臨時観光列車「夕陽ノロッコ号」運行始める。

今日は、「臨時観光列車“夕陽ノロッコ号”運行始める」の話題を一つ。“世界三大夕日”の一つとされる釧路の夕日を車窓から楽しんでもらおうと、JR北海道が初めて企画した、JR釧網本線“釧路―塘路間”の臨時観光列車「夕陽ノロッコ号」の運行が、9月28日から始まった。この日は好天に恵まれ、満員の約160人が乗車、車窓からは夕日に染まる釧路湿原が一…
コメント:0

続きを読むread more

〈最近購入した鉄道関係本36〉写真集「道東の鉄路~国鉄釧路機関区・酒井豊隆の記録~」。

今回紹介する本は、令和2年9月10日に釧路市立博物館から刊行された、写真集「道東の鉄路~国鉄釧路機関区・酒井豊隆の記録~」(価格税込1200円・A4サイズ・134ページ〈うちカラー20ページ〉である。今回の冊子は、企画展「道東の鉄路~国鉄釧路機関区・酒井豊隆の記録~」の未展示作品も合わせ、400点を収録した写真集である。ちなみにこの企画…
コメント:0

続きを読むread more

40社すべてコンプリートすると「鉄印帳マイスターカード」ゲット!

続いては、「40社すべてコンプリートすると“鉄印帳マイスターカード”ゲット!」の話題を一つ。現在鉄道ファンの間で大人気の「鉄印帳」だが、すべての〈鉄印〉を集めた希望者には、シリアルナンバー入りの「鉄印帳マイスターカード」が有料で発行されるという。お金と時間がある方は、ぜひ参加してみては。ちなみに北海道では、道南いさりび鉄道がただ1社参加…
コメント:0

続きを読むread more

国鉄青函連絡船「洞爺丸海難66年目」現場で慰霊法要。

今日は、「国鉄青函連絡船“洞爺丸海難66年目”現場で慰霊法要」の話題を一つ。昭和29年9月26日の台風15号で、洞爺丸や日高丸など国鉄青函連絡船5隻が沈没し、乗客乗員計1430人が亡くなった洞爺丸台風の「海難事故」から66年目となる9月26日、現場である北斗市七重浜の『慰霊碑』の前で函館市仏教会主催の慰霊法要が行われた。この日は、遺族ら…
コメント:0

続きを読むread more

JR石北本線沿線地域の皆さんによる「特急列車内特産品販売」実施。

続いては、「JR石北本線沿線地域の皆さんによる“特急列車内特産品販売”実施」の話題を一つ。JR北海道では、特急列車を利用する乗客の皆さんに沿線地域の魅力ある商品を楽しんでもらう企画として、特急列車内での沿線地域の皆さんによる「地域特産品」の販売を行ってきたが、好評のため引き続き、10月から12月まで実施するという。全国の鉄道ファンの皆さ…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道、くしろ湿原ノロッコ号で「記念乗車証明書」プレゼント。

続いては、「JR北海道、くしろ湿原ノロッコ号で“記念乗車証明書”プレゼント」の話題を一つ。JR北海道では、10月3日(土)に、ふだん“釧路駅―塘路駅間”で運転している観光列車・くしろ湿原ノロッコ号を川湯温泉駅まで延長運転する。これにあわせて、列車内および停車駅でのおもてなしや、乗客全員に「記念乗車証明書(上り・下り)」をプレゼントすると…
コメント:0

続きを読むread more

「旧標津線を巡る秋のフットパスツアー」参加者募集中。

今日は、「“旧標津線を巡る秋のフットパスツアー”参加者募集中」の話題を一つ。知床ねむろ・北太平洋シーニックバイウェイルート運営代表者会議では、「旧標津線を巡る秋のフットパスツアー」の参加者を募集している。足に自身のある方は参加してみては。 ○開催日 10月10日(土) ○集合場所 JR花咲線厚床駅(10:05) ○解散場所…
コメント:0

続きを読むread more

狩勝高原園地で「無限列車夜間撮影会」開催。

続いては、「狩勝高原園地で“無限列車夜間撮影会”開催」の話題を一つ。人気漫画『鬼滅の刃』に登場する「無限列車」に見立てたSLの「夜間撮影会」が9月20日(日)、狩勝高原園地で開催された。この日は、新型コロナウイルス対策を講じながら無観客で開催、札幌や帯広などから13人のアマチュアカメラマンが参加し、スモークライトで演出したSLをカメラに…
コメント:0

続きを読むread more

JR旭川運転所所属の「DE15形ディーゼル機関車1534号機」苗穂工場へ回送。

続いては、「JR旭川運転所所属の“DE15形ディーゼル機関車1534号機”苗穂工場へ回送」の話題を一つ。9月24日(木)、JR旭川運転所所属の「DE15形ディーゼル機関車1534号機」が、北旭川駅から苗穂駅まで回送された。苗穂駅到着後は、全般検査のため苗穂工場に入場するようで、同機の〈旧ノロッコ色塗装〉が維持されるかが注目される。 …
コメント:0

