キハ261系5000番台「はまなす編成」が函館本線で試運転。

続いては、「キハ261系5000番台“はまなす編成”が函館本線で試運転」の話題を一つ。JR北海道では、7月20日(月)、キハ261系5000番台「はまなす編成」(キハ261-5101+キハ260-5101+キハ260-5301+キハ260-5201+キハ260-5201+キハ261-5201)の試運転が、函館本線“苗穂―岩見沢―札幌―苗…
コメント:0

続きを読むread more

観光列車・くしろ湿原ノロッコ号に「ラムサール条約40周年記念ヘッドマーク」掲出。

続いては、「観光列車・くしろ湿原ノロッコ号に“ラムサール条約40周年記念ヘッドマーク”掲出」の話題を一つ。北海道の釧路湿原は,〈ラムサール条約〉(特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約)に登録されてから、7月17日(金)で「40周年」を迎えた。JR北海道釧路支社では、これを記念して7月18日(土)の観光列車「くしろ湿原ノロ…
コメント:0

続きを読むread more

赤平市で写真展「赤平で蒸気機関車が走っていた日々~昭和50年双葉中学校生が撮った写真から~」好評開催中。

続いては、「赤平市で写真展“赤平で蒸気機関車が走っていた日々~昭和50年双葉中学校生が撮った写真から~”好評開催中」の話題を一つ。赤平市の炭鉱遺産ガイダンス施設では、昭和50年頃、当時、赤平市立双葉中学校の生徒だった方から寄贈された鉄道写真約40点を展示している「赤平で蒸気機関車が走っていた日々~昭和50年双葉中学校生が撮った写真から~…
コメント:0

続きを読むread more

「釧路町立遠矢小学校児童」くしろ湿原ノロッコ号をおもてなし。

続いては、「“釧路町立遠矢小学校”くしろ湿原ノロッコ号をおもてなし」の話題を一つ。JR北海道と釧路町は、『釧路町町制施行40周年および釧路町立遠矢小学校開校100周年』を記念し、「釧路町立遠矢小学校児童」によるくしろ湿原ノロッコ号乗客を対象としたおもてなしを実施する。 ○日時 7月23日(木・祝) 11:30頃 ○場所 JR…
コメント:0

続きを読むread more

豪華観光列車「ザ・ロイヤルエクスプレス」、いよいよ北海道へ出発。

今日は、「豪華観光列車“ザ・ロイヤルエクスプレス”、いよいよ北海道へ出発」の話題を一つ。東急とJR北海道が連携して8~9月に道内で初運行する豪華観光列車「ザ・ロイヤルエクスプレス」が7月21日、先頭に牽引用のEF65形電気機関車、その後ろに客車に電気を供給する電源車マニ502186を連結し、早朝に静岡県の伊東駅を出発、沿線で鉄道ファンら…
コメント:0

続きを読むread more

富良野・美瑛ノロッコ号に「富良野線全線開業120周年記念ヘッドマーク」掲出。

今日は、「富良野・美瑛ノロッコ号に“富良野線全線開業120周年記念ヘッドマーク”掲出」の話題を一つ。JR北海道では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今年度の運転を見合わせていた“旭川―富良野間”の富良野・美瑛ノロッコ号が、7月18日(土)から運転を開始した。〈富良野線〉は、明治33年に当時の十勝線“旭川―下富良野(現富良野)間”が…
コメント:0

続きを読むread more

「くしろ湿原ノロッコ号」2カ月半遅れの出発。

続いては、「“くしろ湿原ノロッコ号”2カ月半遅れの出発」の話題を一つ。新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、今季の運行を見合わせていたJR釧網本線の臨時観光列車「くしろ湿原ノロッコ号」が7月18日、約2カ月半遅れで釧路駅と塘路駅の間を往復した。この日は、初日限定で湿原とタンチョウを描いたヘッドマークが取り付けられ、待ち望んでいた鉄道…
コメント:0

続きを読むread more

『北の大地の入場券』で、根室の「終点&絶景」をアピール。

今日は、「“北の大地の入場券”で、根室の“終点&絶景”をアピール」の話題を一つ。JR北海道は7月18日、『北の大地の入場券』(1枚200円)を発売した。全86種類には根室駅も含まれており、同駅みどりの窓口で販売を開始した。この入場券は、各地の鉄道風景が採用されたデザインで、根室駅の入場券には、「根室本線終点」や落石三里浜の海岸段丘を走る…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション774〈上信電鉄〉上デキだるま〕

今回紹介するのは、〈上信電鉄〉がミニ電気機関車・デキ1型を所有することから、“上信電鉄のデキ色のだるま”を略して「上デキだるま」として、受験生向けに販売した3個セットのうちの1個である。 ●〈上信電鉄〉上デキだるま ●上信電鉄の「デキ1型電気機関車」
コメント:0

続きを読むread more

(株)トミーテック、トミックスのNゲージ「キハ260形1300番台新塗装」再販売。

続いては、「(株)トミーテック、トミックスのNゲージ“キハ260形1300番台新塗装”再販売」の話題を一つ。(株)トミーテックは、トミックスのNゲージ「キハ260形1300番台新塗装」(T車)を再生産し販売するという。内容は、キハ260形1300番台中、1310番以降の車体を再現、価格は税抜1800円で、7月23日(木・祝)から販売開始…
コメント:0

続きを読むread more

(株)トミーテック、トミックスのNゲージ「キハ261系1000番台新塗装セット」再販売。

続いては、「(株)トミーテック、トミックスのNゲージ“キハ261系1000番台新塗装セット”再販売」の話題を一つ。(株)トミーテックは、トミックスのNゲージ「キハ261系1000番台新塗装セット」を再生産し販売するという。内容は、〈基本セット〉と〈増結セット〉の2種類で、各3両のセットで、特急スーパーとかち・特急スーパー北斗を再現してい…
コメント:0

続きを読むread more

JR日高本線の“鵡川―様似間”「代替バス試験運行」を要望。

続いては、「JR日高本線の鵡川―様似間“代替バス試験運行”を要望」の話題を一つ。日高管内の7町長は7月16日、新ひだか町公民館で、JR日高本線の“鵡川―様似間”(116㌔)の廃止・バス転換に向けた臨時会議を開き、鉄路を廃止した場合の新たなバス路線などについて協議した。この日は、廃線の最終合意に至らなくても、来年3月のJRバスのダイヤ改正…
コメント:0

続きを読むread more

道南いさりび鉄道「ながまれ号チョロQ」販売。

続いては、「道南いさりび鉄道“ながまれ号チョロQ”販売」の話題を一つ。道南いさりび鉄道では、(株)タカラトミーアーツの協力をいただき、「ながまれ号チョロQ」を販売する。全国の鉄道ファンの皆さん、本人が買ってもよし、お子さんが買ってもよし、ぜひ、購入してみては。 ○商品名 ながまれ号チョロQ(パッケージサイズ/縦9.5㌢×横8.5…
コメント:0

続きを読むread more

北海道鉄道140年記念スタートアップ企画「えきサイト!スタンプラリー」実施。

今日は、「北海道鉄道140年記念スタートアップ企画“えきサイト!スタンプラリー”実施」の話題を一つ。明治13年に北海道最初の鉄道〈幌内鉄道〉の“手宮―札幌間”が開通し、北海道の鉄道の歴史が始まった。その後、北海道と本州をつなぐ青函トンネルの工事など、幾多の困難を乗り越え、多くの皆様とともに、歴史を刻んできた。そして、平成28年には“新函…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「夏の臨時列車運転計画」発表。

続いては、「JR北海道“夏の臨時列車運転計画”発表」の話題を一つ。JR北海道では、「夏の臨時列車」のうち、特急ニセコ号と夕陽ノロッコ号の指定席発売を見合わせていたが、自粛解除を受け発売を開始するという。 ○特急ニセコ号 札幌発7:57―函館着13:40・発13:58―札幌着19:27〈9月5日(土)・6日(日)・7日(月)・10…
コメント:1

続きを読むread more

JR石北本線沿線地域の皆さんによる「特急列車内特産品販売」実施。

続いては、「JR石北本線沿線地域の皆さんによる“特急列車内特産品販売”実施」の話題を一つ。JR北海道では、特急列車を利用する乗客の皆さんに沿線地域の魅力ある商品を楽しんでもらう企画として「特急列車内特産品販売」を実施する。 ○実施列車&実施区間&実施日 〈大雪2号〉 ・留辺蘂―上川間:7月23日(木祝)/25日(土)/26日(…
コメント:0

続きを読むread more

遠軽町、森林鉄道で活躍した「ディーゼル機関車」の修理費全国から募る。

続いては、「遠軽町、森林鉄道で活躍した“ディーゼル機関車”の修理費全国から募る」の話題を一つ。戦前から戦後にかけて、木材を運ぶため道内各地を走り、現在は姿を消した森林鉄道。オホーツク管内遠軽町は、隣町の滝上町や長野県内の森林鉄道で活躍した「ディーゼル機関車」を修理して、走らせながら保存する〈動態保存〉の資金6千万円を企業版ふるさと納税制…
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線の「奥津軽いまべつ駅1日駅長体験」実施。

今日は、「北海道新幹線の“奥津軽いまべつ駅1日駅長体験”実施」の話題を一つ。JR北海道函館支社では、青森県今別町主催の多世代交流イベントに協力し、駅の利用促進および北海道新幹線奥津軽いまべつ駅開業5周年に向けたPRのため、新型コロナウイルス感染対策を講じながら、「奥津軽いまべつ駅1日駅長体験」を実施する。 ○実施日時 7月23日…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道の「6月鉄道運輸収入52%減」。

続いては、「JR北海道の“6月鉄道運輸収入52%減”」の話題を一つ。JR北海道は7月15日、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、「6月鉄道運輸収入」(速報値)が、前年同月比52%減の26億5千万円だったと発表した。本当に厳しいJR北海道の台所である。 ●札幌市にある「JR北海道本社」
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション773〈国鉄北海道総局運転車両部監修〉列車運轉圖票(復刻版)〕

今回紹介するのは、昭和60年に発行された、〈国鉄北海道総局運転車両部監修〉の「列車運轉圖表(復刻版)」である。この「列車運轉圖表(復刻版)」は、函館本線を主体としたもので、内容は、年代別(おもな背景含む)に次のようになっている。 ○明治40年:「道内保存列車運行図表」では最古のものである。(北海道帝国鉄道管理局設立〈明治40年3月…
コメント:0

続きを読むread more