国鉄青函連絡船の航路示す「灯浮標」撤去。

続いては、「国鉄青函連絡船の航路を示す“灯浮標”撤去」の話題を一つ。函館港で国鉄青函連絡船の航路を示すために設置され、長年使用されてきた「灯浮標」が9月18日に撤去された。函館港では国鉄青函連絡船の航路などを示す目的で、「灯浮標」と呼ばれる光を放つ標識が使われてきた。しかし、大型船の出入りをしやすくするため今月26日に航路の一部が廃止されるのに伴って、長年使用されてきた「灯浮標」が撤去されることになったのである。この日は、海底に錨で固定されている重さ約6㌧、高さ9㍍余りの2基の「灯浮標」が大型クレーンを使って引き上げられた。函館港ではクルーズ船の専用ターミナルの整備が進められていて、航路の廃止に伴って港での大型船の出入りがより円滑にできると期待されている。

●函館港の「灯浮標」P9180011.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント