〔マイコレクション757〈サライ6月号特別付録〉サライ謹製万能チケットホルダー〕

今回紹介するのは、2020年5月10日に小学館から発行された〈サライ6月号〉の特別付録「サライ謹製万能チケットホルダー」である。特別付録解説によると『旅行で列車などに乗った折、また寺社や映画館へ入ろうとしたときなどに「きっぷをどこに入れただろう」「券はどこに仕舞ったか」と、ポケットや財布の中などをまさぐった経験は誰しもあるだろう。「サラ…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション756〈旧国鉄興浜南線〉雄武駅構内使用レール〕

今回紹介するのは、〈旧国鉄興浜南線〉の「雄武駅構内使用レール」である。この〈旧国鉄興浜南線〉は、昭和10年9月15日に“興部―雄武間”(19.9㌔)を「興浜南線」として開業した。しかし、昭和19年11月1日に全線が休止となり、翌昭和20年12月5日に全線の営業が再開された。そして、昭和56年9月18日、第1次特定地方交通線として廃止が承…
コメント:0

続きを読むread more

沿線自治体首長「SL冬の湿原号」の運行継続を要請。

続いては、「沿線自治体首長“SL冬の湿原号”の運行継続を要請」の話題を一つ。JJR北海道が毎年1~3月にかけて釧網本線の“釧路―標茶間”で運行する臨時観光列車「SL冬の湿原号」について、釧路管内の沿線自治体の首長が6月1日、釧路市内の同社釧路支社を訪れ、山田支社長に運行継続などを要請した。これは、牽引機関車のC11形蒸気機関車171号機…
コメント:0

続きを読むread more

JR函館本線森駅の有名駅弁「いかめし」、函館に新工場。

今日は、「JR函館本線森駅の有名駅弁“いかめし”、函館に新工場」の話題を一つ。JR函館本線森駅の有名駅弁「いかめし」を製造販売する渡島管内森町の・いかめし阿部商店は、函館市の三印三浦水産傘下に入り、新会社としての経営を始めた。三浦水産は約1億円を投じ、函館市内の工場に製造ラインを新設、来年から『いかめし阿部商店函館工場』として稼働させる…
コメント:0

続きを読むread more