402 30年前の「三笠鉄道村」。

北海道三笠市にある「三笠鉄道村」は、明治13年、北海道鉄道発祥の地(全国で3番目の鉄道)として歴史的遺産・文化保存のため、昭和62年にオープンした施設である。村内は、三笠鉄道記念館のある〈幌内ゾーン〉とクロフォード公園の名称で親しまれている〈三笠ゾーン〉の2ゾーンで構成されている。村内では、本物の蒸気機関車S‐304号やミニ鉄道が走り、過去に道内各地で活躍したさまざまな車両を展示している。また、館内には明治時代の貴重な資料や、大正・昭和期に実際に使用された時刻表や制服・SL部品、信号機をはじめ、D51形機関車や弁慶号などの数々のSL模型も展示している。そして、2階では、在りし日の幌内線や北海道の鉄道の歩みを映像で見ることができる。

●30年前の「三笠鉄道村」PA090143.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント