392 急行ニセコ「冬のタブレット授受」。

急行ニセコは、昭和43年10月1日のダイヤ改正で、急行ていねが急行ニセコに改称、下りニセコ3号、上りニセコ1号の1往復(函館―小樽間)が、C62形蒸気機関車重連で最後の急行列車牽引となった。そして、昭和46年9月15日の三重連運転を最後に、DD51形ディーゼル機関車に置き換えられ、国鉄から蒸気機関車牽引の定期急行列車が消滅したのである。…
コメント:0

続きを読むread more