「くしろ湿原ノロッコ号」2カ月半遅れの出発。

続いては、「“くしろ湿原ノロッコ号”2カ月半遅れの出発」の話題を一つ。新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、今季の運行を見合わせていたJR釧網本線の臨時観光列車「くしろ湿原ノロッコ号」が7月18日、約2カ月半遅れで釧路駅と塘路駅の間を往復した。この日は、初日限定で湿原とタンチョウを描いたヘッドマークが取り付けられ、待ち望んでいた鉄道…
コメント:0

続きを読むread more

『北の大地の入場券』で、根室の「終点&絶景」をアピール。

今日は、「“北の大地の入場券”で、根室の“終点&絶景”をアピール」の話題を一つ。JR北海道は7月18日、『北の大地の入場券』(1枚200円)を発売した。全86種類には根室駅も含まれており、同駅みどりの窓口で販売を開始した。この入場券は、各地の鉄道風景が採用されたデザインで、根室駅の入場券には、「根室本線終点」や落石三里浜の海岸段丘を走る…
コメント:0

続きを読むread more