続きを読むread more

JR札幌駅で「北海道鉄道開業140年記念パネル展」開催。

続いては、「JR札幌駅で“北海道鉄道開業140年記念パネル展”開催」の話題を一つ。明治13年に北海道で最初、わが国で三番目の鉄道として、官営幌内鉄道が“手宮―札幌間”で開業し、今年で140年を迎える。この節目の年を記念した『北海道鉄道140年キャンペーン』の一環として、初代札幌駅舎開業から北海道新幹線札幌延伸の未来を展望する「北海道鉄道…
コメント:0

続きを読むread more

年末年始、北海道新幹線「青函トンネル内時速210km」で営業運転。

今日は、「年末年始、北海道新幹線“青函トンネル内時速210km”で営業運転」の話題を一つ。現在、「青函トンネル内」では安全上の観点から、北海道新幹線は在来線の貨物列車とのすれ違いを考慮して時速160kmで走行している。これまでJR北海道では関係機関と連携し、貨物列車とすれ違いがない状態において新幹線を時速200km以上で走行させる〈高速…
コメント:0

続きを読むread more

397 今日は何の日?

今日、9月24日は「みどりの窓口開設日」である。昭和40年の今日、中央装置とネットワークで結ばれ、指定席などを発売する「みどりの窓口」が国鉄の主要駅150駅に設置された。ちなみに北海道では、札幌駅・旭川駅・帯広駅・釧路駅・小樽駅・室蘭駅・函館駅の7駅に設置されたのである。今では当たり前の「みどりの窓口」であるが、55年前に設置されたとは…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション783 踏切警報灯(1個)〕

今回紹介するのは、国鉄時代に実際に使用されていた「踏切警報灯」(1個)である。この「踏切警報灯」は、列車の接近を視覚的に警告するためのもので、〈閃光灯〉とも呼ばれ、赤色の灯火が交互に点滅する。〈閃光灯〉の配置は左右または上下としており、以前は電球式のものが多用されたが、電球の断芯や寿命での交換による保全作業の省力化を図るため、最近では発…
コメント:0

続きを読むread more

道南いさりび鉄道「水色鉄印帳」発売。

続いては、「道南いさりび鉄道“水色鉄印帳”発売」の話題を一つ。道南いさりび鉄道では、好評発売中の「鉄印帳」ですが、このたび、「水色鉄印帳」を発売するという。なお、「紺色鉄印帳」および「ピンク色鉄印帳」は完売したとのことです。今回も、購入希望者はお早めに。 ○発売日 9月24日(木)~ ○価格 税込2200円 ○販売箇所 …
コメント:0

続きを読むread more

新十津川町図書館で「番匠克久写真展~札沼線の汽憶~」開催。

今日は、「新十津川町図書館で“番匠克久写真展~札沼線の汽憶~”開催」の話題を一つ。新十津川町の町立図書館では、新型コロナウイルス感染症の影響により開催延期となっていた「番匠克久写真展~札沼線の汽憶~」を開催する。 ○開催期間 10月1日(木)~11日(日)まで(5日〈月〉は休館日) ○開催時間 10時~18時まで(日曜日は1…
コメント:0

続きを読むread more

396 タマネギ列車の「プッシュプル運転」。

北海道産タマネギの一大産地である北見エリアからは、夏の終わりの収穫シーズンから翌年の雪解け時期まで毎年、JR石北本線の“北見―北旭川間”に1日1往復、「臨時貨物列車(通称タマネギ列車)」が走っている。石北本線はたくさんの峠越えやカーブが多く、途中の遠軽駅ではスイッチバックするため、両端にディーゼル機関車を繋げた「プッシュプル運転」を行っ…
コメント:0

続きを読むread more

売切れ間近?「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」。

続いては、「売切れ間近?“HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス”」の話題を一つ。JR北海道は9月21日、「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」の販売予定数(消化率)が9月20日時点で90%以上に達したと発表した。この周遊パスは、道内の特急列車普通車自由席や普通列車の普通車自由席、一部区間を除くJRバスなどが6日間乗降り自由…
コメント:0

続きを読むread more

JR宗谷本線で「キハ400宗谷線急行気動車風車両」運転。

今日は、「JR宗谷本線で“キハ400宗谷線急行気動車風車両”運転」の話題を一つ。JR北海道は、キハ261系5000代・はまなす編成の宗谷本線での運転に合わせ、「キハ400宗谷線急行気動車風車両」を運転するという。 ○運転日 11月14日(土)~15日(日)の2日間 ○運転区間&運転時刻 旭川発6:03―名寄着・発16:15―…
コメント:0

続きを読むread more

ふるさと銀河線りくべつ鉄道「みんなで乗ろう!~りくべつ鉄道乗車キャンペーン~」実施中。

続いては、「ふるさと銀河線りくべつ鉄道“みんなで乗ろう!~りくべつ鉄道乗車キャンペーン”実施中」の話題を一つ。ふるさと銀河線りくべつ鉄道では、7月18日(土)~10月25日(日)の間、「みんなで乗ろう!~りくべつ鉄道乗車キャンペーン~」を実施している。これは、りくべつ鉄道(運転・乗車体験・トロッコ)に乗った方を対象に、毎月25名に素敵な…
コメント:0

続きを読むread more

ふるさと銀河線りくべつ鉄道「国鉄網走本線開業110周年記念列車」好評運行。

今日は、「ふるさと銀河線りくべつ鉄道“国鉄網走本線開業110周年記念列車”好評運行」の話題を一つ。陸別町のふるさと銀河線りくべつ鉄道では、「国鉄網走本線開業110周年記念」として9月20日(日)に、“陸別―石井踏切間”3.1kmを往復する体験乗車列車『銀河号』を運行した。当日は、4連休の2日目ということもあり、家族連れを中心に多くの方々…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション782〈実物愛称板〉SL函館本郷号〕

今回紹介するのは、「SL函館本郷号」の〈実物愛称板〉である。この「SL函館本郷号」は、平成14年7月10日に『函館―渡島大野(現新函館北斗)間鉄道開通100周年記念』として、1日だけ特別運行されたSLで、牽引機関車は、C11形蒸気機関車171号機である。ちなみに〈本郷〉は、〈渡島大野〉の旧駅名で、昭和17年4月1日に改称された。なお、〈…
コメント:0

続きを読むread more

「2020年鉄道の日記念行事~宗谷線に乗って“抜海駅弁”を食べよう会~」参加者募集。

続いては、「“2020年鉄道の日記念行事~宗谷線に乗って“抜海駅弁”を食べよう会~”参加者募集」の話題を一つ。稚内市が廃止方針を示し、地元住民が反対しているJR宗谷本線・抜海駅(大正13年に開業した日本最北端の木造駅舎)で、地域食材を楽しむイベント「2020年鉄道の日記念行事~宗谷線に乗って“抜海駅弁”を食べよう会~」(宗谷北線もりあげ…
コメント:0

続きを読むread more

JR札沼線・旧新十津川駅舎内で「新十津川駅の軌跡展」好評開催中。

続いては、「JR札沼線・旧新十津川駅舎内で“新十津川駅の軌跡展”好評開催中」の話題を一つ。今年5月に廃止となった、空知管内新十津川町のJR札沼線・旧新十津川駅の駅舎が、開業日の10月10日に89年の歴史に完全に幕を下ろし閉鎖される。これにより、駅舎内に現在もある町の駅観光案内所も同時に終了する。駅舎では現在、閉鎖を前に懐かしの写真などが…
コメント:0

続きを読むread more

支笏湖畔で「山線湖畔驛弁当」販売。

続いては、「支笏湖畔で“山線湖畔驛弁当”販売」の話題を一つ。千歳市の支笏湖畔に今年1月に開館した王子軽便鉄道ミュージアム『山線湖畔驛』にちなんだ「山線湖畔驛弁当」がこのたび誕生した。特産のヒメマスを使った「山線湖畔驛弁当」は、〈チップ寿し・税込1000円〉や〈チップ漁師弁当・税込1000円〉、〈チップ飯・税込・700円〉など6種が、ミュ…
コメント:0

続きを読むread more

4連休初日、さまざまなイベントで函館にぎわう。

今日は、「4連休初日、さまざまなイベントで函館にぎわう」の話題を一つ。4連休初日の9月19日、函館市内ではさまざまなイベントが開かれ、市民や観光客らは新型コロナウイルスの感染予防に気を配りつつ、秋の催しを楽しんだ。金森赤レンガ倉庫では、北海道新幹線で運ばれた東北地方の果物などを販売する「宮城・福島・山形銘品フェア」のほか、鉄道のジオラマ…
コメント:0

続きを読むread more

「北海道鉄道140年記念各列車の取り組み」紹介。

続いては、「“北海道鉄道140年記念各列車の取組み”紹介」の話題を一つ。JR北海道では、「北海道鉄道140年記念各列車の取り組み」を、ホームページで下記の通り紹介している。 ○261系5000代・はまなす編成による「北海道鉄道140年記念列車」について(10月24日〈土〉・25日〈日〉他) ○札幌から網走方面への運転について(1…
コメント:0

続きを読むread more

丸瀬布森林公園いこいの森の蒸気機関車・雨宮21号の「機関士」募集中。

続いては、「丸瀬布森林公園いこいの森の蒸気機関車・雨宮21号の“機関士”募集中」の話題を一つ。遠軽町では、丸瀬布森林公園いこいの森の蒸気機関車・雨宮21号の「機関士」を募集している。全国の機関士希望の皆さん、あこがれの蒸気機関車「機関士」に挑戦してみませんか。 ○募集人員 1名 ○職務内容 雨宮21号の運転業務/丸瀬布森林公…
コメント:0

続きを読むread more

特急宗谷&サロベツ、「はまなす編成」で運行。

続いては、「特急宗谷&サロベツ、“はまなす編成”で運行」の話題を一つ。JR北海道では、下記のスケジュールで、特急宗谷&サロベツを「はまなす編成」で運行するという。 ○「はまなす編成」での運行列車&運行日 ・特急宗谷(下り)/札幌発7:30―稚内着12:40/11月28日他 ・特急サロベツ4号/稚内発13:01―旭川着16:48…
コメント:0

続きを読むread more

261系5000代多目的特急車両「はまなす編成」小樽駅で一般公開。

続いては、「261系5000代多目的特急車両“はまなす編成”小樽駅で一般公開」の話題を一つ。JR北海道では、今年の10月17日・18日の両日『北海道鉄道140年記念ツアー』でデビューし、今後、道内各方面へ運行する261系5000代多目的特急車両「はまなす編成」を小樽駅で一般公開するという。全国の鉄道ファンの皆さん、JR北海道ひさびさの新…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道・秋の臨時列車、過去最少の「12本」。

今日は、「JR北海道・秋の臨時列車、過去最少の“12本”」の話題を一つ。JR北海道は9月18日、“新青森―新函館北斗間”など11月21日と同23日に予定していた臨時列車計6本の運行を中止すると発表した。これは、全国的な新型コロナウイルス感染拡大の影響で利用が見込めないと判断したからである。また、運休する6本は、北海道新幹線・はやぶさ3本…
コメント:0

続きを読むread more

国鉄青函連絡船の航路示す「灯浮標」撤去。

続いては、「国鉄青函連絡船の航路を示す“灯浮標”撤去」の話題を一つ。函館港で国鉄青函連絡船の航路を示すために設置され、長年使用されてきた「灯浮標」が9月18日に撤去された。函館港では国鉄青函連絡船の航路などを示す目的で、「灯浮標」と呼ばれる光を放つ標識が使われてきた。しかし、大型船の出入りをしやすくするため今月26日に航路の一部が廃止さ…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「来春減便」も視野に。

続いては、「JR北海道“来春減便”も視野に」の話題を一つ。JR北海道社長は9月16日の定例記者会見で、来春のダイヤ改正に向け『減便・減車も視野に入れていかざるを得ない』と延べ、新型コロナウイルス感染拡大による経営悪化を受けて大幅なコスト削減策を検討していく考えを示した。また、本年度の鉄道運輸収入が9月までの上半期で前年同期比約200億円…
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線札幌延伸工事、今月末で「一時中断」。

今日は、「北海道新幹線札幌延伸工事、今月末で“一時中断”」の話題を一つ。北海道新幹線の札幌延伸工事を担う鉄道建設・運輸施設整備支援機構は9月17日、建設中の渡島トンネル(全長32.7㌔)のうち、北斗市内の南鶉工区(全長4.4㌔)からヒ素などの重金属を含む要対策土が想定以上に発生し、9月末にも工事を「一時中断」するとの見通しを示した。現在…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション781〈アシェット・コレクションズ・ジャパン〉ブルートレイン3車両をつくる 創刊号〕

今回紹介するのは、〈アシェット・コレクションズ・ジャパン〉から9月9日に刊行された「ブルートレイン3車両をつくる 創刊号」(特別価格税込299円・DVD付・全120号・1/32スケール)である。今回は、昭和・平成時代に青い車体の固定編成専用寝台客車を編成した通称『ブルートレイン』のEF66形電気機関車+24系食堂車+B寝台車の3両を、リ…
コメント:0

続きを読むread more

「北海道に泊まろう!!キャンペーン」実施。

今日は、「“北海道に泊まろう!!キャンペーン”実施」の話題を一つ。JRグループ協定旅館ホテル連盟北海道地域本部とJR北海道では、秋から冬に向けて新型コロナウイルスの影響からの挽回やGoToトラベルキャンペーンによる旅行機運の盛り上げにつなげていくことを目的に、「北海道に泊まろう!!キャンペーン」を実施するという。全国の鉄道ファンの皆さん…
コメント:0

続きを読むread more

トミーテック、トミックスNゲージ「JRキハ143形ディーゼルカー(室蘭本線)セット」販売。

今日は、「トミーテック、トミックスNゲージ“JRキハ143形ディーゼルカー(室蘭本線)セット”販売」の話題を一つ。トミーテックでは、トミックスのNゲージ「JRキハ143形ディーゼルカー(室蘭本線)セット」を販売する。 ○販売開始日 2021年1月~ ○価   格 税抜9800円 ○セット内容 キハ143‐100+キハ14…
コメント:0

続きを読むread more

395 「タブレットキャッチャー」いろいろ。

「タブレットキャッチャー」とは、通票閉塞式を採用している区間にて、駅を通過する際に通票授器から通票を引っかけて受け取るために鉄道車両に設置している器具のことで、引っかかったときの勢いで通票が車両にぶつかり、ガラス窓を割ったり塗装を傷めたりするため、ぶつかる場所が窓の場合は金属の棒で、鋼体側面の場合はゴム板で防護がしてある。また、「タブレ…
コメント:0

続きを読むread more

リゾート列車「クリスタルエクスプレス部品」21分で完売。

今日は、「リゾート列車“クリスタルエクスプレス部品”21分で完売」の話題を一つ。昨年9月、老朽化のために引退したリゾート列車「クリスタルエクスプレス」の部品がネット通販で販売され、わずか21分で完売した。このリゾート列車「クリスタルエクスプレス」は、JR北海道第1号のリゾート列車で、通常の車両よりも窓が大きいなど独特なデザインもあって全…
コメント:0

続きを読むread more

〔〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線の現況〕急行列車&石油タンク車登場。

北海道の山間のローカル線・国鉄山下線では、現在、C62形蒸気機関車2号機牽引の5両編成の「急行列車」と、DD51形ディーゼル機関車牽引の6両編成の「石油タンク車」が走っている。 ●急行列車① ●急行列車② ●急行列車➂ ●急行列車④ ●急行列車⑤ ●石油タンク車① ●石油タンク車② ●石油タンク車➂ ●石油タンク車…
コメント:0

続きを読むread more

関水金属、KATONゲージ「ED79形シングルアームパンタグラフ仕様」再販売。

続いては、「関水金属、KATONゲージ“ED79形シングルアームパンタグラフ仕様”再販売」の話題を一つ。関水金属はKATOのNゲージ「ED79形シングルアームパンタグラフ仕様」を再生産し、販売するという。この機関車は、昭和63年に開業した青函トンネル専用の電気機関車で、国鉄のED75形700番台の機関車を改造する形で誕生した、貨客両用の…
コメント:0

続きを読むread more

「花咲線絶景と開業100周年駅と旧標津線を巡るツアー」参加者募集中。

今日は、「“花咲線絶景と開業100周年駅と旧標津線を巡るツアー”参加者募集中」の話題を一つ。花咲線を盛り上げる会では、JR花咲線の5駅(糸魚沢駅・茶内駅・浜中駅・姉別駅・厚床駅)が開業100周年を迎えることを記念して「花咲線絶景と開業100周年駅と旧標津線を巡るツアー」の参加者を募集している。 ○開催日時 10月12日(土) 8…
コメント:0

続きを読むread more

トミーテック、トミックスNゲージ「JR24系北斗星基本セット&増結用客車(JR東日本仕様)」販売。

続いては、「トミーテック、トミックスNゲージ“JR24系北斗星基本セット&増結用客車(JR東日本仕様)”販売」の話題を一つ。トミーテックは、トミックスのNゲージ「JR24系北斗星基本セット&増結用客車(JR東日本仕様)」を販売する。 ○販売開始日 9月18日(金)~ ○価   格 基本セット:税抜17800円/増結用客車:税…
コメント:0

続きを読むread more

トミーテック、トミックスNゲージ「JRDD51形ディーゼル機関車(JR北海道色)」再販売。

続いては、「トミーテック、トミックスNゲージ“JRDD51形ディーゼル機関車(JR北海道色)”再販売」の話題を一つ。トミーテックは、トミックスNゲージの「JRDD51形ディーゼル機関車(JR北海道色)」を、再生産し販売するという。ちなみにこの機関車は、非電化幹線の動力近代化を進める目的で、昭和37年に試作車の1号機が登場、翌年から量産が…
コメント:0

続きを読むread more

函館市電の「箱館ハイカラ號」1日だけ運行。

今日は、「函館市電の“箱館ハイカラ號”1日だけ運行」の話題を一つ。函館市電の「箱館ハイカラ號」が9月19日、乗客を乗せずに1日限定で運行する。この「箱館ハイカラ號」は、明治時代の路面電車を復元した車両で、毎年季節運行で観光客らの人気を集めているが、今年は新型コロナウイルスの影響で中止となったため、市内のNPO法人などが企画、乗客を乗せな…
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線H5系H4編成に「ウポポイPRステッカー」貼り付け。

続いては、「北海道新幹線H5系H4編成に“ウポポイPRステッカー”貼り付け」の話題を一つ。JR北海道では、今年7月12日(日)に白老町にオープンした民族共生象徴空間・ウポポイのPRラッピングが、快速エアポート733系と特急北斗キハ261系に施されているが、9月上旬からは、北海道新幹線H5系H4編成にも「ウポポイPRステッカー」が貼り付け…
コメント:0

続きを読むread more

この夏、限定!!JR花咲線「特別2両編成」試験運行。

今日は、「この夏、限定!!JR花咲線“特別2両編成”試験運行」の話題を一つ。JR花咲線(釧路―根室間・135.4㌔)は、この夏、「特別2両編成」による試験運行を実施している。全国の鉄道ファンの皆さん、北方領土が目前にせまる根室方面に来ませんか。 ○運行期間 8月1日(土)~9月27日(日)までの土日祝 ○運行時間 ・釧路発 …
コメント:0

続きを読むread more

394 下り急行天北の「タブレット授受」。

天北線は、大正3年11月7日に国鉄宗谷線の“音威子府駅―小頓別駅間”が延伸開業、その後、延伸開業に伴い、宗谷本線・宗谷線・宗谷本線・北見線と改称を重ね、昭和36年4月1日、北見線が〈天北線〉に改称された。その後、貨物、乗客の減少に伴い国鉄再建法の施行により、昭和60年8月に第2次特定地方交通線に選定され、JR北海道に継承されて2年余り後…
コメント:0

続きを読むread more

根室市「JR花咲線利用可能者調査」実施。

続いては、「根室市“JR花咲線利用可能者調査”実施」の話題を一つ。根室市は、JR花咲線維持確保対策事業として「JR花咲線利用可能者調査」を実施している。調査は、JR北海道が単独では維持困難とされるJR花咲線の維持存続に向けた可能性を探るため、8月1日~9月27日までの毎週末(土・日・祝)の計29日間、2両編成の列車の1日午前午後の2往復…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「札幌圏赤字54億円増」。

今日は、「JR北海道“札幌圏赤字54億円増”」の話題を一つ。JR北海道は9月9日、今年の4~6月期の線区別収支を発表した。これによると、新型コロナウイルスの感染拡大で鉄道需要が減ったことから、本業のもうけを示す営業損益は219億1900万円の赤字となり、赤字幅は前年同期から103億1千万円拡大した。特に、移動自粛や学校の休校で通勤通学客…
コメント:0

続きを読むread more

道の駅あびらD51ステーション「来場記念特別入場券」好評発売中。

続いては、「道の駅あびらD51ステーション“来場記念特別入場券”好評発売中」の話題を一つ。安平町にある、道の駅あびらD51ステーションでは、オリジナルの「来場記念特別入場券」(特別台紙付き・1セット300円)を好評発売中である。この「来場記念特別入場券」は、8月22日(土)~23日(日)に開催された『炭鉄港イベント~鉄路の軌跡~』で先行…
コメント:0

続きを読むread more

JR札幌駅で「道外土産」販売。

今日は、「JR札幌駅で“道外土産”販売」の話題を一つ。北海道キヨスクが、新型コロナウイルスの感染拡大で、運営する土産店の売り上げが減る中、従来は扱ってこなかった「道外土産」の販売に活路を見いだそうとしている。「道外土産」の販売は7月中旬から始め、入荷すぐに売り切れるなど好評で、8月15日からは東京土産定番の洋菓子〈東京ばな奈〉を初めて扱…
コメント:0

続きを読むread more

道南いさりび鉄道「ピンク色鉄印帳」販売開始。

続いては、「道南いさりび鉄道“ピンク色鉄印帳”販売開始」の話題を一つ。道南いさりび鉄道では、9月8日(火)より新色の「ピンク色鉄印帳」を販売開始するという。ちなみに販売箇所は、道の駅みそぎの郷木古内の売店レジ・道南いさりび鉄道の五稜郭駅売店・道南いさりび鉄道の本社窓口の3箇所である。なお、鉄印帳および鉄印の通信販売はやっていないとのこと…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道の〈鉄道中古部品販売〉に「クリスタルエクスプレス車両部品」初登場!

今日は、「JR北海道の〈鉄道中古部品販売〉に“クリスタルエクスプレス車両部品”初登場!」の話題を一つ。「クリスタルエクスプレス」は、JR北海道における5代目のリゾート列車としてデビューし、昨年9月までの約30年間にわたり活躍した。また、平成2年度にはグッドデザイン賞を受賞するなど高級感あふれるデザインが高く評価されたほか、1編成4両しか…
コメント:0

続きを読むread more

りくべつ鉄道で「狩勝電鉄」が試運転。

今日は、「りくべつ鉄道で“狩勝電鉄”が試運転」の話題を一つ。旧ふるさと銀河線の気動車や線路を活用した観光施設『ふるさと銀河線りくべつ鉄道』で9月3日、新得町の狩勝高原エコトロッコ鉄道で8日に運行を開始する手づくりトロッコ電車「狩勝電鉄」の車両が試運転を行った。この日は、旧ふるさと銀河線の“金澤踏切―松浦踏切間”と、“分線―石井踏切間”で…
コメント:0

続きを読むread more

【JR函館駅周辺散策〈4〉】

●入線してきた北海道新幹線アクセス列車「はこだてライナー」① ●入線してきた北海道新幹線アクセス列車「はこだてライナー」② ●入線してきた北海道新幹線アクセス列車「はこだてライナー」③ ●入線してきた「特急北斗」① ●入線してきた「特急北斗」② ●発車を待つ「特急北斗」 ●入線してきた道南いさりび鉄道の観光列車「ながまれ号」…
コメント:0

続きを読むread more

【JR函館駅周辺散策〈3〉】

●JR函館駅の横にある飲食店街〈ハコビバ〉の中にある「旧国鉄松前線&江差線待合室風休憩所」① ●JR函館駅の横にある飲食店街〈ハコビバ〉の中にある「旧国鉄松前線&江差線待合室風休憩所」② ●JR函館駅の横にある飲食店街〈ハコビバ〉の中にある「旧国鉄松前線&江差線待合室風休憩所」③ ●JR函館駅の横にある飲食店街〈ハコビバ〉の中にあ…
コメント:0

続きを読むread more

【JR函館駅周辺散策〈2〉】

●JR函館運輸所近くの「民間倉庫」①(かつて、荷の積み下ろしのための引込線が敷設されていた) ●JR函館運輸所近くの「民間倉庫」②(かつて、荷の積み下ろしのための引込線が敷設されていた) ●JR函館運輸所近くの「民間倉庫」③(かつて、荷の積み下ろしのための引込線が敷設されていた) ●JR函館運輸所近くの「民間倉庫」④(かつて、荷の…
コメント:0

続きを読むread more

【JR函館駅周辺散策〈1〉】

9月6日(日)、臨時特急「ニセコ号」の写真撮影のついでに、久しぶりにJR函館駅周辺を散策してきた。 ●JR函館駅前 ●JR函館駅の入口前にある「旧函館駅所在地碑」① ●JR函館駅の入口前にある「旧函館駅所在地碑」② ●JR函館駅の入口前にある「旧函館駅所在地碑説明文」③ ●JR函館駅の隣に、このたびオープンしたホテル「JR…
コメント:0

続きを読むread more

【旧国鉄青函連絡船「摩周丸」探訪記〈2〉】

●「可動橋」全景① ●「可動橋」全景② ●「可動橋」全景③ ●「摩周丸」の貨車積込入口① ●「摩周丸」の貨車積込入口② ●「摩周丸」の貨車積込入口のレール① ●「摩周丸」の貨車積込入口のレール② ●「摩周丸」の貨車積込入口のレール③ ●「摩周丸」の貨車積込入口のレール④ ●かつて、ここ可動橋からレールが敷設されていて函…
コメント:0

続きを読むread more

【旧国鉄青函連絡船「摩周丸」探訪記〈1〉】

9月6日(日)、臨時特急「ニセコ号」の写真撮影の合間、時間があったので、久しぶりに旧国鉄青函連絡船「摩周丸」周辺を探訪してきた。 ●「摩周丸」全景① ●「摩周丸」全景② ●「摩周丸」の船名板(前) ●「摩周丸」の船名板(後) ●「摩周丸」の救命艇 ●「摩周丸」の操舵室 ●「摩周丸」のイメージマスコット ●「摩周丸」の…
コメント:0

続きを読むread more

【臨時特急「ニセコ号」函館駅到着〈3〉】

●4番線ホームに到着した臨時特急「ニセコ号」⑧ ●4番線ホームに到着した臨時特急「ニセコ号」⑨ ●臨時特急「ニセコ号」と特急「北斗」のコラボ① ●臨時特急「ニセコ号」と特急「北斗」のコラボ② ●臨時特急「ニセコ号」と道南いさりび鉄道車両のコラボ① ●臨時特急「ニセコ号」と道南いさりび鉄道車両のコラボ② ●臨時特急「ニセコ号」…
コメント:0

続きを読むread more

【臨時特急「ニセコ号」函館駅到着〈2〉】

●4番線ホームに入線の臨時特急「ニセコ号」① ●4番線ホームに入線の臨時特急「ニセコ号」② ●4番線ホームに入線の臨時特急「ニセコ号」③ ●4番線ホームに到着した臨時特急「ニセコ号」① ●4番線ホームに到着した臨時特急「ニセコ号」② ●4番線ホームに到着した臨時特急「ニセコ号」③ ●4番線ホームに到着した臨時特急「ニセコ号」…
コメント:0

続きを読むread more

【臨時特急「ニセコ号」函館駅到着〈1〉】

9月6日(日)、1年ぶりに臨時特急「ニセコ号」が函館駅に来るというのでさっそく行って来た。例年だと人通りが絶えない函館駅周辺だが、新型コロナウイルスの影響で人影もまばらであり、久しぶりの外出だったが本当にびっくりした。午後1時40分、いつ引退してもおかしくない懐かしいキハ183系3両編成の臨時特急「ニセコ号」が、4番ホームに定刻通り到着…
コメント:0

続きを読むread more

393 C62形蒸気機関車3号機の「自動給炭機」。

「自動給炭機」とは、蒸気機関車などの蒸気機関のボイラーに燃料である石炭を供給する装置で、メカニカルストーカーまたは単にストーカーともいう。仕組みは、炭水車からスクリューで石炭を運転室まで搬送し、蒸気で火室内に飛ばした。なお、急勾配を上る時など、蒸気が必要な場合には人力で投炭して補った。日本では、蒸気機関車用の「自動給炭機」は、昭和23年…
コメント:0

続きを読むread more

観光列車「くしろ湿原ノロッコ号」1日限定で川湯温泉駅まで延長運転。

続いては、「観光列車“くしろ湿原ノロッコ号”1日限定で川湯温泉駅まで延長運転」の話題を一つ。JR北海道釧路支社では、“釧路―塘路間”で運転している観光列車「くしろ湿原ノロッコ号」を、1日限定で川湯温泉駅まで延長運転するという。全国の鉄道ファンの皆さん、秋の釧路湿原をゆったりと旅しませんか。 ○運転日 10月3日(土) 1往復 …
コメント:0

続きを読むread more

JR宗谷本線で普通列車「クマ」と衝突、今年度6度目。

続いては、「JR宗谷本線で普通列車“クマ”と衝突、今年度6度目」の話題を一つ。8月2日夜、JR宗谷本線の名寄発音威子府行きの普通列車に、「クマ」2頭が衝突し、子グマが死んだ。乗客6人と乗務員にはケガはなかった。この事故で、JR宗谷本線の特急列車を含む4本に最大3時間以上の遅れが発生したほか、事故車両点検のため翌3日の普通列車2本が運休と…
コメント:1

続きを読むread more

道南いさりび鉄道の「津波対策は?」。

今日は、「道南いさりび鉄道の“津波対策は?”」の話題を一つ。今年4月、内閣府は日本海溝沿いで巨大地震が発生した場合の想定を発表した。道南いさりび鉄道沿線の木古内町では最大9.7㍍の津波が推定されていて、もし、列車に乗っている時に「津波」が襲ってきたら---。これについて道南いさりび鉄道では、『津波対応マニュアル』を作り、沿線自治体のハザ…
コメント:0

続きを読むread more

「花咲線~浜中&厚岸の旅~」盛況のうち終了。

続いては、「“花咲線~浜中&厚岸の旅~”盛況のうち終了」の話題を一つ。釧路市の長期滞在者と釧路市民の交流列車「花咲線~浜中&厚岸の旅~」が、9月2日(水)に実施され、沿線の知られざる魅力を満喫し、盛況のうち終了した。 ●JR釧路駅で列車に乗り込むツアー参加者
コメント:0

続きを読むread more

せたな町の「国鉄瀬棚線資料室」がWEBサイト開設。

続いては、「せたな町の“国鉄瀬棚線資料室”がWEBサイト開設」の話題を一つ。昭和62年3月16日に廃止された国鉄瀬棚線(国縫―瀬棚間・48.4㌔)に関する資料などが、せたな町にある生涯学習センター内に開設された「国鉄瀬棚線資料室」で展示されている。このたび、平成29年のフェイスブックページ開設に続いて、WEBサイトが開設された。全国の鉄…
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線で「宮城県産果物」仙台から輸送実証実験。

続いては、「北海道新幹線で“宮城県産果物”仙台から輸送実証実験」の話題を一つ。JR東日本は9月3日、北海道新幹線を使って「宮城県産果物」を仙台駅から新函館北斗駅まで輸送する実証実験を行うと発表した。なお、新幹線で本州から北海道内へ農産物を輸送するのは初めてである。今回は、新型コロナウイルスの影響で旅客需要が落ち込む中、列車内の空きスペー…
コメント:0

続きを読むread more

「鉄道で行く北海道アドベンチャートラベル~魅惑の3コース(宗谷線&釧網線&花咲線)~」参加者募集中。

今日は、「“鉄道で行く北海道アドベンチャートラベル~魅惑の3コース(宗谷線&釧網線&花咲線)~”参加者募集中」の話題を一つ。北海道オプショナルツアーズは、10月に鉄道やバスで道北・道東の観光地を巡り、カヌーや星空観賞といった自然体験を楽しむモニターツアー「鉄道で行く北海道アドベンチャートラベル~魅惑の3コース(宗谷線&釧網線&花咲線)~…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション780〈国鉄北海道急行愛称板シール〉急行まりも&急行まりも指定席&急行しれとこ〕

今回紹介するのは、〈国鉄北海道急行愛称板シール〉の「急行まりも&急行まりも指定席&急行しれとこ」である。「急行まりも」は、昭和24年9月に“函館―釧路間”で運行を開始した夜行急行列車がそのルーツである。その後いろいろと変遷を繰り返し、平成5年3月17日、お別れ会を実施、翌3月18日をもって廃止された。 ●〈愛称板シール〉を貼った「…
コメント:0

続きを読むread more

392 急行ニセコ「冬のタブレット授受」。

急行ニセコは、昭和43年10月1日のダイヤ改正で、急行ていねが急行ニセコに改称、下りニセコ3号、上りニセコ1号の1往復(函館―小樽間)が、C62形蒸気機関車重連で最後の急行列車牽引となった。そして、昭和46年9月15日の三重連運転を最後に、DD51形ディーゼル機関車に置き換えられ、国鉄から蒸気機関車牽引の定期急行列車が消滅したのである。…
コメント:0

続きを読むread more

阪急交通社「9つの新幹線にすべて乗る!!日本大縦断フルムーンの旅5日間」の参加者募集中。

続いては、「阪急交通社“9つの新幹線にすべて乗る!!日本大縦断フルムーンの旅5日間”参加者募集中」の話題を一つ。阪急交通社では、「9つの新幹線にすべて乗る!!日本大縦断フルムーンの旅5日間」の参加者を募集している。2人合わせて88歳以上の鉄道好きな夫婦のかた、参加してみませんか。 ○出発日 10月18日(日)~12月6日(日)ま…
コメント:0

続きを読むread more

小樽市総合博物館、ミュージアムラウンジ「北海道鉄道140年・鉄道開通時の苦労話」開催。

続いては、「小樽市総合博物館、ミュージアムラウンジ“北海道鉄道140年・鉄道開通時の苦労話”開催」の話題を一つ。小樽市総合博物館では、手宮から札幌まで鉄路がつながり今年で140年になるのを記念して、鉄道ができた当時のエピソード等を紹介するミュージアムラウンジ「北海道鉄道140年・鉄道開通時の苦労話」を開催する。 ○日時 9月21…
コメント:0

続きを読むread more

釧路市立博物館「雄別炭砿閉山50年映像上映会」再開催。

続いては、「釧路市立博物館“雄別炭砿閉山50年映像上映会”再開催」の話題を一つ。釧路市立博物館では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため2月29日(土)の開催を延期していた「雄別炭砿閉山50年映像上映会」を10月に再開催するという。 ○開催日時 10月4日(日)・11日(日)の2日間 両日とも13:30~16:00まで ○会場…
コメント:0

続きを読むread more

アシェット・コレクションズ・ジャパン「ブルートレイン3車両をつくる」創刊。

今日は、「アシェット・コレクションズ・ジャパン“ブルートレイン3車両をつくる”創刊」の話題を一つ。アシェット・コレクションズ・ジャパンは、「ブルートレイン3車両をつくる」を創刊する。今回は、昭和・平成時代に青い車体の固定編成専用寝台客車を編成した通称『ブルートレイン』のEF66形電気機関車+24系食堂車+B寝台車の3両を、リアルなダイキ…
コメント:0

続きを読むread more