〔マイコレクション782〈実物愛称板〉SL函館本郷号〕

今回紹介するのは、「SL函館本郷号」の〈実物愛称板〉である。この「SL函館本郷号」は、平成14年7月10日に『函館―渡島大野(現新函館北斗)間鉄道開通100周年記念』として、1日だけ特別運行されたSLで、牽引機関車は、C11形蒸気機関車171号機である。ちなみに〈本郷〉は、〈渡島大野〉の旧駅名で、昭和17年4月1日に改称された。なお、〈…
コメント:0

続きを読むread more

「2020年鉄道の日記念行事~宗谷線に乗って“抜海駅弁”を食べよう会~」参加者募集。

続いては、「“2020年鉄道の日記念行事~宗谷線に乗って“抜海駅弁”を食べよう会~”参加者募集」の話題を一つ。稚内市が廃止方針を示し、地元住民が反対しているJR宗谷本線・抜海駅(大正13年に開業した日本最北端の木造駅舎)で、地域食材を楽しむイベント「2020年鉄道の日記念行事~宗谷線に乗って“抜海駅弁”を食べよう会~」(宗谷北線もりあげ…
コメント:0

続きを読むread more

JR札沼線・旧新十津川駅舎内で「新十津川駅の軌跡展」好評開催中。

続いては、「JR札沼線・旧新十津川駅舎内で“新十津川駅の軌跡展”好評開催中」の話題を一つ。今年5月に廃止となった、空知管内新十津川町のJR札沼線・旧新十津川駅の駅舎が、開業日の10月10日に89年の歴史に完全に幕を下ろし閉鎖される。これにより、駅舎内に現在もある町の駅観光案内所も同時に終了する。駅舎では現在、閉鎖を前に懐かしの写真などが…
コメント:0

続きを読むread more

支笏湖畔で「山線湖畔驛弁当」販売。

続いては、「支笏湖畔で“山線湖畔驛弁当”販売」の話題を一つ。千歳市の支笏湖畔に今年1月に開館した王子軽便鉄道ミュージアム『山線湖畔驛』にちなんだ「山線湖畔驛弁当」がこのたび誕生した。特産のヒメマスを使った「山線湖畔驛弁当」は、〈チップ寿し・税込1000円〉や〈チップ漁師弁当・税込1000円〉、〈チップ飯・税込・700円〉など6種が、ミュ…
コメント:0

続きを読むread more

4連休初日、さまざまなイベントで函館にぎわう。

今日は、「4連休初日、さまざまなイベントで函館にぎわう」の話題を一つ。4連休初日の9月19日、函館市内ではさまざまなイベントが開かれ、市民や観光客らは新型コロナウイルスの感染予防に気を配りつつ、秋の催しを楽しんだ。金森赤レンガ倉庫では、北海道新幹線で運ばれた東北地方の果物などを販売する「宮城・福島・山形銘品フェア」のほか、鉄道のジオラマ…
コメント:0

続きを読むread more