道南いさりび鉄道「4年連続赤字」。

続いては、「道南いさりび鉄道“4年連続赤字”」の話題を一つ。JR北海道の旧江差線(五稜郭―木古内間・37.8㌔)の経営を引き継いだ第三セクター道南いさりび鉄道(本社函館市)は7月2日、昨年度の決算を発表した。それによると、本業の儲けを示す営業損益は1億7400万円の赤字(前年度は1億6400万円の赤字)となり、営業開始後の通年決算は「4年連続赤字」となった。ちなみにこの赤字分は、北海道や沿線市町の補助金で全額穴埋めされるという。北海道では、JR北海道の経営もかなり厳しいが、第三セクター道南いさりび鉄道の経営も、本当に厳しい。かつての鉄道王国・北海道の面影は、残念ながら今はない。

●厳しい経営状況が続く「道南いさりび鉄道」(国鉄急行色塗装車両)IMGP2627.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント