道の駅あびらD51ステーションで「日本遺産・炭鉄港記念イベント~鉄路の軌跡~鉄道と歩んだ街・追分の栄光」開催。

今日は、「道の駅あびらD51ステーションで“日本遺産・炭鉄港記念イベント~鉄路の軌跡~鉄道と歩んだ街・追分の栄光”開催」の話題を一つ。昨年5月20日に日本遺産“炭鉄港”の構成文化財として指定された、安平町の道の駅あびらD51ステーションのシンボル『D51形蒸気機関車320号機』。道の駅あびらD51ステーションでは、日本の近代化を石炭輸送で支えた蒸気機関車と旧国鉄追分機関区の栄光とその軌跡を振り返るイベント「日本遺産・炭鉄港記念イベント~鉄路の軌跡~鉄道と歩んだ街・追分の栄光」を開催する。全国の鉄道ファンの皆さん、貴重な資料を見に来ませんか。

○開催日
8月22日(土)~23日(日)の2日間
○開催場所
安平町・道の駅あびらD51ステーション
○展示内容
〈模型走行~旧夕張線・室蘭本線・石勝線を駆け抜けた鉄道車両~〉
約50両の石炭列車を牽引し、日本の近代化を支えた蒸気機関車をはじめ、石勝線が開通した昭和56年当時の特急車両など旧夕張線・室蘭本線・石勝線を駆け抜けた鉄道車両を模型で再現。
〈映像と写真やイラスト~旧追分機関区の栄光~〉
昭和40~50年代に旧国鉄マンが撮りためた映像や写真のほか、旧追分機関区を再現したCGパースなどを展示。特に8ミリフィルムで納められた追分機関庫火災の映像やD51形蒸気機関車ラストランをアニメーションで再現した動画は必見である。
〈鉄道雑貨~鉄道お宝市~〉
昭和時代の鉄道お宝が多数。旭川市にある鉄道ショップ「ぽっぽや」が、このイベントにぴったりな商品を販売。
〈郷土資料展示~追憶の鉄道官舎~〉
胆振東部大地震の影響により閉館中の追分郷土資料館。保存する昭和30~40年代の生活道具などを活用し、追分駅前にあった国鉄時代の鉄道官舎を再現。
○特別販売
・復刻!追分駅の駅弁(70年にわたり、鉄路と共に歩んだ追分を駅前で見守ってきた渡辺食堂の協力のもと、追分駅の「駅弁」を復刻。大正時代に追分駅で販売されていた「駅弁」の掛け紙を再現し、数量限定で販売:1個税込1200円/各日1日20食限定/1人1食まで/10時30分販売開始)
・記念切符(今回のイベントに合わせてデザインした「特別記念切符」を販売)
○問合せ先
一般社団法人あびら観光協会(℡0145-29-7751)まで

●「日本遺産・炭鉄港記念イベント~鉄路の軌跡~鉄道と歩んだ街・追分の栄光~」のポスターP7281255.JPG






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント