鉄釧路機関区・酒井豊隆の記録~”開催」の話題を一つ。旅客や貨物の輸送を一手に担い、鉄道が“陸の王者”だった昭和30~40年代。そして、動力近代化の中で消えゆく蒸気機関車。釧路市立博物館では、鉄道マンとして、また、カメラマンとして蒸気機関車を愛した国鉄釧路機関区・酒井豊隆機関士が記録した、根室本線・釧網本線など道東の国鉄各線(釧路鉄道管理局管内)や雄別鉄道など釧路炭田の炭鉱鉄道を撮影した作品を展示する企画展「道東の鉄路~国鉄釧路機関区・酒井豊隆の記録~」を開催する。

○開催期間
7月11日(土)~9月27日(日)まで
○開催時間
午前9時30分~午後5時まで
○休館日
毎週月曜日(8月10日・9月21日を除く)/8月11日(火・祝日振替)
○会  場
釧路市立博物館 1階マンモスホール(無料)

〔関連行事:講座「出発進行!鉄道を学ぼう・鉄道で学ぼう」〕
○開催日時
9月6日(日) 午前9時15分~午後1時30分まで
○集合場所
釧路市・幸町公園
○定  員
15名(小学生は保護者同伴)〈申込みが定員を超えた場合は抽選〉
○行  程
JR釧路駅近くの幸町公園に保存されているC58形蒸気機関車で、機関車が動く仕組みを学ぶ―JR根室本線の普通列車で音別駅まで行く―車窓から鉄道や地域産業とその歴史を学ぶ―音別では音別ふれあい図書館2階「郷土資料展示室」見学―JR根室本線の普通列車で釧路駅に帰る―解散
○受付期間
7月11日(土)~8月15日(土)まで〈ハガキ・FAX・博物館WEBサイトから申込むこと〉
○参加費
150円(資料・保険料代)/別途JR往復運賃1940円が必要(小学生半額)
○その他
・「冊子」を9月刊行予定(予価税込1200円・通信販売有)
・新型コロナウイルスの感染拡大状況により、期間変更・延期・中止の場合有

●企画展「道東の鉄路~国鉄釧路機関区・酒井豊隆の記録~」のポスターP6270983.JPG
●SL時代の国鉄釧路機関区P6290985.JPG















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント